トピックス

カッコよく、使い勝手も良し! PLOTカスタムのヤマハバイク

アクラポヴィッチやブレンボなど、有名ブランドのカスタムパーツを取り扱うとともにオリジナルパーツの開発にも余念がない愛知県のPLOT(プロト)。

そのプロトが手がけた、ヤマハの人気車種2台を紹介しよう!
※紹介車両には一部展示用の部品が装着されています
※パーツの価格は消費税8%を含む税込み価格です

report●林 康平 photo●船生 光/ヤマハ

カスタムパーツ問い合わせ先

(問)プロト ☎0566-36-0456  https://www.plotonline.com
 

TRACER900 GT カスタムパーツ紹介

「トレーサー900 GT」は、大ヒットを記録したネイキッドバイク「MT-09」と同型のエンジンをロングツーリングも快適にこなせるスタイルの車体に搭載したスポーツツーリングモデル。
写真の車体色「ブルーイッシュグレーソリッド4」は2019年型からの新色だ。
 

ヨーロッパ最大級のマフラーメーカー、アクラポヴィッチ製の「レーシングライン JMCA」(18万7920円)。
キャタライザー(触媒)が付属しており、騒音および排出ガスの値が日本国内の法規制値より低いJMCA対応品である。センタースタンドに干渉しない設計なのもありがたい。
 

ドイツの用品メーカー、ヘプコ&ベッカー製の「エンジンガード アンスラサイト」(3万2400円)は、万が一の転倒の際に車体の損傷を軽減できるパーツ。
スチールパイプの前方下部にパッドを付けるなど、防護力を高める工夫がなされている。
 

こちらもヘプコ&ベッカー製の「XCEED サイドケースセット チタン」(12万2040円)は片側38ℓのハードケースの2個セット。
取り付けには専用ステーの「サイドキャリア Lock-it」(4万7520円)が必要だ。
フロントシートに装着されている“座布団”はプロトオリジナルブランド、エフェックスの「ゲルザブR」(1万260円)。
長距離走行時の尻の痛みを軽減する人気アイテムである。
 

ヘプコ&ベッカー製の「タンクバッグ Royster イエローzip」(2万9160円)は、「Lock-it タンクリングフィッティング」(7344円)と組み合わせることで簡単に着脱ができ、かつ、確実な固定が可能。
タンク側面に貼ってあるパッドはイタリアのプリント社製「タンクサイドパッド HDR BLK」(7020円)。
ニーグリップをしやすくする用品だ。
 

ドイツのスクリーンメーカー、MRAが手がけた「スクリーンツーリング クリア」(1万5444円)は、オリジナルの形状を元に長さを延長することで、高速道路を使用するロングツーリング等に最適な形状となっている。
なお、ハンドルクランプに取り付けられているスマホホルダーはアメリカのラムマウント製で「Xグリップスマートフォン用」(3240円)と「ショートアーム」(1620円)、「M8ボルトベース」(1404円)を組み合わせたものだ。
 

なお、ベース車両の詳細スペックは以下の通り。

YAMAHA
TRACER900 GT

■Specifications
【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列3気筒DOHC4バルブ  ボア×ストローク:78.0×59.0㎜  総排気量:845㎤  最高出力:85kW<116ps>/10000rpm  最大トルク:87Nm<8.9㎏m>/8500rpm  燃料タンク容量:18ℓ  変速機:6段リターン 

【寸法・重量】全長:2160  全幅:850  全高:1375  ホイールベース:1500  シート高:850/865(各㎜)  車両重量:215㎏  タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17 

【カラー】グレー、ブラック、マットブルー 

【価格】119万8800円
(問)ヤマハ 0120-090-819  https://www.yamaha-motor.co.jp/mc
 

YZF-R25 カスタムパーツ紹介

若者を中心に高い人気を誇る「YZF-R25」は2019年型でビッグマイナーチェンジを施されたフルカウルスポーツモデル。
世界最高峰のレース、MotoGPで活躍する「YZR-M1」をイメージさせるスタイリングと、新たに採用された倒立式フロントフォークが大きな特徴となっている。
 

アクラポヴィッチ製の「スリップオン MOTO-GPステン(JMCA)」(4万1040円)はサイレンサー部分を取り替えるタイプのお手頃パーツ。
ドライカーボン製の「カーボンヒートシールド」は別売(1万6200円)で、8月下旬ごろまでに入荷予定となっている。
 

四輪車用パーツでも有名なイタリアのブレンボ製「Axial 4Pキャリパー チタン キャスト 右用40㎜ピッチ」(2万7000円)。
キャリパーサポートは販売未定品とのことで、今後の発売が待たれる。
 

レバーやリザーバータンクキャップなど、各所を彩るブルーのアルミビレットパーツはタイのアクセサリーメーカー、バイカーズ社の製品(全てオープン価格)。
ブルー以外にも、シルバーやグレー、チタン、ブラック、グリーン、パープル、レッド、オレンジ、オレンジゴールド、ライトゴールドがカラーバリエーションとして用意されている。
 

なお、ベース車両の詳細スペックは以下の通り。

YAMAHA
YZF-R25 ABS

■Specifications
【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ  ボア×ストローク:60.0×44.1㎜  総排気量:249㎤  最高出力:26kW<35ps>/12000rpm  最大トルク:23Nm<2.3㎏m>/10000rpm  燃料タンク容量:14ℓ  変速機:6段リターン 

【寸法・重量】全長:2090  全幅:730  全高:1140  ホイールベース:1380  シート高:780(各㎜)  車両重量:170㎏  タイヤサイズ:F110/70-17 R140/70-17 

【カラー】ブルー、マットブラック、マットレッド 

【価格】64万2600円
(問)ヤマハ 0120-090-819  https://www.yamaha-motor.co.jp/mc
 

ここで紹介したもの以外にも、デモ車にはさまざまなカスタムパーツが装着されている。
また、プロトでは別車種のデモ車も用意している。

その詳細とパーツ購入へのアクセスは以下のリンクからどうぞ!

プロト カスタムパーツ車両
https://www.plotonline.com/parts
 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 寒い冬を快適に走るコミネの電熱インナー
  2. トライアンフがカフェレーサーモデル、新型スラクストンRSを発表
  3. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…
  4. 【キャンペーン】北信州の自然を感じる上質なツーリングはいかが?
  5. 【NEW ITEM】SP忠男よりCB250R&SR400用マフラ…
  6. HONDA本気の電動バイク! ビジネスモデルのBENLYと三輪の…
  7. 【NEW ITEMS】Alpinestars DYNO v2 L…
  8. ランブレッタが消費税改正と輸入コスト高騰により価格を改定

おすすめ記事

最新電動スクーターってどんな乗り味? XEAM  REET S/niu M+を試乗インプレ! 【NEW ITEMS】ゴールドウインのX-OVERリアバッグに限定カラーが登場 【NEW ITEM】Alpinestars FASTER3 DRYSTAR SHOE 【北海道を食べつくす】地域に根ざした食も見逃せない!好奇心をくすぐる厳選地元メシ! 【NEW MODEL】HONDA CRF1000L Africa Twin /〈DCT〉 これぞ大人のバイク! 歴史ある空冷4気筒エンジン車、ホンダ・CB1100
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP