【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第25話:安くない男!? ボルティ君【隔週連載】

スタイリッシュなカウルをまとったスーパースポーツモデルを中心に、維持費のリーズナブルさや、だれでも気軽に乗れる車格も手伝って、エントリーユーザーからベテランライダーまで、幅広い層からに好まれている250ccクラス。
「そんなニーゴー(250cc)モデルを中心に、各社のバイクたちに意識があったら……」なんて“if”のお話。
今回は、あまりの車体価格のリーズナブルさに業界を震撼(?)させながらも、軽快な走りや扱いやすい車格で多くのライダーを魅了したボルティ君のお話。
作:もるん(@MOLN2RNG
前回のお話はコチラ
ほかの話を見る

スズキ・ボルティ(1994年、249cc、空冷4ストOHC単気筒)

1994年11月に衝撃のリーズナブルさで登場したボルティーは、写真のタイプ1、シート、ボディーカラーにバリエーションのあるタイプ2、キャリアを装備したタイプCにツーリング仕様のタイプTなどが存在している。
エンジン性能にこそ違いはあるが、ベースは1982年登場のGN250Eで、1992年に登場したSW-1も同じ系統。エキパイは2本あり、2気筒車にも見えるが単気筒車である。

次回予告&作品情報

※次回更新は2021年2月26日(金)の正午を予定しております。

第23話:森でも街でも人気者!? CT125君
第24話:大きな体の半分は優しさ!? マジェスティ250君
ニーゴーマン! 連載リスト

おすすめ記事

【編集部さとうのVITPILEN 701日記】03.rpm:わらび餅を食しにプチツーリングへ行く! カワサキ Z900RSのヘッドライト周りをより「Zらしい」スタイルに!【STRIKER アルミビレットヘッドライトステー】 仮面ライダークウガ トライチェイサー2000 バンダイ サスが動く! ブレーキホースも再現!! リアルなのに作りやすいバンダイ「仮面ライダークウガ トライチェイサー」の設計思想とは
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP