用品・グッズ

【テクノロジーが愛車を救う】メーカーでも使っているTEXAのテスター&ハイパワーのNOCOのジャンプスターター

バイクという工業製品は最先端の技術——テクノロジーの塊だ。当然、バイクを取り巻く用品もそうでなければ似合わない。愛車を旧態から脱却させようとすれば、おのずとたどり着くブランドがある。今回紹介するのは、多機能テスターを販売するTEXAと、「もしも」のバッテリートラブル時に助けてくれるNOCOだ。

バイクの処方箋 診断テスターで大きなシェア

今のバイクは電子制御技術の塊だ。インジェクション、ABSやトラクションコントロールの搭載、各種センサーの電子制御化が進んでいる。そのため電子的な不具合の診断はかなり難しい。それらを解明するためにドゥカティやMVアグスタなど多くのメーカーが頼りにしているのが、TEXAの診断ツールのTTCというわけだ。
そしてTEXAは近年、ベルトの張りやエンジン回転数、点火タイミングの測定器なども展開している。ディーラーの工場内で目にするブランドが、エンドユーザーの元でも活躍し始めた。

ハーレーのドライブベルトやドゥカティのタイミングベルトなどを弾き、このTTCで振動数を検知することでベルトの張り具合を測定できる。価格は6万6000円

携行に最適なジャンプスターター

 NOCOのジャンプスターターはアメリカ生まれの製品らしい強さがある。それは小型サイズのGB40でも変わらず、6リッターのガソリンエンジンまで対応できるほど。しかし、粗雑なところは全くない。
リチウムイオンバッテリー搭載で自然放電も少なく、専用のケーブルを使えば初心者でも簡単・安全にジャンプスタートができる。バッテリー上がりは全てを止める。エマージェンシーとして、いつも傍らにあってほしい。

同社最小サイズのジャンプスターターであるGB40。別売りのGBC007ブーストケーブルはバッテリーの端子に繋ぎっぱなしにしておくケーブルで、先端の防水プラグとGB40本体を接続することで工具が不要のジャンプができる。
GB40はバッテリー容量2150mAhで、価格:2万900円。GBC007はケーブル長:47cmで、価格は2970円。

充実の安全装備

ジャンプスターターだけではなくバッテリーの充電器であるGシリーズも展開する。その両方に言えるのが、安全に関する意識の高さだ。逆接続や低電圧バッテリーへの接続、過充電や火花飛散を防止するセーフティ機構がどの製品にも必ず取り入れられていて、様々なインジケーターランプで知らせてくれるため、視覚的にもビギナーに扱いやすい設計が特徴だ。

CONTACT

問い合わせ先 阿部商会
電話番号 03-3233-2671
URL https://abeshokai.jp
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

第32話 中古車価格に驚愕…… 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話 ソフテイルシリーズとのマッチングが抜群な本革製サドルバッグ ニンジャZX-6Rの2021年モデルはカラーリングを変更

カテゴリー記事一覧