ニューモデル

新色「シアン」を採用 ヤマハ・「YZF-R3 ABS」「YZF-R25 ABS」の2021年モデルが登場

ヤマハ発動機は、YZF-R3 ABSおよびYZF-R25 ABSの2021年モデルを発表。2021年1月15日(金)より発売する。

ヤマハ・YZF-R3 ABSおよびYZF-R25 ABSは「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトとする、水冷4サイクル直列2気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデル。
高い走行性能だけでなく、日常での使い勝手の良さも備えたモデルで、10代〜20代の若者を中心に高い人気を誇っている。

2021年モデルではカラーリングの変更が行われた。
新色のシアンは、近年スポーツアイテムとしてトレンドとなっているカラー。そしてホイールやグラフィックに目を引くバーミリオンを採用することで、新しいスポーツカジュアルを提案するモデルとなっている。

そのほか、ブラックモデルも従来のマットブラックからより濃色のマットダークグレーメタリックに変更。スポーティなイメージはそのままに、より質感の高い印象を受ける仕様となった。
なお、従来よりラインアップされているブルーはそのまま継続販売となる。

価格はYZF-R3 ABSが68万7500円、YZF-R25 ABSが65万4500円(ともに税込)。国内の年間販売台数は3700台を予定している。

問い合わせ

カスタマーコミュニケーションセンター

フリーダイヤル:0120-090-819

おすすめ記事

普通二輪免許でも輸入車に乗れる! 日本の道に最適な小排気量輸入車10選 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第44話:傾くのが得意!! 3輪スクータートリシティ125君【隔週連載】 【オススメ度NO.1アイテム特集!】頑強ボディをRAMマウント! 調整自在のダブルテイクミラー
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄 第49回 東京モーターサイクルショー

ピックアップ記事

PAGE TOP