【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第23話:森でも街でも人気者!? CT125君【隔週連載】

スタイリッシュなカウルをまとったスーパースポーツモデルを中心に、維持費のリーズナブルさや、だれでも気軽に乗れる車格も手伝って、エントリーユーザーからベテランライダーまで、幅広い層からに好まれている250ccクラス。
「そんなニーゴー(250cc)モデルを中心に、各社のバイクたちに意識があったら……」なんて“if”のお話。
今回は日本バイクオブザイヤー2020を受賞し、街乗りでも不整地でも楽しめるCT125君のお話。
作:もるん(@MOLN2RNG
前回のお話はコチラ
ほかの話を見る

CT125
ホンダ・CT125ハンターカブ(2020年、124cc空冷4ストOHC単気筒)

ス―パカブ・C125をベースに、“トレッキングバイク”として登場し、今なお高い人気をほこるCT110のイメージを踏襲して作られたCT125・ハンターカブ。
不整地走行を想定して、エンジンガードやアップタイプのマフラーを備える一方でストップ&ゴーの多い街乗りでの利便性も考慮して、低中速域での力強さを重視した出力特性を備えている。またボディにはオールドタイプのウィングマークが配されている点もチャームポイントのひとつ。

次回予告&作品情報

※次回更新は2021年1月29日(金)の正午を予定しております。

第21話:沼にドはまり!? KLX230君
第22話:聖夜にお届け! モンスター400君
ニーゴーマン! 連載リスト

おすすめ記事

【ライディングデニムは賢く選ぶ】日本人向けスリムとストレート、ライディングに特化したアルパインスターズの秀逸な2モデル 【’80sバイク熱狂時代】NSR史上最高馬力! ライバルメーカーが恐れた1988年式NSR250Rとはどんなバイクか?(前編) 愛知県に残る大正時代からのレース場跡で、戦前車などビンテージ車が走る!【ビンテージバイク ラン in TSUSHIMA 11月29日】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP