ヒストリー

ハスラーだけじゃない! 最終的にクルマになっちゃったバイクたち【スズキ編】

インテグラ、ビート、トゥデイ、ホライゾンなどなど。ホンダにクルマとバイク名前が同じモデルがいくつかある。これぞ二輪、四輪の両方を作っているホンダさんの特権!──とお思いだろうが(?)、ほかのメーカーでもクルマと同じ名前を持つバイクはあるのだ。例えばホンダ同様にクルマとバイクを両方作っているスズキとか。
そんなスズキの例で行くと……。


 

CASE1:HUSTLER×HUSTLER

ももクロちゃんやDr.スランプアラレちゃんがCMキャラクターを努めたことでもおなじみ、“スズキの遊べる軽!”HUSTLER(ハスラー)。広々とした室内空間とワンランク上のラフロード走破性能を両立した軽SUVワゴン車である。

ハスラーX

2013年モデルの初代ハスラー

ただ、人によっては「ハスラーと言えばトレールバイクでしょ!」という人もいるだろう。
アメリカの不整地走行ブームを受けて、1969年に登場したHUSTLER TS250を始めとしたオフロードマシンがバイクのハスラーシリーズだ。
前述の250のほかに、50/75/80/90/100/125/185/200/400ccの9モデル(※TSシリーズ含む)がラインナップされた。初代の250のフレームには工場モトクロッサーRH250のノウハウが生かされており、その血を継いだ名シリーズと言えるだろう。

ハスラー250 TS250

1970年に販売されたハスラー250(2型)

TS80

ハスラー90にかわりラインナップに加わったハスラー80(1980年)。

 

T20

余談ながら、初めて「ハスラー」の名前が使われたのはオンロードモデルT20(1965年、250cc)の輸出用ペットネーム。

 

CASE2:SOLIO BANDIT×Bandit series

使い勝手のいい両側スライドドアを採用した低燃費コンパクトハイトワゴンのソリオ。そのバリエーションモデルである「ソリオバンディット」は、若者の多様な趣向に対応するための専用デザインを採用した小型乗用車。

ソリオバンディット

ソリオバンディット(2013)

バイクのバンディットはGSX-R系エンジンを搭載したネイキッドモデル。初登場は1989年にリリースされたバンディット250/400。トラスフレームやセパレートハンドルを採用しており、「艶」という言葉をテーマにデザインされたと言われる。エンジンの基本設計は前述のとおりGSX-Rと同様だが、吸排気系を見直し、中低速域での扱いやすさを意識している。
その他に600/1200/1250もあり、600はGSX-R600のネイキッド版で、1200はGSF1200の後継車、1250は水冷エンジン搭載モデルだ。いずれもダブルクレードルフレームを採用しており、1200と1250にはハーフカウル付きのSもラインナップされていた。

バンディット250

バンディット250(1989年)

バンディット1250

バンディット1250S(2007年)

→次のページ:同じだけど、同じじゃないモデルたち

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【ヒストリー】バルブスプリングの挑戦
  2. ゴディエジュヌー1135R 「ゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135R」を世界耐久…
  3. 【時代を駆け抜けたバイクたち5】HONDA VT250F編
  4. 部品はなくても気合いと根性でなんとかなる!? オーナーに聞くレア…
  5. 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史1】二大…
  6. なんじゃこりゃ!? 熱い情熱と試行錯誤と時代の流れが生んだ“ヘン…
  7. 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(6)リッターオーバー時…
  8. 1万7000回転の衝撃!! 大人気となった250cc4気筒レプリ…

おすすめ記事

【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その4】旅する視点で2車を試す!! HONDA 400X vs BMW G310GS 【バイク熱狂時代は永遠に:1】1980年代を駆け抜けた“彗星” 大垂水峠のヒーローは今なお激速 “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜スズキセイフティスクール〜 スズキ社内チーム「浜松チームタイタン」が2019鈴鹿8耐に参戦!応援サポーターに応募しよう! センスの良さが光るノートンウェア! クラシックバイク乗りは必需品! ときひろみさんフォトブック「Tour」の発売記念サイン会を実施
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP