ヒストリー

「アメリカンになっちゃったカワサキZ」 80年代を風靡した(?)ジャメリカン「Z-LTD」シリーズを振り返る

Z-LTD:「ジャメリカン」の道筋を作った男カワサキの異端児

オイルショックや排出ガス規制による影響が一段落した後、再び力を取り戻した国内二輪メーカーは1970年代後半から高性能なモデルを次々とリリースしていく。

そして、メーカー間の競争に拍車もかかり、80年代に入ると多種多様なモデルが送り出されるようにもなった(国内2大メーカーのホンダ・ヤマハによる販売競争「HY戦争」はあまりにも有名な話だ)。
多様なモデルが生まれていく一方、残念ながら歴史に埋もれていったモデルも少なくない。
ロードスポーツモデルをベースにした「アメリカン」などがその一例だろう(今日では「クルーザー」と呼ばれる類だが、当時は「アメリカン」がその手のモデルの呼び名だった)。

「ベース車臭」が抜けず、どこか完全にはアメリカンになり切れなかった感もあって、ジャパニーズ・アメリカン。

……略して「ジャメリカン」などとも呼ばれるロードスポーツモデル改のアメリカンモデルだが、70年代末〜80年代にかけて、カワサキはロードスポーツの雄「Z」シリーズをそうしたアメリカンに仕立てていたのである。

903cc並列4気筒DOHCエンジンというインパクトで、Z1(900SUPER FOUR)により世界を席巻したカワサキ。
先に登場したホンダCB750Fourとともに、「大排気量インライン4」は日本のお家芸を印象付ける名車となったわけだが、そのエンジン形式をさらに派生モデルに載せ、北米市場での販売を強化すべく生まれたのが、初期の国産アメリカンモデルだ。


Z1系ベースのLTDから、FXベース、ザッパーベースも

70年代後半、Z1系のZ1000A型エンジンを搭載したZ1000LTDが輸出向けにリリースされたのと前後して、日本市場にも続々と「弟分」たちが送り込まれた。
それらZ-LTDシリーズに共通する特徴は以下のとおりだ(一部該当しない例もある)。

カワサキ Z1000LTD(輸出専用車)

1977年登場のZ1000LTD(輸出専用車)。KZ1000(同じく輸出専用車)をベースに、ティアドロップタンク、段付きシート、ショートタイプのメガホンマフラー、キャストホイールなどを装備。
  • 各排気量クラスの既存ロードモデルのエンジンをベースにする。
  • キャスターを寝かせ、トレール量も増大。
  • プルバックハンドル&段付きシートの採用。
  • ベースのロードスポーツモデルに対し、前輪は19インチに大径化、後輪は16インチと小径化。

要となるフレームはベース車のディメンションを大きく変えるわけではなく、シート下フレームのロワリング加工を実施。シート高を低くし足着き性を良好にしたうえで、アメリカンらしい外観も確保。
フレーム加工まで行ったというのは、国産アメリカンのなかでもカワサキZ-LTDシリーズならではのものだったというが(Z650LTDなど例外もあり)、当時この低いシート高とティアドロップタンク、ホースバックライディングのフォルムがLTDシリーズのアイコンとなり一定の人気を得て行ったのだと思う。

カワサキ Z400LTD-II(並列4気筒+チェーン駆動)

1980年登場のZ400LTD-II。Z400FX系の400cc空冷DOHC4気筒を搭載。輸出版として排気量443ccの兄弟車Z440LTDも作られた。

カワサキ Z650LTD(並列4気筒+チェーン駆動)

1979年登場のZ650LTD(写真は1980年モデル)。ザッパーことZ650がベースだが、フレーム加工は行われておらず、シートの段付き具合もほどほどなため、ロードスポーツ的な外観が強い。

同排気量のLTDでも直4/ツイン、シングル/ツインをラインアップ

また、Z-LTDシリーズの特筆すべき点は、各排気量に複数のLTDモデルが存在したこと。かなりの台数があるので、国内販売モデルに限って紹介すると……。

  • 250ccクラス:Z250LTD(Z250FS系単気筒エンジン)、Z250LTDツイン(Z250FT系並列2気筒エンジン)。いずれも前期型はチェーン駆動だが、後期型はベルト駆動となり、車名にもbelt-driveと入るようになる。
  • 400ccクラス:Z400LTD(Z400系並列2気筒エンジン。後にbelt-driveが追加)、Z400LTD-II(Z400FX系並列4気筒エンジン)。
  • 400cc超クラス:Z550LTD(Z550FX系並列4気筒エンジン)、Z650LTD(ザッパーでおなじみのZ650系並列4気筒エンジン)、Z750LTD(Z750FX-II系並列4気筒エンジン)、Z750LTD-TWIN(Z750T系並列2気筒エンジン)。

カワサキ Z250LTD(単気筒+チェーン駆動)

1980年登場のZ250LTD。前後キャストホイール+ドラムという珍しい組み合わせ。エンジンはZ250FS系の空冷OHC単気筒。

カワサキ Z250LTDツイン(並列2気筒+チェーン駆動)

1981年登場のZ250LTDツイン。車名の通り、Z250FT系の空冷OHC並列2気筒エンジンを搭載。こちらはフロントがディスクブレーキになる。Z250LTDより値付けもちょっと高かった。

カワサキ LTD250ベルトドライブ(単気筒+ベルト駆動)

1984年登場のLTD250ベルトドライブ。2気筒モデルとの差別化のためか車名が変わったのと、ベルトドライブ化されたほかはZ250LTDほぼそのままで、相変わらず前後キャストホイール+ドラムブレーキのままである。

Z250LTDベルトドライブ(並列2気筒+ベルト駆動)

1984年登場のZ250LTDベルトドライブ。Z250LTDツインのベルトドライブ仕様で、チェーンケース……ではなくベルトケース部に「belt drive」のロゴステッカーが貼られている。

これに輸出向けの440cc仕様、Z1000系のLTD仕様なども存在することから分かるように、LTDシリーズだけでも今では考えられないほどのエンジン形式、駆動方式のバリエーションを持っていたのだ。
それを鑑みると、カワサキは70代後半から80年代にかけ、LTDシリーズに非常に大きな期待をかけていたと察せられるが──。
よりアメリカンらしい専用の車体、Vツインエンジンの投入(今やアメリカン……というかクルーザーでは定番)など、アメリカンモデルはENシリーズ、バルカンシリーズへとバトンを渡していく。

カワサキ Z400LTDベルトドライブ(並列2気筒+ベルト駆動)

1979年に登場したZ400LTD(チェーン駆動)の後継として、1982年に登場したZ400LTDベルトドライブ(写真は1984年モデル)。Z400系の空冷OHC並列2気筒を搭載。

カワサキ Z550LTD(並列4気筒+チェーン駆動)

1981年登場のZ550LTD。Z550FXのエンジンをZ400LTD-IIの車体に搭載したモデルで、エンジンはデチューンなどされず、最高出力はZ550FX同様の54馬力を発揮した。

カワサキ Z750LTD(並列4気筒+チェーン駆動)

1980年に登場したZ750LTD。エンジンはZ750FX-II系の空冷DOHC並列4気筒で、最高出力はFX-II、FX-IIIに匹敵する68馬力(写真は1984年モデル)。

「ロードスポーツ改」のジャパニーズアメリカンは過渡期的存在だったとも言えるが、カワサキはこの後もスポーツモデルのGPZ系エンジンを搭載したドラッグレーサーイメージのアメリカン「エリミネーター」を送り出し、「直列エンジンアメリカン」の系譜は地味に続いていくのである。

レポート●阪本一史 写真●八重洲出版 編集●上野茂岐

おすすめ記事

【ワインディングニッポン】 八幡平アスピーテライン(岩手県・秋田県) 人気バイクTV・MOTORISEの放送予定が決定! 6月は中野真矢さんのヒストリーとレギュラーメンバーの愛車自慢 バイク用インカム「B+COM ONE」がスマホアプリ「B+COM U Mobile APP」で利用可能に
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP