新車

入手困難の悲鳴続出!Z900RS、Z900、Z650RS「Z50周年モデルはまだ買えるのか?」

Z900RS Z900 カワサキ 50周年

3モデル用意されたカワサキ「Z 50th Anniversary」

カワサキが世界に誇る名車「Z1」(正式名称は900スーパー4)。
1972年の同車登場から50周年となるのを記念し、2022年モデルのZ900RS、Z900、そしてニューモデルのZ650RSに「Z 50th Anniversary」が用意されている。

ネット上では「もう売り切れたらしい」「発売のニュースを聞いてすぐお店に行ったのに買えなかった」などの悲鳴が続出しているが、実際購入できる可能性はまだあるのか、編集部が2月中旬時点で独自に調査した結果をお伝えしたい。

Z900RS Z 50th Anniversary「正直かなり厳しいが、可能性0%ではない」

カワサキ Z900RS Z 50th Anniversary。2022年2月1日発売で、価格は149万6000円。エンジンは948ccの並列4気筒で111馬力。性能面はスタンダードモデルと同様。

初期のZ1の車体色「ファイヤーボール」をイメージした車体色(キャンディカラーを独自の技法で重ね塗りをした専用塗装)に、Z50周年ロゴ、専用エンブレム、専用シート、グラブバーが装備されるZ900RS Z 50th Anniversary。

現在販売店に入荷済み、及び入荷予定のものはほぼお客がついているようで、入手困難なのは間違いないようだ。が、「Z 50th Anniversary」シリーズは台数限定モデルではない。どのくらいの量があるかは不明だが「新規入荷分」もあると思われ、購入のチャンスはゼロではないだろう。

サイドカバーには往年のZ1を思わせる「900 DOUBLE OVERHEAD CAMSHAFT」のエンブレムが装着される。
タンク上面には「Z 50th」のロゴが。
メッキ仕上げのグラブバーを標準装備(純正オプションでスタンダードモデルにも装着可能なもの)シート表皮もシボの入った専用のものとなる。

Z650RS Z 50th Anniversary「発売は4月なので流動性あり、Z900RSより希望があるか」

カワサキ Z650 Z 50th Anniversary。2022年4月28日発売で、価格は121万円。エンジンは649ccの並列2気筒で68馬力、性能面はスタンダードモデルと同様。

往年のZ650のイメージを継承し、2022年に初登場となるZ650RS。発売は4月28日で、スタンダードモデルと同時に「Z 50th Anniversary」もラインアップされる。
Z900RS Z 50th Anniversary同様に、Z1の「ファイヤーボール」イメージの専用塗装、Z50周年ロゴ、専用エンブレム、専用シート、グラブバーが装備されるZ650 Z 50th Anniversaryも既にかなり多くの問い合わせや商談が入っている模様だ。

その数からすると、かなり入手困難となりそうな見通しのようだが、実際の発売日は4月下旬とまだ先。現在商談中であっても、キャンセル等が発生する可能性もある。Z900RS Z 50th Anniversary同様にかなり厳しいものの、購入できるチャンスはゼロではない。

Z900RS Z 50th Anniversary同様、キャンディカラーを重ね塗りして仕上げられた「ファイヤーボール」イメージのタンク。
タンク上面には「Z 50th」のロゴがあしらわれる。
Z900RS同様、 サイドカバーにはZ1風にアレンジした「650 DOUBLE OVERHEAD CAMSHAFT」のエンブレムが装着される。
シート表皮はシボの入った専用のものとなり、メッキ仕上げのグラブバーも標準装備となる(純正オプションでスタンダードモデルにも装着可能)。

Z900 Z 50th Anniversary「極度な品薄ではなく、店舗によっては普通に買えそう」

カワサキ Z900 Z 50th Anniversary。2022年2月1日発売で、価格は121万円。エンジンは948ccの並列4気筒で125馬力。

Z900RSのベースとなったストリートファイター的スポーツネイキッド、Z900にもZ 50th Anniversaryが用意されているが、こちらは店舗によっては割と普通に購入できる模様だ。
日本でネイキッドといえば丸目1灯ヘッドライトが人気の定番。そしてZ50周年記念と言いつつも、Z1イメージではなく80年代のZ1100GP、Z750GP、Z400GPなどに採用された「ファイヤークラッカーレッド」を再現した車体色など、通好みの内容なのがその背景か。

ホイールもZ750GP、Z400GP同様にレッド×シルバーとしている点や、それでいて過去のオマージュだけでなく、現代的なスポーツモデルらしくフロントフォークをゴールドにしている点など、編集部としては新旧の要素を上手くマッチしたデザインだと思うのだが……。

サイドカウルの「Z」のロゴはゴールドのエンブレムとなるほか(通常モデルはステッカー)、「Z 50th Anniversary 1972-2022」のレタリングも入る。
アウターチューブをゴールドとしたフロントフォークに、レッド×シルバーのホイールを組み合わせる。
フロントフェンダー先端にも「Z50th」のロゴが入る。

限定モデルではないが、急な増産は期待しづらい

読者の中には「これほど品薄ならもっと沢山作ってもっと売れば、ユーザーも嬉しいし、メーカーもお店も儲かるのでは?」と思う人もいるかもしれない。が、様々なところで報じられているよう、世界的な半導体不足、新型コロナウイルスの影響による物流の混乱などで、急な需要増に対応して生産量を増やすということができない現状がある(これはバイクに限った話ではないが)。

Z900RSとZ650RSの「Z 50th Anniversary」がどうしても欲しいという人は、根気よく探す、問い合わせを続けるか、中古車として流通するのを待つしかないだろう。
ただし新車自体が品薄傾向となっている昨今、この手の特別仕様車が中古車となった場合、新車以上の値付けとなることもある。それでも構わないという人もいるだろうが、スタンダードモデルでも性能面は変わらない以上「乗る楽しさ」は変わらない。
往年のZイメージのカラーはスタンダードモデルにも用意されているので、少し落ち着いて購入候補を考えてみてもいいかもしれない。

2022年モデル・Z900RSのスタンダードカラーのひとつ「キャンディトーンブルー」。通称「青玉虫」と呼ばれるZ1のカラーリングをオマージュしたもの。
Z650RS カワサキ
Z650RSのスタンダードカラーのひとつ「キャンディエメラルドグリーン」。1976年登場時のZ650に設定されたグリーンをオマージュしたもの。

まとめ●モーサイ編集部 写真●小見哲彦/カワサキ

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

 

https://www.kawasaki-motors.com/mc/

おすすめ記事

PCX 4代目 160 新型=4代目ホンダ PCX「開発者インタビュー&新旧モデル徹底比較」〜車体編〜 【バイク保管パーフェクトツール】重量車でも楽々移動可能! バイクリフターⓇ 「ハザードランプ」クルマには絶対あるのにバイクでは義務化されていない!?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP