【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第5話:ニダボくんとスーフォア先輩【隔週更新】

スタイリッシュなカウルをまとったスーパースポーツモデルを中心に、維持費のリーズナブルさやだれでも気軽に乗れる車格も手伝って、エントリーユーザーからベテランライダーまで、幅広い層からに好まれている250ccクラス。
「そんなニーゴー(250cc)モデルを中心に、各社のバイクたちに意識があったら……」そんな“if”のお話。今回はCBR250RRことニダボくんと、偉大な先輩CB400 SUPER FOURことスーフォア先輩のお話。
作:もるん(@MOLN2RNG

前回のお話はコチラ

ほかの話を見る

CB400 SUPER FOUR(2020)
スタンダードなスタイルと、扱いやすさとパワフルな走りを両立させた同車は、教習車としても多くのライダーから親しまれる。価格はキャンディークロモスフィアレッド、アトモスフィアブルーメタリックは92万8400円、ダークネスブラックメタリックは88万4400円。


次のお話はコチラ

ほかの話を見る

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

SWモテックの非売品オリジナルTシャツ/フーディー/スカーフマスクが、製品購入者に毎月抽選でプレゼントされる! ジクサー150 燃費はリッター50kmオーバー! コスパよしの150ccバイク、スズキ「ジクサー」がモデルチェンジ 世界限定225台、価格は558万8000円の超豪華仕様! インディアン・ロードマスターエリートの2020年モデルが発表
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP