ニュース

【直前インタビュー】俳優・岩城滉一さんがバイクカスタム番組に出演!! 番組にかける思いとは?

 岩城滉一さんといえばバイク愛好家として知られる俳優だ。デビュー後の1970年代から、数々の映画やドラマでバイクを走らせた姿を覚えている人も多いことだろう。ライダーとしてレース活動歴も長く、近年では辻本 聡さんと共にもて耐に参戦したほか、チームイワキの監督としては全日本ロードレース選手権ST600に参戦した経歴を持つ。

 ガレージには数台のハーレーやZ1などが並ぶ。冬の寒さも厭わずツーリングを楽しみ、愛車には必ず手間のかかったカスタマイズを施す。

 それでいて原付2種スクーターで近所のスーパーマーケットやコンビニへ買い物にも行く。趣味としてだけでなく、暮らしに欠かせない道具として、岩城さんはバイクを重宝し、バイクのある生活を楽しんでいる。

「カスタムすることでバイクが自分だけのものになるんだよね。そうすればそのバイクのことをもっと好きになれるし、ていねいにカスタムするほどバイクは裏切らなくなるからね」

岩城さんのプライベートガレージには、ハーレーダビッドソンを始めとした多くの愛車が収められている。

岩城滉一さん出演のバイクカスタム番組、始まる

 そんな岩城さんが、衛星放送『スカパー!』のバイクカスタム番組に出演する。

「これまで数え切れないほど多くのバイクのカスタムしてきたけど、全部自分のためだった。人のためにカスタムするのはこれが初めて」

 というのも今回カスタムするバイクは完成後にオークションに出品して販売する計画なのだ。しかもその売上金は交通遺児育英会に寄付することになっている。

「バイクをカスタムするだけでテレビ番組としておもしろくなるのかなという思いもあったし、楽しいことだけやっておしまいでいいのかなとも思ったんです。でも作ったバイクを売って、そのお金を寄付するのであればやる意味も出てきますから」

 岩城さんはレースで着用したヘルメット(もちろんオリジナルペイントが施された岩城仕様)の売上金を寄付するなど、これまでにもチャリティ活動を続けてきた。

「俺が寄付してるっていうとウソっぽく聞こえるからね。足長おじさんのように目立たずやりたいと考えていたので、今までは妻の名義でやってきたんです。バイクを使って社会に貢献できるのはうれしいことだし、そうすることで感謝の気持ちを表せる。それに今の時代、助け合っていかないとね」

 すでに岩城さんの手元にベース車両は届いているそうだが、どんな車種なのかは番組を見てのお楽しみ。カスタムの方向性について、現在は構想を練っているところだという。

入庫したベース車の確認にバイク屋さんを訪れた岩城さん。その視線の先にあるのはどんなバイクなのか……?

カスタムは岩城さんが自ら行いショップさんと交渉も行う

「俺のカスタムはステッカー剥がしからはじまるんだ。あとはウィンカーやミラー、ヘッドライトなどの保安部品を好みのものに換えていく。もちろん他の人が乗ることを前提としているから、合法的なものに仕上げます」

 中古車をベースにカスタムしていくに当たって、エンジンやサスペンションなどはノーマルを基本として点検整備をきっちりと施すという。

「命にかかわる部分ですから、そこはきちんとやりますよ。安全に走れるようにすることは最低条件で、安心して乗れるバイクを作ります。そのための工具も揃えたからね。でもエンジンや足周りの重要な部分の整備はプロに任せますよ。もちろん自分でもいじれるけど、ひと様に乗ってもらうものですからね。そこはきっちりとプロにやってもらいます」

今後行う予定のカスタム内容について、熱く語る岩城さん。その言葉の端々に、バイクに対する情熱が感じられる。

 カスタムは手間と費用をいくらでもかけられるものだが、今回は“安く仕上げること”も大切なテーマとしている。
そのためカスタムや整備を手がけるショップに岩城さん自らが交渉にあたり、チャリティとして協力してもらって安価に抑えられるよう頼んでいるそうだ。

「まだどんなふうにペイントするかは決めてないけど、ヘルメットも同じカラーとグラフィックで揃えたいね。これからカスタムしていくことも楽しみだけど、それを売って寄付したらおしまいではなくて、購入してくれた人と一緒にツーリングに行けたらもっと楽しいんじゃないかなと思ってるんだ」

台本も既定路線もない その先にある“結末”を見届けよう

 世界に一台のカスタムバイクという“モノ”だけではなく、かけがえのないツーリングという“コト”も作り出す。それが今回の岩城さんのプロジェクトだ。

「番組は台本もなくて、“こんなに自由でいいの?”と思うくらい好き勝手にやらせてもらってます。深いことやむずかしいことを考えずにさらっと見てもらえて、見てくれた人が“ちょっとやってみようかな”と思ってくれるような番組にしていきたいね」

 新番組『〜岩城滉一 Bike Style Life〜 51 SENSE』は、2021年1月18日(月)23時から、BSスカパー!(BS241/プレミアムサービス579)をはじめとするチャンネルと時間帯で放送がスタートする。
全10回の30分番組だが、初回は1時間スペシャルとなる。カスタムバイクの製作だけでなく、ゲストとのツーリングや対談コーナーも予定されており、バイクに対する岩城さんのこだわりや愛情をたっぷりと紹介していく番組になるはずだ。

クラウドファンディングも実施中!

 また、今回のプロジェクトではカスタム費用のクラウドファンディング(https://kibidango.com/1589)も行っている。リターンには岩城さんの解説つきでガレージを見られる動画の鑑賞権をはじめとして、岩城さんのサイン入り電熱ウエアなど豊富に揃っている。
岩城さんのファンもバイクファンも楽しめる新番組とクラウドファンディング、今からチェックしておこう!

report:山下 剛/photo:長谷川拓司・スカパー!/まとめ:モーサイWEB編集部

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【バイク版ナビ】「MOTTO GO」プレリリース版が公開!カーナビの名門パイオニアが7月提供予定サービスを先取り体験だ! 第34話 インカム選びの基準は? 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話 加速GはGT-R超え? 価格は86以下!? 国産スポーツバイクの凄まじき加速ランキング

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション