ニューモデル

アプリリア トゥオーノV4 1100ファクトリーの2020年モデルが4月出荷開始「MotoGPマシンイメージのカラーリングに」

ピアッジオグループジャパンは、スーパースポーツ「RSV4」をベースとするネイキッドモデル、トゥオーノV4 1100ファクトリーの2020年モデルを発表。4月上旬から出荷する。

2019年のモデルチェンジでセミアクティブサスペンション(電子制御サスペンション)を搭載したトゥオーノV4 1100ファクトリーの2020年モデルは、一部にカーボンファイバー製の外装を用い、アプリリアのMotoGPマシン、RS-GPのようなアグレッシブなグラフィックも採用した。

オーリンズと共同でセッティングしたセミアクティブサスペンションの他、トラクションコントロール、ウイリーコントロール、ローンチコントロール、クイックシフター、ピットリミッター、クルーズコントロールも搭載。さらに、ボッシュ製マルチマップコーナリングABS、スポーツ/トラック/レースの3つのエンジンマップを搭載する。

価格は209万円となっている。

アプリリア RSV4 1100ファクトリー主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストロークV型4気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:71.0×52.3mm 総排気量:1077cc 最高出力:129kW〈175ps〉/11000rpm 最大トルク:121Nm<12.3kgm>/91000rpm 燃料タンク容量:18.5L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】
全長:2070 全幅:── 全高:── ホイールベース:1450 シート高:825(各㎜) 車両重量:209kg タイヤサイズ:Ⓕ120/70ZR17 Ⓡ200/55ZR17

CONTACT

問い合わせ先ピアッジオコール
電話番号03-3453-3903
URLhttps://aprilia-japan.com

おすすめ記事

ゴールドウイング ゴールドウイングツアー フラッグシップツアラー、ゴールドウイングが商品力をアップ 山岳路と新しい感動に出会う旅〜信州ツーリングレポ 飯田・高遠・佐久 Part1〜 関東エリアをはじめ、中部エリアからの旅にも絶好の道の駅を紹介!〜伊豆編〜 新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (前編) 【最新ウエアカタログ】高性能と高機能を凝縮したウエア GOLDWIN・ゴアテックスマルチクルーザージャケット 【RACE】全日本ロードレース選手権に対する ホンダの熱い思いが語られる
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ストリートトリプルS トライアンフ
  1. ストリートトリプルS トライアンフ
PAGE TOP