新車

「218馬力」がようやく手に入る! 新型ホンダCBR1000RR-Rが3月20日に発売

218馬力を叩き出す新設計エンジン、ウイングを装備したカウリング、サスペンション形式とディメンションを一新した車体など、非常にレーシーなマシンへとフルモデルチェンジしたCBR1000RR-Rファイアブレード。その日本仕様の詳細が明かされた。
スペックは欧州仕様と同値のままで、発売日は3月20日。CBR1000RR-Rファイアブレードが242万円、上級グレードのCBR1000RR-RファイアブレードSPが278万3000円となる。

CBR1000RR-RファイアブレードSP(グランプリレッド)278万3000円

CBR1000RR-RファイアブレードSP(グランプリレッド)278万3000円

CBR1000RR-Rファイアブレード(マットパールモリオンブラック)242万円

CBR1000RR-Rファイアブレード(マットパールモリオンブラック)242万円

CBR1000RR-Rファイアブレード(グランプリレッド)242万円

エンジン:完全新設計で超ショートストローク型に

従来型CBR1000RR(日本仕様)比で26馬力アップとなったエンジンは完全新設計。ボア×ストロークは81.0mm×48.5mmで、超ショートストローク型に。
チタンコンロッド、高強度アルミ鍛造ピストンの採用で軽量化も徹底。加えてセミカムギアトレインを用いることで軽量化と同時に高回転化を実現し、最高出力218馬力/14500回転のスペックへと到達した。

CBR1000RR-Rファイアブレードのエンジン(写真は欧州仕様)。スタンダードとSPとでスペックや仕様に違いは無い

最高出力は218馬力/1万4500回転、最大トルクは11.5kgm/1万2500回転(写真は欧州仕様)

車体:フレームも新設計、カウルにはウイングレットを装備

メインフレームは新設計で、軽量化を追求したうえで剛性バランスを見直したアルミ製ダイヤモンドフレーム。
アルミプレス製のスイングアームも新設計で、従来型から30.5mm長くなっており、ホイールベースでは50mmの拡大が行われた。

リヤサスペンションの構造も一新され、従来型はショックユニットが車体から独立した「ユニットプロリンク」だったのに対し、上端部をエンジンブロック後部と締結した構造の「プロリンク」となっている。

外観上で一番目立つのは、高速域でダウンフォースを発生させウイリー抑止とブレーキング時の安定性向上のため装備されたウイングレットだろう。フロントカウルのヘッドライトの間にはラムエアダクトが設けられ、エンジンの吸排気効率向上に貢献。より攻撃的なルックスとなっている。

また、細かな点としてはリヤタイヤのサイズは従来型が190/50ZR17だったのに対し、200/55ZR17へと変更されている。

CBR1000RR-RファイアブレードSP(写真は欧州仕様)。左右に展開したウイングレットと、フロントカウル中央のエアダクトが攻撃的なルックスを造り出す

CBR1000RR-RファイアブレードSP(写真は欧州仕様)。リヤタイヤは200/55ZR17へとサイズアップ

電子制御:6軸となったIMUが高度なスポーツライディングと安全性を両立

車体姿勢制御システムにはボッシュ製6軸IMU(慣性計測装置)を採用。従来までの5軸式から6軸式となったことで、より高精度な情報をウイリーコントロール、トルクコントロール、ABS制御に活用、上級グレードの「SP」では電子制御サスペンションの制御にも生かされる。

パワー、トルクコントロール、エンジンブレーキの制御レベルをユーザーの好みや場面に応じて変更可能。SPは電子制御サスペンションの作動レベルも変更できる

モデルバリエーション:カラーリングはレッドとブラック

モデルバリエーションはスタンダードのCBR1000RR-Rファイアブレードと、オーリンズ製電子制御サスペンションやブレンボ製フロントブレーキキャリパーなどを装備するCBR1000RR-RファイアブレードSPの2グレード。

CBR1000RR-Rファイアブレードは「グランプリレッド」と「マットパールモリオンブラック」の2カラーを設定、CBR1000RR-RファイアブレードSPは「グランプリレッド」の1カラーとなる。

CBR1000RR-RファイアブレードSP(左)、CBR1000RR-Rファイアブレード(右)。写真は欧州仕様

CBR1000RR-Rファイアブレード/CBR1000RR-RファイアブレードSP諸元

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク直列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク81.0mm×48.5mm 圧縮比:13.2 総排気量999cc 最高出力160kW<218ps>/1万4500rpm 最大トルク113Nm<11.5kgm>/1万2500rpm 変速機:6段リターン
【寸法・重量】全長:2100 全幅:745 全高:1140 ホイールベース:1455 シート高830(各mm) 車両重量:201kg タイヤサイズ:F120/70ZR17 R200/55ZR17 燃料タンク容量:16L

まとめ●モーサイ編集部 写真●ホンダ

ホンダの起死回生 CBR1000RR-Rファイヤーブレードに見る本気度【エンジン編】

ホンダの起死回生 CBR1000RR-Rファイヤーブレードに見る本気度【車体編】

おすすめ記事

【NEW ITEM】クシタニから限定生産のレザージャケットがリリース 【EVENT】第16回 バイクのふるさと浜松2018 第46回 東京モーターサイクルショー2019 「ときひろみ」さんとの「ツーショット撮影 & サイン会」開催のお知らせ ハーレーの2020年モデルを公道で試乗できるイベントが開催 【NEW ITEM】Alpinestars FASTER3 SHOE 【NEW MODEL IMPRESSION】電子制御で上質な足周りに ドゥカティ DUCATI ムルティストラーダ950S
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP