トピックス

KTMジャパンの19年の販売台数が過去最高を記録

KTMジャパンは、2019年1〜12月の小型二輪車(250cc超)の販売台数が過去最高を記録したと発表した。

同社の19年の販売台数(250cc超)は、前年比6.2%増となる1568台。好調の要因として同社は、5月に新規投入した790デュークと790アドベンチャー/R、9月から販売開始となった次世代エンデューロモデルの販売が好調だったこと、毎四半期に実施した販売キャンペーンが既存モデルの販売を支えたこと、そして新規オープン2店舗、リニューアルオープン2店舗の正規ディーラー網の拡充などをあげている。

●19年5月にリリースされた、799cc並列2気筒エンジンを積む790アドベンチャー

なお、250cc以下のモデルや競技車両を加えると、19年の総販売台数は前年比10%増となる2700台を超え、こちらも過去最高を記録している。

CONTACT

問い合わせ先KTMジャパン
URLhttps://www.ktm.com/jp/

おすすめ記事

スーパーチャージドSS、ニンジャH2の20年モデルを発売 リターン? 早くしないと 人生そのものが終わってしまうぞ! なんで手放しちゃったんだっ! 編集部員が「売らなきゃよかった」と後悔したバイクたち エンジンを大幅に改良した新型ストリートトリプルRSがデビュー 【NEW MODELS】SUZUKI HAYABUSA 【時代を駆け抜けたバイクたち4】HONDA CB1000 SUPER FOUR・CB400 SUPER FOUR
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP