用品・グッズ

【テクノロジーが愛車を変える】膨大なノウハウを凝縮するオイルブランド・シルコリン

バイクという工業製品は最先端の技術——テクノロジーの塊だ。当然、バイクを取り巻く用品もそうでなければ似合わない。愛車を旧態から脱却させようとすれば、おのずとたどり着くブランドがある。今回紹介するのは、自動車/航空機用の分野でも高い信頼を獲得しているフックスシルコリンだ。

機械産業メーカーの厳しいチェックをパスするオイル

バイク用エンジンオイルブランドのシルコリンを擁するフックスの主な顧客は、一般のライダーやドライバーだけではない。自動車産業や航空機産業など、企業向けに製品開発や製造を行ってきた。
企業のチェック項目は厳しい。実際に機械へ使用してどんな結果が得られたか事細かにデータを取り、規定に達しなければアウトだ。"フィーリング"などという曖昧な判断基準はない。こうした熾烈な試験を乗り越え続けて他社より高い性能を数字で示してきたフックスは、エンジンオイルにもそのテクノロジーをフィードバックする。各企業からお墨付きをもらったメーカーが作る信頼性あふれるオイル。それこそがフックスシルコリンの潤滑油だ。


CLASSIC CHATSWORTH40Pro4シリーズ

エステルをベースにした100%化学合成オイル。エステルの持つ電気的吸着力でエンジン内に強固な油膜を形成し、究極の低フリクションを実現する。対応粘度は、5W-40、10W-40、10W-50、15W-50、10W-60の4種類で、価格は3630円(1L)。

  

XPテクノロジーによる高い保護性能


Pro4シリーズ
エステルをベースにした100%化学合成オイル。エステルの持つ電気的吸着力でエンジン内に強固な油膜を形成し、究極の低フリクションを実現する。価格は3630円(1L)で、粘度は5W-40、10W-40、10W-50、15W-50、10W-60の5種類。

 

シルコリンは今年から始まる新たな環境基準であるユーロ5を見据えた技術開発を行ってきており、同社製オイルのProシリーズとCompシリーズにXP(エクストリーム・パフォーマンス)テクノロジーを投入している。これは環境性能の向上を主な目的としたものだが、それを目指すうえで実現した効果は単純なクリーンさだけにとどまらず、結果として燃費や出力の向上、エンジン部品の摩耗の低減やオイルそのものの耐酸化性の向上などが実現している。
環境基準への対応というと末端となるユーザーには関係がないようにも思えるが、こうした大きな恩恵があるのだ。

写真の2つのピストンは、左が他社製高性能オイル、右がXPテクノロジーを用いたPro4(SAE10
W-40)を使用したエンジンに入っていたもの。クリーンで洗浄性の高いPro4はカーボンの堆積が少ない。

CONTACT

問い合わせ先 阿部商会
電話番号 03-3233-2671
URL https://abeshokai.jp
  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

【快適ライディングウエア探求】基本を押さえた堅実なモデル フラッグシップのURBAN RIDE MESH JACKET 【冬ツーリング】冬を満喫! シーサイドツーリングガイド:伊豆編 防寒性能は随一!? クシタニが作り込んだウィンターウェア!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP