トピックス

ハスクバーナ・モーターサイクルズが販売台数の新記録を樹立

ハスクバーナ・モーターサイクルズは、2019年1〜12月の小型二輪車(250cc超)の販売台数が新記録を樹立したと発表した。

同社の250cc超モデルの販売台数は、18年比で35.6%増となる518台。この要因としては、18年に発売したヴィットピレン/スヴァルトピレン401とヴィットピレン701が通年で販売できたこと、19年5月にスヴァルトピレン701、同8月にヴィットピレン701スタイルを発売したこと、19年9〜10月にリリースした次世代エンデューロモデルの販売が好調だったこと、19年4月以降に行ったキャンペーンが販売を支えたこと、そして新規オープン4店舗、リニューアルオープン2店舗と正規販売店ネットワークを拡充したことなどをあげている。

なお、250cc以下のモデルや競技車両を含めると前年比36%増の800台以上を販売し、こちらも新記録となる。2020年は、既にウェブサイトに掲載されているスヴァルトピレン250などが正式リリースとなれば、さらなる上乗せが期待できそうだ。

●ウェブサイトには既に掲載されているスヴァルトピレン250

CONTACT

問い合わせ先 ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン
URL https://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【シーズン到来!ツーリング快適アイテム最新版】ARAI HELMET ASTRO-GX 【NEW ITEMS】NEOTECⅡ EXCURSION 100%イタリアン!の【PMJ】ライディングデニム、メンズ「クルーズ」「サンセット」、レディース「サラ」が新発売!

カテゴリー記事一覧