用品・グッズ

街乗りにもツーリングにも使い勝手を追求した充実の装備「ZENITH YJ-21 ゼニス グラフィック/YJ-22 ゼニス」

まるでヘルメット専門メーカーのような多彩なラインアップを誇るヤマハ純正ヘルメット。その中には、マウスガードがフリップアップするシステムヘルメットもラインアップされている。それが、シェル側面のフラット化によりスタイリッシュさと空力性能を高め、さらに軽量化も実現したYJ-21ゼニス。見た目はスポーティなフルフェイスながら気負わずにかぶれるので、XSRシリーズなどのスポーツヘリテージバイクとの相性が良さそうだ。単色モデルに加えてゴールドのピンストライプを採用したシックなグラフィックモデルも用意するなど、デザインにこだわるライダーでも満足できるに違いない。

デザインと言えばオープンフェイスのYJ-22ゼニスも注目。円形のシールドベースやシェルの丸みに合わせたシールド形状など、実用品であるヘルメットに遊び心を付加。こちらはMAXシリーズやトリシティなどのスポーツコミューターにマッチするはずだ。

いずれも強靱なポリカーボネート製複合素材帽体や、簡単に出し入れできる大型インナーサンバイザーを採用。オプションでシールドの曇りを抑えるピンロックシートにも対応し、インカムのスピーカーホールも備わるなど旅適性も高い。ツーリングにぜひ連れ出してほしいヘルメットだ。

(右)YJ-21 ゼニス グラフィック
価格:3万3000円/カラー:セミフラットブラック、パールホワイト
サイズ:S、M、L、XL/規格:JIS、SG

(左)YJ-22 ゼニス 
価格:1万8700円/カラー:パールホワイト、セミフラットブラック
サイズ:S、M、L/規格:JIS、SG

顎下の赤いパーツがマウスガードの開閉レバー。これを引けば片手で簡単に開くことができる。写真のように最大に引き上げると固定され、閉めるとカチッという音がするので確実にロックできる
内装は取り外して洗濯が可能。このコンフォートライナー(写真)とチークパッドはそれぞれ、きつめ、標準、ゆるめの3サイズをオプションで用意する。YJ-22 ゼニスの内装はシックで汚れが目立たないブラウンカラーだ
両モデルともに使い勝手に優れるステンレス製のワンタッチバックルを採用。このバックルは安心のメイド・イン・ジャパンで、素早く確実な着脱が可能なだけでなく、グローブをつけたままでも操作できるのがうれしい

YJ-22 ゼニスは頭頂部、YJ-21 ゼニスは頭頂部と口元にベンチレーションを装備。トップベンチレーションは大型の開閉スイッチで操作性を向上。マウスベンチレーションは従来モデル比2.65倍の空気流入量を実現している。

photo●北村誠一郎/ワイズギア

問い合わせ先

ワイズギア
TEL:0570-050814
https://www.ysgear.co.jp

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第22話:聖夜にお届け! モンスター400君【隔週連載】 そばを求めて峠を越える〜信州そば紀行1 富倉/須賀川/戸隠/小谷〜 【モーサイチャンネル】RZ250R改 RZ500Rエンジン始動
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP