新車

【スズキ GSX-S1000GT足着きレポート&実車解説】日本仕様は159万5000円で2月17日発売

GSX-S1000GT スズキ

スズキ GSX-S1000GTはツアラー路線にキャラクターチェンジ!

海外で先行発表されていたツアラーモデル、スズキ GSX-S1000GTがついに日本でも発売となりました。価格は159万5000円、同じく1000ccクラスのツアラーで3月発売のニューモデル・ホンダ NT1100を約10万円下回ってきましたね──。
では、そんなGSX-S1000GTがどのようなバイクか、日本仕様ならではの装備も含め解説していきます。

そもそもGSX-S1000シリーズは名車と名高いスーパースポーツGSX-R1000(K5)ベースのエンジンを搭載するロードスポーツモデルで、2015年にデビュー。ネイキッドのGSX-S1000と、フルカウルのGSX-S1000Fがラインアップされてきました。
ネイキッドのGSX-S1000は2021年型でモデルチェンジ。デザインを大胆に刷新し走行性能も高められたのですが、フルカウル版はこの度2022年型でモデルチェンジ、車名も一新されGSX-S1000GTとなりました。

GSX-S1000F スズキ
GSX-S1000GTの先代にあたるフルカウルモデル「GSX-S1000F」。

車名の「GT」の文字からも察せられるように、タンデムや積載にも対応しつつ、長距離ツーリングを楽しめるスポーツツアラーという立ち位置。先代にあたるGSX-S1000Fからはかなりキャラクターが変わっています。
GSX-S1000Fが流線型の滑らかなカウル形状だったのに対し、鋭角的なフロントカウル、ウイング状のサイドカウルなど最新スーパースポーツのようなデザインに。これは目新しさだけを狙ったものではなく、入念な風洞実験や解析に基づき、頭頂部、肩、ヒザに当たる風の軽減を追求した結果でもあるのです。

ヘッドライトはコンパクトなLED。ロービーム時には左側のみ点灯、ハイビーム時には両点灯となる。中央のV字状LEDはポジションランプ。
カウルだけでなく「裏方的パーツ」でも空気の流れをコントロール。ステアリングステム下に整流板を設け、メーターへの巻き込み風を防ぐと同時にハンドリングの安定性も高めている。
一見シンプルなスクリーンだが、左右端の「折り込みの角度」に秘密あり。この部分によって、頭部だけでなく、肩周りに当たる風を逃しているのだ。

ボディカラーは3色のラインアップ

車体色は3色の設定で、MotoGPマシンやスーパースポーツでおなじみのトリトンブルーメタリック、GSX-S1000GT用に開発されたリフレクティブブルーメタリック、フレームやエンジンなど機能パーツとの一体感があるグラススパークルブラックとなります。

トリトンブルーメタリック(中央)、リフレクティブブルーメタリック(左)、グラススパークルブラック(右)。

スズキ GSX-S1000GT専用の車体作り「ツアラーらしい走りと、タンデムや積載に配慮」

さてカウルの中身はというと、アルミツインスパーフレームは従来型から継承したものですが(ネイキッドのGSX-S1000現行型とも同様)、GSX-S1000GTはパニアケース取り付けステーの配備やタンデム性能を考えシートレールは専用設計ものとなっています。
このタンデム性能という部分、具体的に言うと乗り降りがしやすいようシート位置を低くしつつ、それでいてシートの厚みは確保し快適性を高める──というのがその狙いです。

前後サスペンションは専用セッティングとなっているほか、純正タイヤのダンロップ・ロードスポーツ2もGSX-S1000GT用としてチューニング。ツアラーらしい走りを実現するため、足まわりも専用となっているのです。

メインフレームはネイキッドのGSX-S1000と共用だがシートレールを専用に開発。アルミ製スイングアームは従来型GSX-S1000シリーズから継承されたものだが、実はコレ、過去のGSX-R1000に採用されたものと同様。
インナーチューブ径43mmの倒立フォークはKYB製でフルアジャスタブル。伸び側/圧側のダンピング、プリロードの調整が可能。フロントブレーキは310mmダブルディスク&ブレンボ製ラジアルマウントモノブロックキャリパーの組み合わせ。
リヤサスペンションはリンク式のモノショックで、プログレッシブな特性が与えられている。伸び側ダンピング、プリロードの調整が可能。

スズキ GSX-S1000GTは足着き良好!前傾もキツくない

ハンドルやシートなどライダーが触れる部分も、現行型GSX-S1000や従来型GSX-S1000Fから多く変更が行われています。

従来型GSX-S1000/GSX-S1000Fのシートは共通でしたが、シートレールが専用設計となったことからも想像できるように、GSX-S1000GTは長時間乗車時の快適性を重視した専用のシートとなっています。
前席、後席とも十分な厚みを持たせ、滑りにくい表皮を採用。シート高はGSX-S1000と同様で810mmとなっています。

またハンドルをGSX-S1000より14mmライダー側に近付け、前傾はやや緩めに。そして、ハンドルトップブリッジとブラケットをラバーマウントとし振動を抑制。いずれも長距離ツーリングでの疲労軽減を狙った変更です。

