【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第5話:ニダボくんとスーフォア先輩【隔週更新】

維持費のリーズナブルさや、若者やエントリーユーザーに好まれている250ccクラス。なかでも、スタイリッシュなカウルをまとったスーパースポーツモデルは特に高い評価を受けている……と思う。
「各社から発売中のバイクたちに意識があったら……」そんな“if”のお話、今回はCBR250RRことニダボくんと、偉大な先輩CB400 SUPER FOURことスーフォア先輩のお話。
作:もるん(@MOLN2RNG

前回のお話はコチラ

ほかの話を見る

2020年CB400 SUPER FOUR(キャンディークロモスフィアレッド、399cc、水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒)
スタンダードなスタイルと、扱いやすさとパワフルな走りを両立させた同車は、教習車としても多くのライダーから親しまれる。価格はキャンディークロモスフィアレッド、アトモスフィアブルーメタリックは92万8400円、ダークネスブラックメタリックは88万4400円。


ほかの話を見る

おすすめ記事

NGKのスパークプラグを買ってオリジナルデザインのG-SHOCKをもらおう! モトサービスエッジ 土方のトラブルから考える二輪車メンテVol.3「無意識が引き起こすギヤの異常摩耗」 【NEWS】KADOYAのレザーが安くなる!? サマーバーゲンが今年も開催 【新刊情報】KADOKAWA スニーカー文庫『スーパーカブシリーズ』 250cc4気筒モデル最後発だけど最強性能? ニンジャZX-25R以前のカワサキ「ニーゴーマルチ」を振り返る【ZXR250からバリオスまで】】 【NEW ITEMS】TZR250(1KT)オーナーに朗報! 純正形状FRPフューエルタンクが受注生産開始っ!!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP