用品・グッズ

【テクノロジーが愛車を救う】メーカーでも使っているTEXAのテスター&ハイパワーのNOCOのジャンプスターター

バイクという工業製品は最先端の技術——テクノロジーの塊だ。当然、バイクを取り巻く用品もそうでなければ似合わない。愛車を旧態から脱却させようとすれば、おのずとたどり着くブランドがある。今回紹介するのは、多機能テスターを販売するTEXAと、「もしも」のバッテリートラブル時に助けてくれるNOCOだ。

バイクの処方箋 診断テスターで大きなシェア

今のバイクは電子制御技術の塊だ。インジェクション、ABSやトラクションコントロールの搭載、各種センサーの電子制御化が進んでいる。そのため電子的な不具合の診断はかなり難しい。それらを解明するためにドゥカティやMVアグスタなど多くのメーカーが頼りにしているのが、TEXAの診断ツールのTTCというわけだ。
そしてTEXAは近年、ベルトの張りやエンジン回転数、点火タイミングの測定器なども展開している。ディーラーの工場内で目にするブランドが、エンドユーザーの元でも活躍し始めた。

ハーレーのドライブベルトやドゥカティのタイミングベルトなどを弾き、このTTCで振動数を検知することでベルトの張り具合を測定できる。価格は6万6000円

携行に最適なジャンプスターター

 NOCOのジャンプスターターはアメリカ生まれの製品らしい強さがある。それは小型サイズのGB40でも変わらず、6リッターのガソリンエンジンまで対応できるほど。しかし、粗雑なところは全くない。
リチウムイオンバッテリー搭載で自然放電も少なく、専用のケーブルを使えば初心者でも簡単・安全にジャンプスタートができる。バッテリー上がりは全てを止める。エマージェンシーとして、いつも傍らにあってほしい。

同社最小サイズのジャンプスターターであるGB40。別売りのGBC007ブーストケーブルはバッテリーの端子に繋ぎっぱなしにしておくケーブルで、先端の防水プラグとGB40本体を接続することで工具が不要のジャンプができる。
GB40はバッテリー容量2150mAhで、価格:2万900円。GBC007はケーブル長:47cmで、価格は2970円。

充実の安全装備

ジャンプスターターだけではなくバッテリーの充電器であるGシリーズも展開する。その両方に言えるのが、安全に関する意識の高さだ。逆接続や低電圧バッテリーへの接続、過充電や火花飛散を防止するセーフティ機構がどの製品にも必ず取り入れられていて、様々なインジケーターランプで知らせてくれるため、視覚的にもビギナーに扱いやすい設計が特徴だ。

CONTACT

問い合わせ先阿部商会
電話番号03-3233-2671
URLhttps://abeshokai.jp

おすすめ記事

世界初公開「ホンダ CB-Fコンセプト」 モチーフはむしろスペンサーの#19 CB750Fレーサーか 新型ヤマハ・セロー250 「マウンテントレール」イズムは変わらず 現役トラックドライバーのライダーが語る「事故につながるバイクの危険な動き」とは? 本日発売開始!ゲームソフト「デビル メイ クライ5」とバイクとの関係 ブリヂストンが公道対応スポーツラジアルのフラッグシップ「RS11」を3月から発売 ミリタリーテイストを用いたハリソンの別注ヘルメットが登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ストリートトリプルS トライアンフ
  1. ストリートトリプルS トライアンフ
PAGE TOP