身長172cmのライダーがまたがった場合では、両足の足着きで足の裏全面が接地。足も伸び切らず、ヒザが少し曲がるくらいの余裕もありました。シート左右がスリムに仕上げられているのが、良好な足着き性に貢献しているようです。
ライディングポジションは「上体は軽く前傾はするもキツい感じではなく、適度なゆとりはあるので、高速クルージングなどが快適にこなせそうな姿勢」と、またがったライダーのコメント。

前席、後席とも長時間走行を想定し快適性が追求されたシート。グラブバーもしっかりとした形状となっている。
振動抑制のためハンドルをラバーマウント化。同系エンジン、同系車体のKATANAにも同様の改良が行われている。

エンジンは2馬力アップ&クルーズコントロールも搭載

そういった快適性にこだわった車体ももちろん重要な要素ですが、GTを名乗るツアラーといったら余裕で高速巡航をこなす動力性能も必要ですよね。
998ccの並列4気筒エンジンは現行型GSX-S1000同様に電子制御スロットルや新設計エキゾーストシステムの採用、エアクリーナーボックスやカムプロフィールの変更などが行われ、最高出力は従来型GSX-S1000F:148ps/1万rpmから2psアップの150ps/1万1000rpmに。

最大トルクは従来型10.9kgm/9500rpm→新型10.7kgm/9250rpmと数値こそわずかに低くなっていますが、出力特性を滑らかにすることで扱いやすさが高められているほか、最大トルク発生回転数は250rpm下に、最高出力発生回転数が1000rpm上になっているので「使える領域」が拡大していると言えます。

アシスト&スリッパークラッチ、出力特性を3種に切り替えられるライディングモード、アップ・ダウン両対応のクイックシフターの新採用やトラクションコントロールの精密化はネイキッドのGSX-S1000がモデルチェンジした際の内容と同様ですが、GSX-S1000GTならではの装備としてクルーズコントロール(2速以上で30km/h〜から設定可能)がついています。

GSX-S1000GTの998ccDOHC4バルブ水冷並列4気筒エンジン。ボア・ストロークは73.4mm×59.0mmで、GSX-R1000(K5)から不変。
クルーズコントロールの速度調整は左スイッチボックスで操作。

クルーズコントロールのオンオフは右スイッチボックスで操作。

フルカラー液晶メーターはスマホ連携可能、ETC2.0車載器は標準装備

こうしたハード面を丁寧にブラッシュアップしていくのはスズキらしいとも言えますが、GSX-S1000GTではソフト面にも注目です。
6.5インチのフルカラー液晶はスマホ連携機能があり、専用アプリ用「SUZUKI mySPIN」(iOS、Android共に用意)を介せば電話、音楽、カレンダー機能などのほか簡易ナビにもなる地図機能を使用可能。またサードパーティ性アプリとも連携できる拡張性も備えていて、詳細なナビ機能が使えるようになるほか、「天気」や「ラジオ」などの機能も予定されているといいます。

そして日本仕様はETC2.0車載器をシート下に標準装備。納車されたその日からロングツーリングにでかけることも可能です! ただしオーナーズマニュアルにもありますが、新車から1000kmは「慣らし運転」を心がけましょうね。

走行に必要な情報を表示したスタンダードな状態。左に回転計、中央に速度計、右に走行モードや電子制御の作動状況を表示。
メーターとスマホを連携されるアプリ「SUZUKI mySPIN」には連絡先、カレンダー、マップ、音楽、電話の5機能が標準搭載されている。
「マップ」で地図を表示させた状態。左ハンドルスイッチでズームイン、ズームアウトの操作ができ、簡易的なルート情報も表示できる(詳細なナビ機能は別途アプリが必要)。
シート下にETC2.0を標準装備。

スズキ GSX-S1000GT主要諸元

[エンジン・性能]種類:水冷4サイクル並列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:73.4mm×59.0mm 総排気量:999cc 最高出力:110kW<150ps>/1万1000rpm 最大トルク:105Nm<10.7kgm>/9250rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2140 全幅:825 全高:1215 ホイールベース:1460 シート高:810(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R190/50ZR17 車両重量:226kg 燃料タンク容量:19L
[価格]
159万5000円

スズキ GSX-S1000GT(トリトンブルーメタリック・純正アクセサリーのパニアケース装着車)
スズキ GSX-S1000GT(トリトンブルーメタリック・純正アクセサリーのパニアケース装着車)

純正のパニアケースはフルフェイスヘルメット1個を収められるほど十分な容量を確保。メインキーで開閉・脱着可能なのも便利!
ケース自体は9万9000円で車体色同様のパネルは別売りで4400円。装着には1万3200円のブラケットが必要となります。

まとめ●上野茂岐 写真●岡 拓/スズキ

CONTACT

GSX-S1000GT商品紹介ページ

 

GSX-S1000GT特設ページ

 

スズキお客様相談室 TEL:0120-402-253

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

ダックス125 ホンダ ホンダ ダックス125は44万円で7月発売決定【実車足着きレポート&詳細解説!】 スズキの新型ミドルネイキッド、GSX-8Sが鮮烈デビュー! タイではレンタルバイクが750円から!「ただし、ローカルルールにはご注意を」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP