試乗インプレッション

今こそ注目したい! ゆったり走れる旅仕様カブ、クロスカブ110

「カブ」のシリーズの中でも特にアソビゴコロのあるこのクロスカブ。道を選ばぬクロスオーバー的なキャラクターをねらい、STDよりも大柄な110、前後14インチの可愛らしい50と別仕様もラインアップ。各々キャラクターの異なる2本立てとなっている。
東京モーターショーでCT125のコンセプトモデルが展示される今だからこそ、ハンターカブの“現在の継承車”に注目してみたい。

文/阪本一史 写真/山内潤也

※本記事は旧車二輪専門誌 モーターサイクリストCLASSIC2018年4月号に掲載されているものを再編集しています。

 

ハンターカブ需要の継承車

野山へ分け入り狩りなどを楽しむため、不整地も走れるカブとして北米で生まれたハンターカブ(CT)シリーズ。古くはOHVエンジンのC100をベースとしたC100T(’61)が輸出向けに投入され、’62〜63年にはC100/105Hが国内にも登場。
後にOHCエンジンのCT50(’68)とCT90(’69)を経て、’81年にはCT110が国内販売。
時は多機種拡販競争のHY戦争のころで、その後疲弊した市場の立て直しのため、CT110は’83年に国内ラインアップから消滅となった。

しかし、スーパーカブでアクティブに走り回りたいという層や、実用車と異なる意匠で趣味性を求める層に根強く支持され、CT110の海外仕様が逆輸入車として’10年ごろまで流通した。
そうした背景もあり、その性格を受け継ぐ初代のクロスカブが登場したのは’13年のこと。
同車は、中国生産となった先代スーパーカブエンジンを搭載し、豪州向け郵政仕様をベースに専用部品を加えて仕立てられた派生モデルだが、やはり旅好きのカブ乗りを中心に、根強く支持された。

この流れを汲み、新型カブをベースに刷新されたのが現在発売されているクロスカブシリーズで、大きな特徴は、新型カブ系エンジンでの走りの熟成と、先代よりも日本人に取り回しやすい方向での車体の見直しなどだ。
またもうひとつ新たなトピックが、50ccの投入だ。
こちらは110とは異なり、前後14インチの車輪を採用。以前のリトルカブ的な立ち位置のモデルと言え、110とはねらいやキャラクターが異なる。

●110のスタイルや雰囲気を継承しつつ、小径14インチタイヤ、薄めのシートで足着き性を重視したクロスカブ50。よりフレンドリーな性格として、以前のリトルカブ的なファンバイクをねらった仕様だ。シート高はSTD50とほぼ同じで、走行性も同様だが、小径タイヤでの軽快性、小回りの効きやすさなどが特徴。外観の可愛らしさも含め、若年層、エントリー層にも訴求できるモデルだ

そのため、ここでは110をクローズアップし、STDの110とどう違うのかを中心に紹介していくことにする。

●耐久性、整備性などを高めた新型エンジンを搭載し、最低地上高を上げた車体にアクティブなスタイルをまとったクロスカブ110。丸型LEDヘッドライトとそれを囲むガード、スリット入りマフラーガード、マットブラック塗装リムにセミブロックタイヤを採用し、新たにふたり乗り用のタンデムステップを標準装備。軽快な走破性をねらってレッグシールドが廃止されたが、STDカブのレッグシールド&センターカバーの2点セットは取付け互換性がある模様

クロスカブの脇に立つと、少し大柄なカブだなと感じさせるが、またがるとさらに差を感じる。
身長173㎝でも両足接地ではカカトがわずかに浮き、着座しての視点もSTDより高い。

●STDより視点の高い乗車姿勢。173㎝では両足接地でカカトが若干浮くものの不安感はないが、小柄な体格では少し持て余すかもしれない。腰高な着座位置ながら、ハンドル、シート、ステップの3点関係は自然

おそらくセロー250くらいの高さだろうが、視界がいい。
それもそのはずで、数値ではSTDの110より50㎜もシートが高いのだ。
そして、ハンドルは110㎜幅広く、約50㎜ほど高い。
その分厚みのあるシートでバランスを取っているため、手、尻、足の3点関係は違和感がないが、身長160㎝台やそれ以下のライダーにとっては、この高さがカブの取っ付きやすさを薄めることになるかも。

●シートはSTDより10㎜肉厚で、内部のウレタンはSTDと同様に長距離走行でも尻の痛くなりにくい材質を採用。またスタンディング走行も想定したニーグリップしやすい形状となっている

●STDより全幅で100㎜広く、高めのバーハンドルだが、先代比で幅は20㎜狭く、高さで37㎜低く、ライダー側に28.5㎜近くされ、より日本人向けに扱いやすい形状に見直された(絞り角は20→18°へと若干開いてオフイメージを強めた)。STDに対してこの幅広さと高さが、高速走行や不整地での安心感に利している

しかし、106㎏(STD比で+7㎏)の車重は大層な重さではなく、車体自体のスリムさは変わらないので、威圧感は少ない。
ただし、STDのカブが持つ親和性というか、小回り感は薄れ、旅に向くヘビーデューティ版カブという言葉が頭に浮かぶ。
ちなみにその辺でも、110と50のクロスカブではかなり印象を異ならせるのだ。

 

→次ページ:中高速域で顕になるクロスカブの良さ

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. TRIUMPHという価値「さらに進化した道を選ばぬ相棒(TIGE…
  2. 【NEW MODEL IMPRESSION】KTM 790 AD…
  3. 【NEW MODEL IMPRESSION】冒険心を満足させる2…
  4. 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その4】旅す…
  5. かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(後編)…
  6. 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その3】40…
  7. 街乗りラクラクなスーパーバイク!? Ninja ZX-10R S…
  8. 【NEW MODEL IMPRESSION】常勝フラットトラック…

おすすめ記事

【NEW MODEL】KAWASAKI Z900 陸上界のレジェンド ウサイン・ボルト氏がスマートモビリティ「BOLT」を提げて日本上陸!! 【速報】ホンダブースは新型車が目白押し かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(前編) 【NEW ITEMS】世界最小級ウインカー!? どんなバイクにも似合うNANOランプが来る!! 【モーサイチャンネル】ヤマハ ナイケンをドローンで空撮してみた
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP