ニューモデル

電子制御サスペンションを新採用 アプリリア新型RSV4 1100ファクトリー、4月上旬出荷開始

ピアッジオグループジャパンは、アプリリアのフラッグシップモデル、RSV4 1100ファクトリーの2020年モデルを発表。4月上旬より出荷される。

2020年モデルのRSV4 1100ファクトリーは、オーリンズと共同開発したセミアクティブサスペンション(電子制御サスペンション)、Smart EC 2.0を搭載。同車専用の調整を加えることでサーキットでのフィーリング&パフォーマンスアップを実現。同じオーリンズの機械式サスペンションに対し、ラップタイムが平均0.5秒短縮したという。また、サーキット性能の向上のみならず、公道での快適性も両立している。
セミアクティブモードの介入度は3段階に調整可能なほか、ユーザーの好みでセッティングできるマニュアルモードも選択可能。いずれのモードも、ショックアブソーバーとフロントフォークに加えて、ステアリングダンパーも電子制御される。

このほかにも、クイックシフター、トラクションコントロール、ウイリーコントロール、ローンチコントロール、クルーズコントロール、ピットリミッターも装備。出力特性はスポーツ、トラック、レースの3つに変更可能で、ボッシュと共同開発したマルチマップコーナリングABSも搭載するなど、フラッグシップにふさわしい装備内容となっている。

カラーは、マットブラックをベースにトリコロールグラフィックを配した新色で、アプリリアのMotoGPマシン「RS-GP」のようなグラフィックを採用。価格は297万円となっている。

アプリリアRSV4 1100ファクトリー主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストロークV型4気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:71.0×52.3mm 総排気量:1077cc 最高出力:159.6kW<217ps>/13200rpm 最大トルク:122Nm<12.4kgm>/11000rpm 燃料タンク容量:18.5L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】
全長:2052 全幅:── 全高:── ホイールベース:1439 シート高:851(各㎜) 車両重量:199kg タイヤサイズ:Ⓕ120/70ZR17 Ⓡ200/55ZR17

CONTACT

問い合わせ先ピアッジオコール
電話番号03-3453-3903
URLhttps://aprilia-japan.com

おすすめ記事

KTMジャパンがフリーライド250Fの2020年モデルを発表 なにを鳴らしてみる? 置いたものをスピーカーに変えるアイテムが登場! 【’80sバイク熱狂時代】長い歴史を持つ各メーカー代表モデルを振り返る 【EVENT】あなたもととのっちゃう!? バイク×サウナ×終電ちゃんのコラボイベント実施 レブル250をロングツーリング専用マシンに! キジマのオリジナルカスタム「トランスコンチネンタルスタイル」 【変幻自在の派生カブ:1】カブにスポーツ性をプラス! スポーツカブって一体全体どんなマシン?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP