トピックス

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」では、メテオ350に乗れたり、バッグのアウトレットがあったり!

■100名を軽く上回るライダーがミニストップに集結した。

バイクのイベントなのに静か

千葉県柏市のミニストップ柏しこだ店の敷地でバイク関連のミニイベントがあるという。
調べてみれば、二輪用品で便利なアイテムを発信し続けているタナックスと旭風防、それに松戸市のmoto shopクロニクルがコラボして製品を置いたり、試乗会もしたりするイベントらしい。
12月16日、好天の土曜日の午後イチ、現地柏市のミニストップに行ってみると元々広い駐車場にいっぱいのバイクが集まっているではないか。排気量は大小それぞれ。試乗を楽しんだり、集まった仲間たちでわいわいと語り合っている。
思えば不特定多数のクルマの来るコンビニの駐車場で、これだけの数のバイクをよく受け入れてくれるなぁ、理解のある店長さんがいるのだなぁと、ちょっと驚いた。
とはいうものの、余計な騒音を立てる参加者はいない。周囲に気を使えるライダーたちがこの場所を大事にしていることが、イベントを成立させている要因のひとつなのかもしれない。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■ミニストップ柏しこだ店とタナックスが、緊急開催として12月16日に設定したイベント。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■大勢のバイクが集まるならば、場内整理も大事。怪しい仮面しているが、実際は真面目に誘導をしてくれていたスタッフさん。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■大型バイクも多数来場したなか、こうした猛者のカブ(SSTRにまで参加されたようだ)も来場。来場者それぞれの愛車に個性が見られた。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■右から、発起人であるタナックスの重田真利さん、旭風防の古屋晃男さん、発起人のミニストップ柏しこだ店の高野店長、motoshopクロニクルの山口雅史さん。これからも楽しいイベントに期待しています。

複数のバイク関連企業がコラボ

今回で2回目となるこのミニイベント。発端は、柏しこだ店の近隣に住んでいるタナックスの重田真利さんが会場となったミニストップ柏しこだ店をよく利用していたこと。気さくで朗らかな高野店長との日頃の会話から、ミーティングを開催することになったのだそうだ。
その話に、長年日本の伝統的風防を作り続ける老舗=旭風防の古屋晃男さん、moto shopクロニクルの山口雅史さんも賛同。今回、2回目のミーティングを開催することになったという。
ミニストップ柏しこだ店からも、コーヒーや九州の味かしわ飯にフライドチキンといったブースが出ていて、集まったライダーはお腹も満たせるようになっていた(ミニストップも当然利用可)。
かしわめしは筆者の到着が遅めだったがゆえに完売していたのが残念だったが、美味しい極旨チキンは堪能できた。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■今回の心残りだった「かしわめし」。もっと早く到着できていたらよかった!

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■旭風防のブースでは販売可能な製品とデモ車を展示。オフロード向けの製品やダックス、モンキーに似合いそうなかわいい風防を装着した車両も。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■懐かしい雰囲気もある、旭風防のステッカー。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■風防の布地素材で製作された丸型のポーチ見本。ベルトに付けられるようになると便利そう。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■このミニ風防、ツボにはまりました。随分昔Z650に旭風防の大きなタイプを付けて雪の日も仕事で走っていたころ、空力的には小型の風防もあるといいかな?と思ってたのを思い出す……。

なんと、ミニ試乗会まで!

moto shopクロニクルのブースではロイヤルエンフィールドのプチ試乗会を開催。メテオ350やクラシック350の試乗車を用意し、先導にはベネリS125という布陣。希望者が多く、試乗枠がほぼ埋まるという盛況ぶりであった。
タナックスのブースもツーリングバッグや便利グッズのアウトレットが盛況。筆者も思わず大型のツーリングバッグに手を出しそうに(汗)。
スナップ写真を撮っていると顔見知りのライターさんたちも来場しているのを発見。テスト中だというタナックス製品(スマートライドモニターAIO-5 Lite)の出来の良さについて説明してもらえた。やはりイベント会場で現物を見ると、印刷物やWeb記事以上に、製品のことがよくわかる。
バイクに乗っていないコンビニ利用者にもいろいろなバイクを見てもらえる機会となっていて、貴重な試みといえる。しかも運営は安全。次回の開催も楽しみだ。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■ふと見れば、クロニクル系列=ロイヤルエンフィールド千葉松戸の店長Emiさんの黄色のメテオ350に旭風防が! パイプハンドルの車両でクランプの余裕があれば装着が簡単なのですよね。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■メテオに跨るEmiさんを囲んで、moto shopクロニクルの山口雅史社長と元気な息子さん。最近はオフロードも一家で楽しんでいるらしい。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■ロイヤルエンフィールド車両を用意したクロニクルのプチ試乗会も、ほぼずっと順番待ち状態。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■タナックスのブースではアウトレット品を豊富に展示。同時に、実車に搭載されたスマートライドモニターの展示もあった。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■ヤマハMT-07に装着されたスマートライドモニターAIO-5 Lite。走行中の万一のスマホ落下の恐怖?から解放されそうだし、前後モニターも見やすくなりそうだし、いいシステムだ。

「第2回ミニストップでバイクのミニイベント」

■タナックス扱いのトランク等実用装備で固められたセロー。何だか車高が高いような……?と跨らせてもらうと、足周りが全然ノーマルの動きじゃないので尋ねてみれば、前後サスにもバッチリ手が入っていた。こういうバイク、良いですね。

レポート&撮影●小見哲彦 取材協力●ミニストップ柏しこだ店/タナックス/旭風防/クロニクル/ロイヤルエンフィールド千葉松戸

CONTACT

ミニストップ柏しこだ店
https://map.ministop.co.jp/search/0000001873

株式会社タナックス
https://www.tanax.co.jp

株式会社旭精器製作所(旭風防)
https://www.af-asahi.co.jp

Motoshopクロニクル
https://chronicle521.com

ロイヤルエンフィールド千葉松戸
https://royalenfield.chronicle521.com

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

バイクのオークション落札相場、20年〜22年の2年間で約6万円も高騰!! クルマも高騰している? 【CLOSE UP!】WILD WING WWM-0003 スワロー 『情熱のロードレース Vol.4 1983年 WGP500 ケニー・ロバーツ vs フレディ・スペンサー』が5月31日に八重洲出版から発売!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事