雑ネタ

パーキング・メーターにバイクを止めることはできるのか? 真相を警視庁に聞いてみた

都内には二輪車用パーキング・チケットもある

都内では2009年11月から二輪車用パーキング(二輪車用パーキング・チケット発給機とチケット枠)を運用している。場所は、港区北青山3丁目5番及び6番(表参道)付近(34枠)、中央区銀座8丁目7番付近(9枠)、台東区上野7丁目1番付近(5枠)の3箇所で、20年10月にはJR立川駅北口付近に新設され4箇所となった。

中央区銀座8丁目7番付近にある二輪車用パーキング

使い方は一般用と同じで、枠内に収まるようにバイクを止め、チケット発給設備で料金を払ってチケットを発給する。そのチケットから領収書を剥がした部分がシールになっているのでそこをバイクに貼り付けて提示する、というもの。

パーキング・チケットの発券機。駐輪料金は60分100円で、パーキング・メーターの1/3とかなり安価。料金を入れて駐車枠のナンバーを入力して発給する仕組み。
ハンドルロックをかけ、タンクやメーターなど目立つところにチケットを貼り付けておけばOK

なお、こちらは一般的なパーキング・メーターなどに比べて駐車枠が小さいため見知らぬバイクが後から止めてくるということは考えにくいだろうが、移動させられる可能性は一般的なパーキング・メーターと大差ないはず。

駐車枠はそれぞれナンバーが振られている。バイクが1台のみ止められるスペースしかないので2台置くのは難しい

また、メーター式のように感知が切れる心配はなくても、チケットを剥がされる可能性はある。つまり、「あとから来たバイクも止められてしまう」という点以外の懸念事項は、四輪車用のそれと変わらないのだ。にもかかわらず、警視庁の「二輪車の(一般的な)パーキング・メーター利用は推奨しない」というのは納得できる説明とは思えないのだが。

積極的に利用すればバイクの利便性は高まるのに……

日本自動車工業会発表の「2019年度 二輪車市場動向調査」によると、駐車場で困った経験のあるライダーは調査人数全体の30%、東京23区に限定すると48%にも上る。
それらのライダーの中で困った場所は、駅周辺75%、繁華街64%、観光地27%、オフィス街24%などとなった。

バイクから電車に乗り換える、通勤や通学でバイクを使うといったライダーは長時間駐車できる必要があるだろうが、繁華街や観光地でライダーがパーキング・メーターやパーキング・チケットを積極的に使うようになれば、二輪車用駐車場不足は少なからず解消できるだろう。

さらに、枠からはみ出さないという条件で、複数のバイクを止められればその効果は高くなる。むしろ、四輪車のドライバーからすれば1枠1台で何か所も使われる方が迷惑なはずだ(これも「推奨しない」理由かもしれないが)。

バイクの利便性を高め、迷惑な路上駐車を減らすためにも、「二輪車は動かされる可能性があるので推奨しない」といった考え方は見直してもらいたいもの。もっとも、推奨しないだけなので、路上駐車をするくらいなら積極的に利用するべきだろう。パーキング・メーターやパーキング・チケット設備がライダーにとっても使いやすいものとなることを切に願う。

text:片倉義明/photo:モーサイWEB編集部

1

2

おすすめ記事

エルシノアやTYが登場! 70年代「ナナハン」ブームの後に来た、高性能オフロード車の時代 ジクサー250 ジクサーSF250 日本仕様スズキ ジクサー250シリーズの発売が決定「コスパ最強250ccバイク現る」 河口湖自動車博物館「CIBIEガレージセール」が新型コロナの影響を受け中止に
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP