新車

【超貴重車!】ドゥカティ・スーパーレッジェーラV4試乗 限定500台、約1200万円、224馬力の公道を走れるレーシングマシン

スーパーレッジェーラV4

2020年モデルとして発売された、パニガーレV4系モデルの最上位モデル・スーパーレッジェーラV4。
世界限定500台生産の超貴重なマシンを、レーシングライダーでもあるイギリス人ジャーナリストのアダム・チャイルド氏がドゥカティのお膝元、イタリア・ムジェロサーキットで全開テスト!

超軽量の名を持つスーパーレッジェーラV4とはどのようなマシンなのか?

ドゥカティのMotoGPマシンを上回るダウンフォースを生み出す「バイプレーンウイング」を備え、スーパーバイク世界選手権に参戦するファクトリーチームのパニガーレV4Rよりも軽量。レース用エキゾーストに換装すれば、998ccのV4エンジンは234馬力を叩き出す。
にもかかわらず、お店で買えて、家まで乗って帰ることができる。それがドゥカティ・スーパーレッジェーラV4というバイクである。
生産台数は世界限定500台となるが、世界最高の市販バイクと言っても過言ではない。

ドゥカティ・スーパーレッジェーラV4。V4エンジンを搭載したドゥカティのスーパーバイク・パニガーレV4シリーズの最高峰モデルといえる存在だ。

まずは驚愕の事実を紹介しよう。
価格は10万ユーロ(編集部註:日本国内では1195万円の価格設定。なお既に完売)である。
レーシングマシンではなく、ヘッドライトやミラーが装備され、公道を走れるバイクである。ショッピングに行くことも可能だ。
乾燥重量は159kgで、ベースとなるスタンダードのパニガーレV4と比較して16kgも軽い。

最高出力は通常224馬力で、付属のレース用エキゾーストを装着した場合は234馬力となり、この数値はスーパーバイク世界選手権に参戦するファクトリーチームのパニガーレV4Rより「たった」10馬力低いだけ。にもかかわらず、メンテナンスサイクルは普通に7500マイル毎(1万2000km毎)である。
巨大なバイプレーンウイングが生み出すダウンフォースは、ドゥカティの最新MotoGPマシン・デスモセディチGP20を上回る。

製造工程は通常のモデルより極めて複雑となるため生産は1日に最大5台となるスーパーレッジェーラV4。ヨーロッパでは2020年6月26日に最初の1台がベルギーのユーザーの手に渡った。

ただ、一番の凄みは軽量さだろう(編集部註・「スーパーレッジェーラ」という言葉自体が「超軽量」の意である)。
それもそのはずと言うべきか、スーパーレッジェーラV4は世界で唯一のカーボン製シャーシを採用した公道走行可能な量産市販バイクなのである。
フレーム、ホイール、スイングアームにカーボン素材が活用されているほか、もちろん、カウリングやウイングなど各種外装パーツにもカーボン素材でまとめられている。

フロントフレーム(パニガーレV4シリーズにおいてドゥカティが呼称する、通常のメインフレームに当たる部分)とスイングアームは、高強度カーボンファイバーと耐熱樹脂による複合素材にアルミを積層して構成されている。
ホイールやリヤサブフレーム(同じく、パニガーレV4シリーズにおける呼称で、車体中央部からシートレールに当たる部分)はカーボンファイバー製。

レースキット装着、フルパワー234馬力のスーパーレッジェーラV4を走らせる

筆者のイギリス人ジャーナリスト、アダム・チャイルドから届いたライディング時の映像。全編英語ですが、字幕ONにして、自動翻訳を日本語にすると、簡易翻訳の日本語字幕が出ます。

試乗コースは、世界で最も素晴らしいコースのひとつであるムジェロサーキット(編集部註・MotoGPのイタリアグランプリが開催される、イタリア・トスカーナ州フィレンツェにあるサーキット)。
イギリス人として初めてスーパーレッジェーラV4に乗ることを許されたといこともあり、背筋がゾクゾクしてくる。なお、ドゥカティ関係者以外で試乗したのは私が2番目だという。

ライディングモードを「レースB」に。1速と2速のトルクを抑えるもので、コースに慣れてきたら全ギヤ全回転フルパワーの「Aモード」に切り替えるつもりだ。
レース用エキゾーストに換装されていた試乗車は、234馬力のフルパワー仕様。スロットルを数回あおると、銃声のようなすさまじい残響音が響き渡る。そしてコースイン──。

レース用エンジンのように組み立てられる998ccV型4気筒エンジン。パニガーレV4Rのものをベースとするが、公道走行可能な状態で224馬力、レース用エキゾーストなら234馬力を発揮する。エンジン自体も軽量化されており、スタンダードのパニガーレV4より2.8kg軽量となっている。

ピレリのスリックタイヤはウォーマーで管理されていたので、無難な走りをする必要はない。
第1コーナーを出て、次の左右シケインに備える。この時点でスーパーレッジェーラV4のカーボンシャーシはすぐに曲がりたがり、軽く、正確で、速い反応を見せる。
シケインではヒザのスライダーを左右両方擦るという驚異的な切り返しができ、続くコーナー群も凄まじいコーナリングスピードで駆け抜けていく。

もちろん、コーナーではライダーの操作によってある程度パワーとトルクを制御する必要はあるが、このスーパーレッジェーラV4はスーパーバイク世界選手権に参戦するファクトリーチームのマシンに匹敵するパワーを持ちながら、そのパワーは使い勝手がよく、操作感はじつにスムーズだ。

最終コーナーからホームストレートへ。
V4エンジンにフルパワーを発揮するよう指示すると同時に、スクリーンに体をうずめ、シートストッパーにお尻を押し当て加速に備える。左足を動かすたびに滑らかにシフトアップし(感覚としては、秒単位でギヤを変えていたような気がした)、パワーの波がシフトアップの都度、私の頭を叩きつける。
ムジェロサーキットは全長5km以上あるが、1周をこれほど短く感じたことはなかった。

◎次のページへ

1

2

おすすめ記事

【NEW MODEL】HONDA CRF1000L Africa Twin Adventure Sports/〈DCT〉 関東エリアをはじめ、中部エリアからの旅にも絶好の道の駅を紹介!〜南房総編〜 ニンジャZX-6Rの2020年モデルを11月15日に発売
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP