トピックス

KTMジャパンの19年の販売台数が過去最高を記録

KTMジャパンは、2019年1〜12月の小型二輪車(250cc超)の販売台数が過去最高を記録したと発表した。

同社の19年の販売台数(250cc超)は、前年比6.2%増となる1568台。好調の要因として同社は、5月に新規投入した790デュークと790アドベンチャー/R、9月から販売開始となった次世代エンデューロモデルの販売が好調だったこと、毎四半期に実施した販売キャンペーンが既存モデルの販売を支えたこと、そして新規オープン2店舗、リニューアルオープン2店舗の正規ディーラー網の拡充などをあげている。

●19年5月にリリースされた、799cc並列2気筒エンジンを積む790アドベンチャー

なお、250cc以下のモデルや競技車両を加えると、19年の総販売台数は前年比10%増となる2700台を超え、こちらも過去最高を記録している。

CONTACT

問い合わせ先KTMジャパン
URLhttps://www.ktm.com/jp/

関連記事

  1. 電動バイクは配達業務に最適!? ホンダがビジネス用途にEVを送り…
  2. 【新刊情報】MCクラシック09号発売中!!
  3. 【新刊情報】MCクラシック08号11月29日発売!!
  4. 歴史を彩った名車シリーズ MOTO GUZZI Le Mans …
  5. カッコよく、使い勝手も良し! PLOTカスタムのヤマハバイク
  6. オーナー達による「NIKEN本音語り」! NIKEN/GT EX…
  7. 徹底検証!最新125ccクラスのスポーツモデルは公道をどう楽しま…
  8. 軽い・安い・楽しいが詰まった世界!125ccバイクの魅力とは?

おすすめ記事

専用装備は意外と少ない? ホンダ渾身の電動郵便バイク、ベース車との違いは? HONDAとYAMAHA オフロード競技車の2019年モデルが受注開始 【NEW ITEMS】SP TADAO POWERBOX Full 4in1(耐熱ブラック) 誕生から50年経過しても変わらない! CB750Fourならではの魅力に迫る スタンダードモデルでも高機能! オランダ発の「レブイット」が送り出すアドベンチャーウエア「アウトバック3」シリーズ 【おとなの信州探訪】街を起点に自然と文化を楽しむ「松本」:後編
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP