雑ネタ

「トランスフォーマー」に出てきそう!? 台湾のキムコが新たな4輪バギーを発売

日本では充実したスクーターのラインアップでおなじみのキムコ。同社は台湾のメーカーで、バイクだけでなく、ATV(オール・テレイン・ビークル)やUTV(ユーティリティ・タスク・ビークル)など、いわゆる「四輪バギー」の製造も行っています。

ATVやUTVは主に北米や欧州で需要のある乗り物ですが、日本でもキムコジャパンにより2017年から販売が行われており、酪農や農業などでの運搬や移動、レジャー用途などに活用されています。そのATV、UTVそれぞれに、新たなモデルが追加されました。

新型ATV「MXU700EXi EPS」

キムコの新型ATV「MXU700EXi EPS」

キムコの新型ATV「MXU700EXi EPS」

アメリカではATVのレースが盛んに行われており、その伝統的オフロードレースGNCC(グランド・ナショナル・クロスカントリー)で活躍する「MXU700」シリーズがフルモデルチェンジ。

デザイン面では、フロントまわりを「トランスフォーマー」のロボットのようにも見えるアグレッシブな姿へ一新。ラジエターグリル開口面積の拡大もなされており、ラジエターへの導風量が向上しています。また、従来型ではラジエター後方にあった燃料タンクをリヤシート下へと移設し、新型では車体の低重心化が追求されています。
価格は129万6000円です(公道走行不可)。

そもそも「MXU700」シリーズってどんな乗り物?

キムコの新型ATV「MXU700EXi EPS」

キムコの新型ATV「MXU700EXi EPS」

エンジンは38.6馬力を発揮する695ccのOHC4バルブ水冷単気筒を搭載。トランスミッションはCVTによる無段変速でハイ/ローの副変速機機構を備えています。また、手元のスイッチで2WD/4WD/デフロック4WDに駆動方法を変更可能です。

キムコ「MXU700EXi EPS」のメーターパネル

トランスミッションはCVTによる無段変速。リバースギヤがあるほか、ハイ/ロー切り替えも可能

ボディサイズは全⻑2210mm、全幅1220mmと軽自動車より一回り以上コンパクトなサイズ。
サスペンションは前後とも路面追従性に優れる「ダブルAアーム方式」で、リヤサスペンションにはスタビライザーを標準装備し、アプローチアングル63度、ランブレークアングル52度、ディパーチャーアングル66度という不整地&悪路走破性能を有しています。

Aアーム方式のフロントサスペンション。ホイール径は前後とも14インチ

スタビライザーを装備するリヤサスペンション。ブレーキは前後4輪ともディスクブレーキ

実用装備も十分で、電動パワーステアリング、USB充電ソケット付きグローブボックス、タンデムシート&グラブバー、パーキングブレーキなどを標準で備えています。

キムコ「MXU700EXi EPS」のグローブボックス。USB充電ソケットが設けられている


新たに発売となったUTV「UXV450i」

新発売となるキムコのUTV「UXV450i」

新発売となるキムコのUTV「UXV450i」

酪農や農場、キャンプ場やスキー場など、不整地を含んだ地形での移動や運搬にうってつけなのがUTV。レジャーやスポーツ的要素が強いATVに対し、UTVは実用性を重視したオフロード性能の高い乗り物です。
全長2700mm、全幅1440mm、乾燥重量490kgという軽量コンパクトなボディで、1トントラックへの積載も可能。アイディア次第でさまざまな用途が見込めます。価格は135万円です(公道走行不可)。

そもそも「UXV450i」ってどんな乗り物?

新発売となるキムコのUTV「UXV450i」

新発売となるキムコのUTV「UXV450i」

新発売となるキムコのUTV「UXV450i」

エンジンは33馬力を発揮する443ccのOHC4バルブ水冷単気筒を搭載。トランスミッションはCVTによる無段変速でハイ/ローの副変速機機構を備えています。また、手元のスイッチで2WD/4WD/デフロック4WDに駆動方法を変更可能です。

自動車では入れないような場所へも行ける走破性の高さが特徴

キムコ「UXV450i」のメーターパネル。2WD/4WDはスイッチで切り替え可能

「UXV450i」はクルマのようなハンドルとなる(ATVの「MXU700EXi EPS」はバイクのようなバーハンドル)

車体はラダーフレーム構造で、4WDによるハードなオフロード走行にも対応。乗員を保護するロールケージとも締結されており、高い剛性が確保されています。

「UXV450i」のラダーフレーム。エンジンはミッドシップにマウントされる(赤い部分)

MX700シリーズ同様、サスペンションは前後とも路面追従性に優れる「ダブルAアーム方式」。リヤサスペンションにはスタビライザーを標準装備し、アプローチアングル75度、ランブレークアングル30度、ディパーチャーアングル80度という不整地&悪路走破性能を有しています。

運搬用途が想定されているUTVだけあって、ガスタンパーによるダンプ機能を備えた荷台は最大200kgの積載量を確保。また、500kgまでを牽引できるヒッチレバー、シート下トランク、グローブボックス、リヤゲート小物入れを設けるなど、実用性の高さが特徴です。

ダンプ機能を備えた最大積載量200kgの荷台

「UXV450i」のシート下トランク

「UXV450i」のフロントトランク

「UXV450i」のリヤゲート小物入れ


問い合わせ先●キムコジャパン
TEL 03-6404-6102
http://www.kymcojp.com/

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●キムコジャパン

おすすめ記事

人気車からレア車(?)まで 編集部員が「手放したくない!」と思うバイクたち(前編) 関西から東北から…目的地に伊豆を選ぶ“理由” ホンダの起死回生 CBR1000RR-Rファイヤーブレードに見る本気度【車体編】 【おすすめ一泊旅】悠々と駆け巡る房総半島横断ツアー その3 「ワンメイクレースも計画」2020年秋登場予定のニンジャZX-25Rのカスタマイズモデルをカワサキが発表 【自分と相棒との夢空間を獲得!】バイク保管のすすめ-コンテナ型+ドーム型ガレージ編-
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP