バイクライフ

ホンダ GB350等身大レポート「どう楽しんでる?」「買って後悔はない?」ミーティング参加オーナーに聞いた

ホンダ GB350&GB350Sの発売からもうすぐ1年半。オーナーのみなさんは、どのような楽しみ方をしているのでしょうか。7月30日に山梨県のふじてんスノーリゾートで行われたホンダ主催のオーナーズミーティングに参加したGB350シリーズオーナー6人に話を聞きました。

ミーティングには350台以上のバイクが集まりました。

GB350オーナーの声

GB350×DIYカスタムライダー「自分の愛車はオレンジにすると決めてます」

みやじまたかゆきさんと愛車のホンダ GB350。

黒系の車両が多い中でひときわ目立っていたのが、オレンジ×クリーム色の車体が眩しいみやじまたかゆきさんのGB350です。

「初めて買ったクルマ(マツダ デミオのキャンバストップ)がオレンジ色だったので、それ以来愛車の色にはオレンジやイエローを選ぶことが多いですね。『一番不真面目だと思う色』にしたいというのもあって、このGBもオレンジに塗ることにしたのです」というみやじまさん。ベースのオレンジ色こそ業者に依頼して塗装をしたそうですが、いざ塗り上がってみると「思っていたのと少しイメージが違う」と感じ、自分でベージュを塗り足してツートンカラーに。オレンジとベージュの境界線にはシルバーのラインも入れました。

ゲーム筐体や生活雑貨のデザイナーをしているというみやじまさん、仕事がら試作品にデカール(飾りシール)を貼ったりクレイモデルを作ったりといった造形を行うことも多いそうで、その経験も活かして仕上げたGB350のDIYカスタムは、とてもきれいな仕上がりでした。

そういった「できる作業は自分で」というカスタムスタイルのおかげもあって、ノーマルからかなり印象が変わっているものの、費用は7万円程度に抑えられているのだとか。

みやじまさんはGB350の「ラフに付き合えるところ」を気に入っているといいます。GB350に乗る前にはKTM 200デュークに乗っていたそうですが、みやじまさんが182cmの長身ということもあり、乗車姿勢が少し窮屈だったそう。その点、足もとのスペースに余裕のあるGB350は乗車姿勢も無理がなく「バイクの方から、スピードを出せ、もっと回せと言ってこないところが自分にピッタリ」だと感じているんだとか。

ヘルメットも鮮やかなオレンジ色。デザインからステッカー貼りまで自分で行ったそう。
オレンジ×ベージュに塗り分けられたタンク。
リヤフェンダーもオレンジ×ベージュ。色の境界線に入れられたシルバーのラインもきれいな仕上がりです。
ヘルメットロックワイヤーなどの小物もしっかりオレンジ色で統一。

GB350×女子ライダー「足着きも良く、乗っていて不安感がない」

IMAPONさんとスズキ イナズマ400乗りの彼氏さん、愛車のGB350。

彼氏さん(スズキ イナズマ400乗り)と来場していたGB350乗りのIMAPONさん(29歳)。2021年11月に普通二輪免許を取得し、そのままの流れで12月には大型二輪免許も取得。ファーストバイクとなったGB350は12月に納車され、取材当時までの7ヶ月で、833km走ったそうです。

カスタムは「実用性重視」でスマホホルダーやバッグなど、必要なものを順次取り付けていく方向だそう。何を取り付けるのも初めての経験なので試行錯誤の連続で、特にサイドバッグを自分で取り付けるのに苦労したと話してくれました。一押しのカスタムは、富士山ナンバーのナンバープレートの横に取り付けられたアクセサリーとしての初心者マーク。「バイク用の初心者マークも売られているんだなぁと思って。※クルマのものに比べて小さくて可愛いですよね」とにっこり。

※編集部注:クルマと異なり、バイクに初心者マークの表示義務はありませんが、表示してはいけないということでもないため「初心者である」ことを示すアクセサリーとして愛車に掲示するライダーもいます。

そんなIMAPONさんが選ぶGB350のお気に入りポイントは、ズバリ「デザイン」。「インスタグラムの写真を中心に愛車選びをしたのですが、目に留まるバイクがGB350ばかりでした。他にはカワサキのエストレヤなどが気になっていたものの、まだバイクの知識がないから中古のバイクはちょっと維持する自信がなくて、新車で買える車両を探しました。GB350はヘッドライト周りの顔立ちが好きです。カスタム次第でストリート系っぽくなりそうなポテンシャルもいいなと思いました」と話していました。

納車してからすでに2回立ちごけしてしまったそうで、取材中のバイクの向き変えなどは念のために彼氏さんがお手伝い。「取り回し練習は今後の課題です」とのことです。そんな頼もしい彼氏さんとは今年で交際8年目になるそうですが、今は東京と静岡の遠距離恋愛なんだそう。バイクという共通の話題があることは、遠距離恋愛中の関係を良好に保つ秘訣のひとつでもあるんだとか。

取り付けに苦労したというサイドバッグ。
立ちごけした際にバーエンドが傷ついてしまったので交換したそう。
二度の立ちごけから車体を守ってくれたエンジンガード「付けておいて良かったです」とのこと。
身長163cmのIMAPONさん。GB350の足着きは土踏まずの手前くらいまでですが、不安定感は感じないといいます。

GB350×初心者ライダー「初めてのバイクにGBを選んでよかった」

高校時代の同級生(ホンダ レブル250乗り)と一緒に来場していた27歳の男性と愛車のGB350。

高校時代の同級生(ホンダ レブル250乗り)と一緒に来場していた27歳の男性。
2022年の5月に免許を取得し、はじめは「正直、自分のバイクを買わなくてもたまにレンタルすればいいかな」と思っていたそうですが、乗りたいときに気軽に走り出したい!と思い直し、5月末にGB350を購入しました。

愛車・GB350の魅力はズバリ音!! とのことで「バイクって、人によってはちょっとオラオラしたイメージを持たれていることも多い乗り物じゃないですか。GB350の音はパタパタパタ〜って感じで、攻撃的ではなく上品。そこが良いです。なので、今後は純正の音の良さを大切にしつつも、音に特化したカスタムができたらいいな〜と思っています。モリワキのマフラーとかが気になっているんですよね」と話しました。

ライダーデビューから約3ヶ月、これまでのバイクライフで一番印象に残っている出来事について尋ねると「思い出というと、まだ納車されたときの喜びのイメージが強いですね。初めて愛車を動かしたときには頭の中でポルノグラフティの曲、ハネウマライダーが流れていました。『新たな旅立ちにモーターバイク♬』って。あとは、一度土砂降りのなかで都内をツーリングしたのも印象に残っています。バイクって楽しいだけの乗り物じゃないんだぁと学ばされたいうか、洗礼を受けた気分でした(笑)それはそれで楽しかったんですけどね」と答えてくれました。

サイドバッグはベルト締めでレトロな雰囲気のあるものをチョイス。
カスタムはスマホホルダーやサイドバッグなど、利便性重視!!
バイクに乗る際も「ラフなファッション」が好みだといい、プロテクターはTシャツの中に装着しているそうです。
今日のファッションの主役はアパレルブランドBACKDOORのTシャツ。一般アパレルブランドのアイテムを取り入れたライディングスタイルが好きなんだとか。
続いては「GB350S」オーナーさんの声を紹介!

1

2
CONTACT

「レブル&GBミーティング」公式ウェブサイト

メールアドレス:rebel-gb-meeting@hm-japan.com(Rebel × GB Meeting 運営事務局)

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

ボックスリュックとしても使用可能! GOLDWIN・GWMX-OVERリアバッグ35 クラシカルスタイルのW800用リヤショックアブソーバー2タイプ・4モデルが登場 R1200GSのヘッドライトをLEDに換装するキットが登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP