トピックス

ハスクバーナ・モーターサイクルズが販売台数の新記録を樹立

ハスクバーナ・モーターサイクルズは、2019年1〜12月の小型二輪車(250cc超)の販売台数が新記録を樹立したと発表した。

同社の250cc超モデルの販売台数は、18年比で35.6%増となる518台。この要因としては、18年に発売したヴィットピレン/スヴァルトピレン401とヴィットピレン701が通年で販売できたこと、19年5月にスヴァルトピレン701、同8月にヴィットピレン701スタイルを発売したこと、19年9〜10月にリリースした次世代エンデューロモデルの販売が好調だったこと、19年4月以降に行ったキャンペーンが販売を支えたこと、そして新規オープン4店舗、リニューアルオープン2店舗と正規販売店ネットワークを拡充したことなどをあげている。

なお、250cc以下のモデルや競技車両を含めると前年比36%増の800台以上を販売し、こちらも新記録となる。2020年は、既にウェブサイトに掲載されているスヴァルトピレン250などが正式リリースとなれば、さらなる上乗せが期待できそうだ。

●ウェブサイトには既に掲載されているスヴァルトピレン250

CONTACT

問い合わせ先ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン
URLhttps://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/

おすすめ記事

デスクの上でバイクを「飼える」アプリに癒やされる エサも食べるしフンもするよ! ハスクバーナがこれからバイクを手に入れる人に向けた「金利0%キャンペーン」を実施 【’80sバイク熱狂時代】NSR史上最高馬力! ライバルメーカーが恐れた1988年式NSR250Rとはどんなバイクか?(前編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP