【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第6話:R25くんと変幻自在のSRさん【隔週更新】

スタイリッシュなカウルをまとったスーパースポーツモデルを中心に、維持費のリーズナブルさやだれでも気軽に乗れる車格も手伝って、エントリーユーザーからベテランライダーまで、幅広い層からに好まれている250ccクラス。
「そんなニーゴー(250cc)モデルを中心に、各社のバイクたちに意識があったら……」そんな“if”のお話。今回はYZF-R25くんと、百の顔を持つ(?)ロングセラーモデル、SR400ことSRさんのお話。
作:もるん(@MOLN2RNG

前回のお話はコチラ

ほかの話を見る

ヤマハSR400 (2020年モデル)
1978年に誕生して以来40年超、カラーリング、グラフィックの変更はあれど、クラシカルなスタイルはほぼ変わっていない。2017年に一度生産終了となるも、2018年11月に最新の排ガス規制に適合しカムバックを果たしたロングセラーモデル。ヤマハブラックのほかグレーイッシュブルーメタリック4もある。価格はいずれも58万3000円。


次のお話はコチラ

ほかの話を見る

おすすめ記事

GB350 GB350S カメラマン柴田のGB350日記#3「8年ぶりのバイク購入、決め手となったGBの魅力は」 DEFよりBluetooth接続で手軽に音楽が聴ける&通話ができるヘッドセットが発売 【ハンドルまわり快適化計画】高強度アルミ素材で脱落の心配皆無! サイン・ハウス マウントシステム スマートフォン用ホルダー
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄 第49回 東京モーターサイクルショー

ピックアップ記事

PAGE TOP