ニューモデル

【ホンダ レブル1100徹底解説】アフリカツイン譲りの1100cc2気筒エンジン搭載、21年春に110万円〜で発売

レブル1100の実用装備:グリップヒーターとETCは標準装備

レブル250/500によく似た燃料タンクですが、レブル1100のタンク容量は2L多い13L。
グリップヒーターとETC2.0車載器が標準装備されるほか、シート下には3L容量の収納スペースがあり、そこにはUSB Type-Cソケットが設けられています。

なお、欧州版CMX 1100レブルには、大型ヘッドライトカウル、メーターバイザー、サイドバッグ、リヤキャリヤ、ステッチ入りシート、シッシーバーなど、多数の純正アクセサリーも同時公開。
日本での発売も期待されるほか、「レブル250 Sパッケージ」のようなパッケージモデルの登場もあるかもしれませんね。

欧州版「CMX 1100レブル」の純正アクセサリー

欧州版「CMX 1100レブル」の純正アクセサリー装着車の例。
欧州版「CMX 1100レブル」の純正アクセサリー装着車の例。
欧州版「CMX 1100レブル」用純正アクセサリーのヘッドライトカウル。
欧州版「CMX 1100レブル」用純正アクセサリーのメーターバイザー。
欧州版「CMX 1100レブル」用純正アクセサリーのリヤキャリヤ。
欧州版「CMX 1100レブル」用純正アクセサリーのステッチ入りブラウンシート。
欧州版「CMX 1100レブル」用純正アクセサリーのステッチ入りブラックシート。
欧州版「CMX 1100レブル」用純正アクセサリーのシッシーバー&バックレスト。

レブル250のアクセサリー装着車「レブル250 S パッケージ」

レブル250 Sパッケージ。

レブル1100の仮想ライバルは?

排気量や価格、装備を考えると、クルーザーモデルのヤマハ ボルトRスペックABSかハーレーダビッドソン スポーツスター・アイアン1200がライバルとなりそうですが……。

ヤマハ ボルトRスペックABS。シート高は690mmで、レブル1100に近い数値です。

ヤマハ ボルトRスペックABSは941ccの空冷V型2気筒OHC4バルブエンジンを搭載したモデルで、スタンダードのボルトに対し、リザーバータンク付きリヤサスペンションや切削加工を施したキャストホイールを装備した上級モデル。

価格は102万5200円で、リザーバータンク付きリヤサスペンション・シンプルな丸型液晶メーター・コンパクトな13L燃料タンクを備える点はレブル1100と似ていますが、最高出力は54馬力/5500回転、最大トルク8.2kgm/3000回転で、レブル1100に比べるとゆったり走ることを重視したモデルと言えます。

ハーレーダビッドソン スポーツスター・アイアン1200。シート高は735mmで、レブル1100より少々高い数値です。

そして、ハーレーダビッドソン スポーツスタ・アイアン1200は1202ccの空冷V型2気筒OHV2バルブエンジンを搭載したモデルで、エンジンやサスペンションはメッキではなくつや消しブラック仕上げとなっていて、「ダークな雰囲気のカスタムテイスト」が特徴。

価格は139万4800円〜(車体色によって異なります)と、レブル1100に比べ少々高いですが、メーターバイザーは標準装備となります。日本仕様の最高出力は非公表ですが最大トルクは9.8kgm/3500回転、また「ミニエイプハンドルバー」と呼ばれるかなりアップタイプのハンドルを備えており、こちらもレブル1100に比べるとゆったり走るのが得意なモデルですね。

一方、ここまで見てきたように、ライディングモードを組み合わせたアフリカツイン譲りの高出力なエンジンを搭載するレブル1100は、上記2モデルに比べるとスポーティなキャラクター。
エンジンも上記2モデルがクルーザーの定番とも言えるVツインなのに対し、レブル1100は並列2気筒と独自路線です。
同排気量・同価格帯においては「直接のライバルは不在」と言えるかもしれません。

ホンダ レブル1100主要諸元

*【】内はデュアルクラッチトランスミッション

[エンジン・性能]
種類:水冷4サイクル並列2気筒OHC4バルブ ボア・ストローク:92.0mm×81.4mm 総排気量:1082cc 最高出力:64kW<87ps>/7000rpm 最大トルク:98Nm<10.0kgm>/4750rpm 変速機:6段リターン【電子式6段】
[寸法・重量]
全長:2240 全幅:850【830】 全高:1135 ホイールベース:1520 シート高700(各mm) タイヤサイズ:F130/70-18 R180/65-16 車両重量:223kg【233kg】 燃料タンク容量:13L
[車体色]
ガンメタルブラックメタリック、ボルドーレッドメタリック
[価格]
110万円【121万円】

レブル1100デュアルクラッチトランスミッション(ガンメタルブラックメタリック)。
レブル1100(ボルドーレッドメタリック)。

まとめ●上野茂岐 写真●ホンダ/ヤマハ/ハーレーダビッドソン

1

2

CONTACT

ホンダお客様相談センター:TEL0120-086819

https://www.honda.co.jp/Rebel1100/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

【モーサイチャンネル】RZ250R改 RZ500Rエンジン始動 どう見ても「赤いきつねと緑のたぬき」な道路標識を北海道の高速道路で発見!! 有名カップ麺との関係は……? トンネル内の路面はなぜ素材が違う?アスファルトとコンクリートを使い分ける理由はふたつ
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP