新製品

ムック『俺たちの原付二種 1970年代編』が2021年10月28日に八重洲出版より発売!!

国内メーカー各社から大排気量の並列4気筒エンジン車が続々と登場し、その波が中型クラスにも及んだ1970年代。
ですが、一般ユーザーにとってもっとも身近な存在として人気を博したのは、50cc超125cc以下の小型二輪、いわゆる「原付二種」でした。個性あふれるデザイン、オリジナリティあふれるメカニズムと快活な走り……。
2021年10月28日に八重洲出版より発売される『俺たちの原付二種 1970年代編』を読めば、そういった「原付二種」モデルがいかに魅力あふれる存在であったのかが分かるはずです。

『俺たちの原付二種 1970年代編』の目次。

『俺たちの原付二種 1970年代編』では、国内4メーカーから発売された原付二種モデルの変遷と魅力を、1951年創刊の二輪月刊誌『モーターサイクリスト』が展開した当時のテスト記事を織り交ぜながら紹介します。近年再び人気が高まっている原付二種モデルの進化を見て読んで楽しめる内容となっています。

『俺たちの原付二種 1970年代編』収録コンテンツ

1970年代国内メーカー各社の原付二種カタログ

○HONDA
ベンリイCB90JX/ベンリイCL90/ベンリイSL90/ベンリイCD90/スーパーカブC90/ベンリイCB125/バイアルスTL125/エルシノアMT125/1X(ダックスプロトタイプ)/マイティダックスホンダST90 etc.
○YAMAHA
スポーツHX90/トレールHT90/ミニGT80/ビジネスYB90/メイトV90/スポーツRD125/トレールAT125/ジッピィLB80 etc.
○SUZUKI
ハスラー90・125/バンバン75・90・125/K90/スーパーフリー90 etc.
○KAWASAKI
90-TR/90-DX/90-MS/125-TR/75MT1 etc.

ホンダの章では約80台を紹介。
ヤマハの章では約70台を紹介。
スズキの章では約69台を紹介。
カワサキの章では約40台を紹介。

『モーターサイクリスト』過去記事ダイジェスト

○1973年2月号「特集 90ccクラス18車ジャンボテスト」
○1973年8月号「特集 125全バリエーションの実地性能比較」
○1974年1月号「特集 125スポーツのTest&Check」
○1974年7月号「特集 ミニバイク・スペシャル」
○1976年10月号「新ジャンルに挑戦 Dax ホンダ開発秘話」

『モーターサイクリスト』過去記事ダイジェスト。画像は1974年1月号「特集 125スポーツのTest&Check」。
『モーターサイクリスト』過去記事ダイジェスト。画像は1974年1月号「特集 125スポーツのTest&Check」。
『モーターサイクリスト』過去記事ダイジェスト。画像は1976年10月号「新ジャンルに挑戦 Dax ホンダ開発秘話」。

コラム

○戦後~60年代の原付二種事情

『俺たちの原付二種 1970年代編』書籍情報

発売日:2021年10月28日(木)発売
サイズ:A4変型 ページ数:オールカラー92頁
価格:1100円(1000円+税)
発売元:八重洲出版

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●八重洲出版

お問い合わせ

TEL(八重洲出版代表):03-3552-8431

八重洲出版バイク関連書籍ラインアップ

Amazonでのご購入はこちら

おすすめ記事

スズキ&意外なプジョー!実は少ない同ブランド間「クルマ×バイク」コラボモデル 最強モデルはどれだ!?第2弾 航続距離の長い150~250ccスクーターベスト6 コードバンにクロコダイル……話題の「AirTag」ケースを革製品のスペシャリスト・ペアスロープが製作!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. スーパーカブ 50 ホンダ 2022
PAGE TOP