新製品

職人が丹精に作り上げた、ペアスロープの大人なライディングジャケット

別格のセンスと作り込みで仕上げられた本当の「良い物」
RT-70HL フィールドコート

レザージャケットは高価だが上質で保護性能や防風性に優れる。
一方テキスタイルジャケットは質感ではレザーに劣るものの、着心地が軽く機能性も十分で、価格は手ごろ。
そんな両者の長所を併せ持つのが、ペアスロープの新作ジャケット、RT-70HLフィールドコートだ。

ペアスロープ

※パンツは「145 s ストレッチジーンズ」(1万6500円)、 グローブは「鹿屋島 ショート」(1万5400円)

従来のRTシリーズよりもやや丈が長いハーフコートスタイルとしたこのモデルは、表地に防水透湿性を持つフィルムをラミネートした合成繊維を用い、肘から手首の外側部分などにステア牛革を採用することでカジュアルさと高級感を両立。
裏地の胴体部分にはレザージャケットと同じ生地を、袖には滑らかなポリエステルを用い、ポケットやファスナー前のカバー部分の縁にレザー製のパイピングを施すなど、目の肥えたライダーをも満足させる上質で凝ったデザインを特徴としている。

●(上)襟の内側に採用したレザーは、耐久性向上と共に質感アップにも貢献。この襟は防寒性を高めるために閉じることも可能だ (下)比翼(ファスナー前のカバー部)やポケットのフラップの縁には、擦れに強い牛革製のパイピング処理を入れて高級感を演出

使い勝手にも注目したい。
両脇のポケットは上部とサイドからアクセスできる2気室構造を採用し、胸部のポケットは片手で素早く開閉できる面ファスナー式を採用。
フロントファスナーにはスムーズに動く金属調のナイロンタイプを採用するのも実用性を重視した結果だ。

ペアスロープ

●(上)両脇ポケットは上部だけでなくサイドにも斜めのファスナーが装備されており、ハンドウォーマーとして利用できる。このポケットは上と横が内部で分けられているため、上から入れたものを横から落とすことはない (下)左胸には内ポケットも装備する

同シリーズの中では長めの丈を持つこのデザインは、ライディング中はもちろん、バイクを降りても様になる。
まさに、作り、機能、デザイン全てに満足できる逸品だ。

●価格:5万2800円

●サイズ:M~3L

●カラー:オリーブ、ブラック

●RT-70HLの防寒性能を大幅に高めるのが、優れた保温性を持つ化学繊維の中綿と、透湿性を持つアルミ皮膜を組み合わせたサンステートライナー(9900円~1万5400円)だ。このアルミ皮膜は体温を反射するため熱が外に逃げず、薄手ながら高い保温性能を誇る

 

ペアスロープ・その他の注目ウェア

ベンチレーションにより長く使える
DMF-25SA ライディングショートコート

ペアスロープ

価格●3万9600円

耐水性を持つ生地を使い、裏面には防風防水コートも施されたショート丈モデル。
腕と腰に計6か所のベンチレーションを備え、オプションの防寒サンステートライナー(ハーフ型)も装着可能とすることで真夏や厳冬期を除く季節に対応させている。

 

CONTACT

問い合わせ先ペアスロープ
URLhttp://www.pair-slope.co.jp
アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

意外な企業がつながっていた!? クルマと同名のバイク【カワサキ-いすゞ編】 ライダーにもおなじみのイエローに彩られたダンロップブースの美女たち【東京オートサロン2020】 【NEW MODEL】HONDA PCX/150/〈ABS〉 【NEW MODEL】HONDA CB125R 【’80sバイク熱狂時代】NSR史上最高馬力! ライバルメーカーが恐れた1988年式NSR250Rとはどんなバイクか?(後編) 「日本郵便Honda Dream TP」の2020年全日本ロードレース選手権参戦体制が発表!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. XR750 ハーレー
  1. XR750 ハーレー
  2. ジクサーSF250
PAGE TOP