トピックス

KTM 790アドベンチャーとデュークがブレーキホースの不具合によるリコールを届出

KTMジャパンは、ミドルアドベンチャーの790アドベンチャー/Rおよび790デュークのリコールを届け出た。対象台数は、790アドベンチャーが186台、790アドベンチャーRが55台、790デュークが42台。

今回のリコールでは、後輪用ブレーキホールの製造時の使用材料が不適切なため、耐熱性が不足しているものがあるという。そのため、走行中の後輪ブレーキの作動によりブレーキホールの接合金具カシメ部が高温になるとホース内部が損傷して詰まり、最悪の場合は後輪ブレーキが操作不良になるおそれがある。

KTMジャパンでは、対象の前車両のブレーキホースを対策品に交換する。なお、自分のバイクが対象かどうかは購入した販売店に問い合わせるか、国土交通省の「自動車のリコール・不具合情報サイト」などで確認できる。

NOTE

KTMジャパン
https://www.ktm.com/jp/

国土交通省 自動車のリコール・不具合情報サイト
https://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

ドゥカティ ストリートファイターV4の先行予約で、純正アパレルクーポンプレゼント 【NEW ITEMS】Motorimodaの2輪系アイテムに新製品が追加! モトサービスエッジ 土方の トラブルから考える二輪車メンテ Vol.1「コールドスタートなのにアイドルアップしない!?」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP