新車

11月1日から発売中!! カワサキ Z650RS新カラー「メタリックムーンダストグレー×エボニー」

カワサキのZ650RSは、軽快さとカジュアルなスタイリングを実現させたレトロスポーツとして人気のモデル。11月1日より、こちらに新たなカラー「メタリックムーンダストグレー×エボニー」が追加された。また従来の「キャンディエメラルドグリーン」は継続されて販売される。

数あるネイキッドモデルの中でも、ひときわカジュアルでレトロな雰囲気に満ちたZ650RSは、スリムなタンクや短くコンパクトなテールを採用したことで軽快感あふれるビジュアル、乗り味を提供。また、低速での優れたトルクを発揮する649cc並列2気筒エンジンを軽量でコンパクトなシャシーに搭載し、扱いやすさだけでなく良好な足つき性や、素直なハンドリングを実現。

さらに、レトロな砲弾型メーターケースや、丸型LEDヘッドライトのレトロ感覚あふれるスタイリングで、スタイリッシュにバイクを楽しみたいユーザーにはベストマッチな1台となっている。

新たなカラー「メタリックムーンダストグレー×エボニー」は、ダークな雰囲気と硬質感でクラスを越えた高級感やバイク本来のメカニカル感を増幅させるかのようなニュアンス。また、リムがゴールドにペイントされる「キャンディエメラルドグリーン」は継続されたカラーで、Z650RSのカジュアルなテイストにマッチしたもの。

カワサキ Z650RS新カラー「メタリックムーンダストグレー×エボニー」。
カワサキ Z650RS「キャンディエメラルドグリーン」。

カワサキ Z650RS主要諸元

種類:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ
ボア×ストローク:83.0mm×60.0mm 総排気量:649cc 最高出力:50kW<68ps>/8000rpm 最大トルク:63Nm<6.4kgm>/6700rpm 変速機:6段リターン WMTCモード燃費:23.0km/L

[寸法・重量]
全長:2065 全幅:800 全高:1115 ホイールベース:1405 シート高:800(各mm) 車両重量:188kg タイヤサイズ:F120/70ZR17 R160/60ZR17 燃料タンク容量:12L

[価格]
103万4000円

まとめ●石橋 寛 写真●カワサキ 

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

“スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!? “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!? 床を変えればこんなに映える! テックタイルを編集部のガレージで試してみた! VZラムに中須賀選手のレプリカモデルが登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP