アーカイブ

【MCアーカイブ】ホンダCBX400F(1982年1月)

■設計意図に忠実な走り

48ps/11,000rpmの走りはどんなものだろうか。

「ローで引っ張った瞬間からパワーのあるのがわかる。気をつけていないと11,500rpmからのレッドゾーンにすぐ入ってしまう。だが6速では60km/h、3,500rpm以上回っていないと、ちょっと力がない。48psを出すエンジンとしては低速も厚いと思うが……」というテスターの言葉どおり、現代のマルチとしては方向を高速側へ振っているといえる。昔、ホンダがCB72を出した時、トップギア60㎞/h以下では走れません、と広告に誇らしげにうたったのを思い出したほどだ。

もちろん現代のマルチだから、低速で走れないわけではないが、ツキの悪さを感じるというところだ。一方サーキットの全開走行では、ハイパワーエンジンの美点のみが光る。7,000rpmあたりからカムに乗る感じの鋭い加速を示し、11,500rpmのレッドゾーンまで一直線に加速し、鈴鹿サーキットのストレートでメーター読みとはいえ、180㎞/h以上をマークする実力は並みのものではない。

振動は特に気になる部分もなく、100㎞/hの6,000rpmはクルージングとしても低すぎるぐらいで、カウルを装備すれば、法定速度の倍近いところでの快適なロングツアーも楽しめよう。

「真綿フィーリング」を追求したというブレーキは、初期の食い付きもよく、良質のドラムを思わせるのがいい。タッチだけでなく制動力も優秀で、ツインポッドキャリパー採用以来のホンダのよき傾向をさらに伸ばしたといえる。カバードのため雨の日など、従来のステン系のつもりで力一杯かけると、効きすぎてとんでもないことになるかもしれないが、ウエット性能に関しては、確認していないのでなんともいえない。

アンチノーズダイブの効きは自然であり、特に付いていることを意識させずに、しかもきちんと作動しているのがいい。コーナリングは素直で、軽くバンクに持ち込めるし、切り返しの重さもなく、ホンダのいうヒラヒラ感を感じることができる。ただしCB250RSと比較すれば車重の差を再確認することもあろうが、これは当然のことだ。

高速直進性は良好で、180㎞/hの最高速付近でも不安なく走れる。最近のスポ ーツモデルでは、高速時にウォブル(編集部注:高速走行時に発生する車体の横揺れ現象)の傾向をみせるものは少なくなったが、いずれにせよこの項目ではCBX400Fによい点数をやっていい。

ホンダが加わって、中型マルチ戦はいよいよ白熱化してきた。果たして48psの最高出力を発揮して、CBX400Fはこの戦線のリーダーになれるだろうか。2順目のバッターに球は投げられた。

 

写真はソリッドカラーモデル

 

●HONDA CBX4OOF●

主要諸元

■エンジン 空冷4サイクルDOHCI6バルブ4気筒 ボア・ストローク:55.0×42.0㎜  排気量:399㏄ 圧縮:9.8 最高出力48ps/11,000rpm 最大トルク:3.4 kg-m /9,000rpm

■変速機 6段 変速比:①2.769 ②1.850 ③1.478 ④1.240 ⑤1.074 ⑥0.931 1次減速比:2.565 2次減速比:3.000

■寸法・重量 全長:2.060 全幅:0.720 全高:1.080 シート高:0.780 軸距:1.380(各m) 車重:173㎏ 燃料タンク容量:17L オイル容量:3.0L タイヤサイズ:前3.60 H18 後4.10H 18 キャスター:26° トレール:97㎜

■価格 48万5,000円(ツートン) 47万円(ソリッド)※いずれも当時価格

 

ページ:
1 2

3

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

K&HがBMW Rナインティ用フロントシートと、純正リヤシートレザー張り替えを設定 原付二種スポーツスクーター、ヤマハNMAXにスポーティなブルーのカラーを設定 【東京オートサロン2019】会場の可憐なる華、コンパニオン特集! その2 キアヌ・リーブスに直撃インタビュー! ハリウッド俳優が作った超こだわりバイク「アーチ・モーターサイクル」とは? 【リコール情報】ハーレーダビッドソン・2モデルにおいて制動装置の表面が腐食し制動力解除ができない恐れ 意外な有名企業もバイクを作っていた! 時代に負けたバイクメーカー3選
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ストリートトリプルS トライアンフ
  1. ストリートトリプルS トライアンフ
PAGE TOP