新製品

ゴアテックスを使い分け驚きの快適性を実現したゴールドウインのカジュアルジャケット!

※左が「GWM ゴアテックス マルチクルーザージャケット」、右が「GWM ゴアテックス インフィニアム フーデッドジャケット」

 

2種類の「ゴアテックス」をコンセプトに合わせ使い分ける

ゴールドウインは機能性にこだわるメーカーである。
それは、ゴアテックスという世界最高水準の防水透湿・防風マテリアルを積極的に採用することからも見て取れる。

そのゴアテックスシリーズに、防水性を持たない代わりに優れた防風性と透湿性を有し、しなやかな風合いにより着心地に優れる新素材が登場。
それが、高い保温力を持つデックスフィルの中わたや着脱可能なファーを持つGWMゴアテックス インフィニアム フーデッドジャケットに採用された「ゴアテックス インフィニアム」だ。
雨の多い日本では防水性が必須というのがこれまでの考え方だが、雨でない日は着心地がいい方が快適である。
つまりこのジャケットは、これまでなかった快適性特化型ウエアと言えるだろう。

ゴアテックス

●ゴアテックス インフィニアムは、ライディングウエアには不可欠な防風・保温・透湿性を極めた新素材で、従来のゴアテックスよりも着心地を高められる。小雨程度なら対応可能な撥水性を持つが防水性はないため、本格的な雨の日はレインウエアを併用しよう

もちろん、防水性を持つモデルも用意されているので安心してほしい。
例えば、冬は別売りの防寒ミドルウエアなどを組み合わせて使うとベストなオールシーズンモデル、GWMゴアテックス マルチクルーザージャケットは、防水性に優れる従来タイプのゴアテックスを採用することで1年をとおして天候を気にせず使うことができる。

コストの高い素材でも、用途に最適なマテリアルを使うのがゴールドウインの考え方。
その最新ラインアップなら、あなたに最も適した1着が見つかることだろう。

GSM22901 GWM ゴアテックス マルチクルーザージャケット

●価格:6万5780円

●サイズ:M、L、XL、OL、BL

●カラー:ブラック、グレー、ダークオリーブ

●GWMゴアテックス マルチクルーザージャケットと組み合わせるのに最適なのがプリマロフトインナージャケット(2万1780円)だ。生地には防風性を持つパーテックス、中わたは高い保温性能を有すプリマロフトを採用する

GSM22952 GWM ゴアテックス インフィニアム フーデッドジャケット

●価格:6万5780円

●サイズ:M、L、XL、OL、BL

●カラー:オリーブドラブ、ベージュ、ブラック

 

ゴールドウイン・その他の注目ジャケット

最上級の防水透湿素材を採用
GSM22900 GWM ゴアテックス マルチフーデッドジャケット

ゴールドウイン

価格●6万5780円

初期耐水圧4万5000㎜以上、透湿性も1万3500g/㎡・24hという高い性能を誇るゴアテックスを使った、しなやかな着心地のパーカモデル。
フロントファスナーの前には折り返し付きの二重カバーを備え、肩と肘、背中、胸にはプロテクターも装備する。

 

CONTACT

問い合わせ先ゴールドウイン
URLhttps://www.goldwin.co.jp/motorcycle
アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

「砂漠に強いホンダが帰って来た!」 31年ぶり、ダカールラリー悲願の総合優勝達成 連綿と受け継がれてきたホンダ“空冷CBマシン”ヒストリー 【遙かなるグランプリへ5】世界は知っていた…スクランブルレースから始まるヤマハ・GP史(前編) クルマの免許で乗れるバイク「こんなにあるの!?」 ギヤ付きモデルに海外ブランドまで18選 【NEWS】カワサキZの登竜門 Z250/400スペシャルクレジットキャンペーン実施 【NEWS】国道に面していてICからも超近い! 「トライアンフ群馬」が7月6日にグランド・オープン!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP