新製品

ジャケットを脱いでも様になる! デザイン性も保温性もナイスなクシタニのミドルジャケット

 

保温性とデザイン性に優れるダウン系ミッドレイヤー
K-2695 ホワイトグースダウンジャケット

着脱可能な保温インナー付属が最近の防寒ジャケットのトレンド。気温が低ければ装着し、暑くなったら外せる便利な装備だが、これをより保温力の高いミドルウエアに換えれば防寒性能をグレードアップできる。

クシタニのホワイトグースダウンジャケットは、生地に防風透湿フィルムを採用し、保温材としてダックダウンよりも軽くボリュームがあるグースダウンを90%、フェザーを10%用いた同社最高峰のミドルジャケットだ。

550フィルパワーのかさ高性を持ち、単体で街着として使える保温性能を有しつつ薄手に作られているため、秋冬用テキスタイルジャケットだけでなくタイトなレザージャケットの下にも着込みやすい。

●(左)長めのソデ丈は親指を通すサムホールがあり手首までしっかりとカバーできる。赤いヒモはジャケットとの連結に使う ●(右)高い復元力を生かし小さく収納できるスタッフサックが付属するため、ツーリング時にバッグに忍ばせておけば、ミドルウエアとしてだけでなく旅先の散策時にも重宝する。

保温性能を高めるとともにダウン抜けを防ぐため、一般的な縫製でなく生地の織りでダウンを仕切るこだわりにも注目したい。
また、重ね着しても動きやすいよう両脇に防風ストレッチ素材を用い、ソデ口とエリは同社製ジャケットと接続し一体化できる「クシタニコネクション」に対応。
アウターのフロントファスナーと干渉しにくいオフセットファスナーや背中のリフレクターなど、細やかな配慮を感じさせる作りも採用している。

防寒対策で大きな差が付くのが保温性能。レイヤリングの核でもあるミドルウエアにこだわってこそ、今までよりも快適に冬のライディングを楽しめるのだ。

K-2695 ホワイトグースダウンジャケット

価格●3万800円 サイズ●S、M、L、LL、XL カラー●ブラウン、ブラック、ネイビー

 

まだまだある!クシタニの注目ミッドウェア

K-2696 グレーダックダウンミッド
K-2697 ダウンライクミッド

価格●2万6400円(K-2696グレーダックダウンミッド)、2万2000円(K-2697 ダウンライクミッド)

「グレーダックダウンミッド」はダックダウン70%+フェザー30%、「ダウンライクミッド」は高性能中綿のシンサレートを保温材に採用するミドルウエアで、外観は共通。どちらも同社の防寒ジャケットに標準装備されるほどの高い保温性を持つ。
肩後部にはストレッチ素材を採用し、ジャケットと接続できる「クシタニコネクション」にも対応。

 

K-1946 ミッドパーカー

価格●2万1450円

独特な表情が生まれるスラブ加工を施したコットン混紡素材と、防風透湿フィルムを組み合わせた3レイヤー生地を使用。
適度なストレッチ性によりレイヤード時にも動きを妨げにくい。サムホール付きの長いソデで手首もカバーできる。

K-4453 ネックウォーマー

価格●4180円

中間層に防風透湿フィルムを挟み込んだ3レイヤー生地が素材のネックウォーマーで、エリ元から侵入する冷気をシャットアウトする。内側は肌触りが良く保温性にも優れたマイクロボアで、ドローコードによって容易にフィット感の調整が可能。
カラーは「ブラック/ホワイト」、「ブラック/ネイビー」、「ブラック/レッド」の3色。

 

CONTACT

問い合わせ先クシタニ
URLhttps://www.kushitani.co.jp

※本記事はモーターサイクリスト2019年12月号の記事を再編集して掲載しています。

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

全社・全車・全色の総合カタログ「最新バイク図鑑2018-2019」2018年3月16日発売! 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第10話:独自の感性を持つ弟? MT-25君 【NEW MODEL】ROYAL ENFIELD HIMALAYAN
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP