ヒストリー

「ギャグ」「YSR50」「NSR50」が巻き起こす原付レプリカバトル!! 俺たちが愛した「原付マニュアルトランスミッション車」1970〜80年代ヒストリー【後編】

原付MT車の魅力は、筆記試験だけで免許が取得できる原動機付自転車にもかかわらず「ギア付き」であるということ。

1980年代半ばになると日本経済の成長とともに豪華・高級志向が様々なジャンルに浸透したことで、高校生が乗る原付にも「お隣さんより新しい」や「より高性能」なことが重視された。つまり中古車より新車が人気の時代だったのだ。

 HY戦争により原付の新車が投げ売りされ、定価はあってないようなもの。ひと桁万円で買えるスクーターがワンサとあった。それに釣られて原付MT車も大幅値下げされるのが当たり前だった。

 ところがHY戦争は1983年に終結。その前年にはいわゆる「三ない運動」が始まり、高校生へ免許を取らせない・バイクに乗せない。バイクを買わせない、と学校自体が動き始める。そのため当時の高校生たちは免許を取ることも、バイクに乗ることも、隠れて行わなければならなくなった。だから高校卒業と同時に原付MT車を買った、なんて人も多かった。

 同時にヤマハRZ250、スズキRG250Γの登場でレーサーレプリカ時代が幕を開けた。すると原付ミッション車にもレーサーレプリカの流れを汲むモデルが登場して、それこそ原付から大型バイクまでレプリカ一色になっていくのだ。

 といってもレプリカとは別にオフロードやアメリカンがなくなってしまったわけではないのが面白いところ。1980年代に脚光を浴びた原付MT車を紹介する最後は、1980年代後半のモデルたちを振り返ってみよう。

GAG&YSR50に端を発する「原付レプリカブーム」

まず何と言っても1986年に先陣を切って発売されたスズキ・GAGは忘れられない。

1986年2月発売のスズキ・GAG。このクラスでは先んじてツインチューブフレームを採用した。カラーも単なる色違いではなく、それぞれが個性のある4パターンのグラフィックを用意。ミッションも4速クロスと本格的だった。当時価格18万3000円。最高出力5.2馬力。

1983年にRG250Γでレプリカブームの火をつけたスズキは、なんと10インチタイヤのレジャーバイクにもフルカウルを与えてしまったのだ。
しかも角断面フレームとスイングアーム、テレスコピックフォークにディスクブレーキと装備も本格派。根強く続くモンキー人気を打破しようとした意欲作だ。

GAGの登場に少し遅れた1986年3月、ヤマハはYSR50を発売する。

1986年発売のヤマハ・YSR50。スズキ・GAGより数カ月遅れて登場したが、こちらは最高出力7馬力を発揮する空冷2サイクル単気筒エンジンを搭載。マルボロカラーやTECH21カラーが1万円高で追加されるなど、ヤマハの気合いが伺えるモデルだった。当時価格18万9000円。

GAGに負けないフルカウル姿と12インチタイヤを与えることでクラスの常識を変えてしまうほどの人気を獲得した。
ガンマ、AR、MBXと他社から強力なレプリカモデルが発売されるなか、原付らしいフィーリングと鋭いコーナリングを味わえたモデルだった。

MBXを発売したばかりのホンダもレプリカ路線ではなくアメリカンモデルの可能性を試みる。それが1986年4月に発売されたジャズだ。

1986年発売のホンダ・JAZZ。カブ系エンジンを搭載したミニアメリカンで、幅広のタイヤを履くためカブやモンキーよりもカウンターシャフトを長くしてドライブスプロケをオフセットしていた。シート高600mmで、気軽に出かけられる雰囲気があった。ホイールベースも1325mmと、原付としては長大だった。当時価格19万9000円。最高出力4馬力。

ギア付きとしたスーパーカブ系の横型エンジンを専用開発したフレームに搭載。長く傾斜したフロントフォークやリヤ4.50-12タイヤなど、原付モデルながら本格的なクルーザースタイルが独創的だった。

NS50F、モンキーR、NSR50……! ホンダの原付MT車が大増殖!?

1987年はホンダがライバルに対抗するモデルを続々とリリースする。
まず2月にMBXのエンジンやフレームは踏襲するものの、外観の印象を大きく変えてNS50Fという新型車として送り込んでくる。

1987年発売のホンダ・NS50Fエアロ。アッパーからシートカウルまでを繋がったデザインとし、エアロフォルムを実現していた。1996年には同車をベースとしたレーサーのNS50Rが登場し、多くのライダーを育てた。当時価格20万9000円。最高出力7.2馬力。

またヤマハが小径12インチタイヤのYSR50、スズキが10インチのGAGでモンキーの市場に乗り込んできたことを受け、3月にはアルミ風ツインチューブフレームに4.5psまでパワーアップした横型エンジンを搭載するモンキーRを発売する。3.50とワイドなタイヤにフロント油圧ディスクブレーキなど、本格的な装備も魅力だった。

1987年発売のホンダ・モンキーR。フロントテレスコピックフォーク、ツインチューブフレーム、ディスクブレーキ、リヤモノサスという本格的な仕様で登場した「最強モンキー」。台数は少ないが根強いファンが多く、今でも高値で取引されている。当時価格15万9000円。最高出力4.5馬力。

さらに5月になると、フルカウルを備え水冷2ストローク7.2psエンジンを搭載する10インチモデルのNSR50まで発売している。立て続けの新車ラッシュだった。

1987年発売のホンダ・NSR50。レーサー・NSR500の3/4ほどのサイズに50ccとは思えない本格的な装備を満載し、GAG&YSRの対抗馬として登場したモデル。エンジンはMBX50Fを流用した水冷2サイクル単気筒エンジン。同社の生産終了後、レース専用マシンであるNSR Miniが登場した。当時価格21万9000円。最高出力7.2馬力。

TDR50&KS-1などスーパーバイカーズの原付MT車も登場

1988年はオフ車の当たり年になる。まず1月、ホンダから本格モトクロッサーのCR80をベースにして戦闘力を高めたCRM50と80が発売される。

1988年発売のホンダ・CRM50。NS50FやNSR50と同様の水冷2サイクル単気筒エンジンを搭載したモデル。レーサーのCR80Rとの共通点も多く、一部部品の流用も可能。フロント275mm、リヤ280mmと、サスペンションストローク量が長い本格オフロードマシンだ。当時価格23万9000円。最高出力7.2馬力。

125クラスのお下がりではなく新規フレームを開発したことによる軽量コンパクトさが武器だった。

かたやヤマハはデュアルパーパス的な装いで1月に発売したTDR250のスケールダウン版としてTDR50を発売する。7.2psのエンジンパワーと小径12インチタイヤの組み合わせで、市街地でも楽しく乗れたため一躍人気モデルになった。

1988年発売のヤマハ・TDR50。スーパーバイカーズ風のスタイルに、RZ50に搭載されていた水冷2サイクル単気筒エンジンを積んだモデル。シチュエーションを選ばず走れるマルチな走行性能で人気を博した。当時価格22万9000円。最高出力7.2馬力。

過熱する原付市場に乗り込んできたカワサキからは、オフ車というよりスーパーバイカーズ的な構成が特徴のKS-Ⅰが登場している。

1988年発売のカワサキ・KS-Ⅰ。AR50Sに搭載されていた水冷2サイクルビストンリードバルブ単気筒エンジンを搭載したスーパーバイカーズ風のモデル。前後タイヤとも10インチで、ライバルと比べコンパクトにまとめ上げられていた。当時価格18万3000円。最高出力7.2馬力。

インナーチューブφ27mmフロントフォーク、5段階イニシャル調整可能なユニトラック式リヤサスペンション、サブフレーム付きスイングアームなどを備える車体には10インチタイヤが組み合わされた。

1988年にもレプリカ路線のニューモデルが発売されている。12インチの小径タイヤが独創的だったYSR50が1987年のヤマハワークスYZR500風カラーリングとなって登場。

1988年発売のヤマハ・YSR50。ヤマハワークスのYZR500を模したカラーリングを採用したモデル。フレームはダブルクレードルへと変更された。当時価格18万9000円。最高出力7馬力。

フレームが改良されヘッドライトカウルステーを変更することでタコメーターの追加を容易にしている。またブレーキペダルを内側に取り付けバンク角を深くするなど熟成が図られた。

スズキはこの年、RG50Γの商品力をアップさせるため5月にストップランプとウインカーを一体としたテールランプを採用しつつ、アンチノーズダイブ機構を廃止。さらに翌6月はフルカウルを装備する仕様まで加わった。さらに12月にはシックアドバンテージカラーも追加されている。

1988年発売のスズキRG50Γ(フルカウル仕様)。クラス唯一の角断面パイプフレームを採用するモデルで、アンチノーズダイブ機構を廃止するマイナーチェンジ時にフルカウル仕様が追加された。当時価格21万8000円(ハーフカウル仕様は19万3000円)。最高出力7.2馬力。

徐々に落ち着きを取り戻す原付MT車市場

80年代最後となる1989年は意外にも寂しく、スズキからウルフ50が発売されただけ。

1989年発売のスズキ・ウルフ50。RG50Γのカウルを取り払い、ツインチューブ風フレームカバーを被せて雰囲気をガラリと変えたモデル。エンジン性能に変更はない。当時価格20万9000円。最高出力7.2馬力。

このウルフは車名こそ1982年発売のモデルと同じだが、その内容はまったく異なる。
要はRG50Γからカウルを取り去り、アルミ風になるフレームカバーを装備した17インチのスポーツモデルだ。時代はレーサーレプリカ一辺倒から、カウルレスのネイキッドへ切り替わり始めていたことを予感させた。


こうして振り返ると80年代に盛り上がった原付ブームが、いかに盛大だったか改めて思い知る感じではないだろうか。とはいえ、やはり「3ない運動」の影響は大きく、筆記試験だけで取得できた原付免許で乗れるMT車の需要はどんどん減ってしまう。
その結果、レーサーレプリカでいえばRG250ΓやNSR250R、TZR250などが全盛を迎えた反面、YSR50は1992年に、RG50ΓとNS50Fは1995年で生産を終了している。
これはアメリカンなどのジャンルでも同様で、原付MT車のブームは80年代をピークに過ぎ去ってしまったのだ。

(text:増田 満/まとめ:モーサイWEB編集部)

おすすめ記事

歴史を彩った名車シリーズ SUZUKI GSX1100S KATANA SHOEI Xフォーティーン エアロダインに新色のイエローを追加 【NEW ITEMS】SP TADAO POWER BOX FULL“S”TITANIUM BLUE
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP