トピックス

JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集めてみました 〜SASAKI Z2 K& H SPL 1977年ウェッジシェイプの巻〜

▲ハニカムパターンのホイールはSP忠男製。バックステップは純正を逆向きに装着するジェロニモ

外装キットには「幻」と前置きが付く名品がある。
1977年に「紀一と博FRP研究所」が発表したこれがまさにそれだ。

<時代が生んだフォルム>

70’年代のヴィンテージカスタムを目の当たりにした時、あのときめきを思い起こす。「あの」とは40年ほど前に少年たちを熱狂させたスーパーカーブームだ。雑誌やテレビでしか見ることのないフェラーリやランボルギーニの実物をショーで見た時の興奮。70’年代カフェレーサーには、あのオーラがある。

その最たるマシンがこれではないか。佐々木和之さんの74’年式Z2には、77’年東京モーターサイクルショーで発表され市販が開始された紀一と博FRP研究所(K&H)製スペシャルパーツが装着されている。

左右に張り出したビッグタンクは同社得意の造形だが、目を見張るのは巨大なウェッジシェイプのテールカウル。デザイン・製作した中山博さんはスーパーカー好きであり、当時、空前のスーパーカーブームであったことを思えば、その造形美を大胆に取り入れたのだと推察できる。

このボディキットは28セットしか製造されなかった(当時28万円)。それがこうして現代に生き続けていることは、ひとつの奇跡である。

エンジンは860ccにスープアップ。マフラーは初期ウエダレーシング製だ

ディスコボランテよろしく張り出したビッグタンクもFRP製で容量は25リットル。英国製キャップ(おそらくエノット)もオリジナル整備品

突き出たテールフィンにはブレージランプとウインカーが内蔵される。当時の車両メーカーもやっていなかった斬新さ。テールカウルの内部は大きめの小物入れ(ツーリングボックス)

本文:甲賀精英樹

写真:佐藤正巳

※本記事は八重洲出版発行のムック「THE JAPANESE CAFERACERS」(ネット書店、全国書店で絶賛発売中!)の記事を転用しています。

第2弾の「THE JAPANESE CAFERACERS 2」は9/28発売予定!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. アメリカンだけのバイク番組がU-NEXTとBSスカパー!で放送決…
  2. 250cc4気筒モデル最後発だけど最強性能? ニンジャZX-25…
  3. 【NEW MODEL】YAMAHA MT-07 ABS
  4. 750SS マッハ4 アメリカ市場を開拓し「大型車=カワサキ」のブランドを確立した“立…
  5. TRIUMPH ストリート系2モデルがさらに進化!
  6. 11年振りの復活!! スズキ伝統の「油冷エンジン」は、どんな点が…
  7. 【モーサイチャンネル】走った! 触れた! スーパーカブC125は…
  8. GOLDWIN GSM22714 GWS Gベクター プロ…

旅に出よう!

おすすめ記事

徹底検証!最新125ccクラスのスポーツモデルは公道をどう楽しませてくれるのか? ホンダが新型軽バン「N-VAN」発売 【東京モーターショー2019速報】復活の250cc4気筒!! カワサキがZX-25Rを発表!! 先人たちの熱い魂の結晶、「一式戦闘機ハヤブサ1型」が特別展示 ヤマハ TRACER900ツーリングサポートキャンペーン実施中! 【NEW ITEMS】ゴールドウインのX-OVERリアバッグに限定カラーが登場 「レザーは冬は寒い」の常識を覆すHYODの冬用レザージャケット 誕生から50年経過しても変わらない! CB750Fourならではの魅力に迫る ホンダCB1300シリーズに上級モデル「SP」が登場間近! 【NEW MODELS】TRIUMPH STREET TRIPLE RS 新色登場!
BIKE王

ピックアップ記事

  1. スーパーカブ100

カテゴリー記事一覧

  1. ベビーツインAA
  1. スーパーカブ100
  2. ゴディエジュヌー1135R
PAGE TOP