豪雨でも熱心に働く日本人と、止むまで雨宿りするタイのバイク便から見る国民性の違い

バンコクの中華街。常に大渋滞であるこの場所も、雨が降ると交通量が激減する
豪雨によって冠水した道路。こうなると地元民以外はなにがあるかわからないので通りたがらない
先ほどの写真と同じ場所。普段はこういった状態の道だ
バンコク中心地の様子。晴れている日中はバイクの数が多い
最近はレインコートを着るライダーも出てきてはいるのだが、その数はまだ少ない
ベトナムにはハンドルと後部座席を覆うバイク用のレインコートがある。タイにはない
航空機から撮影した雨が降っているタイの様子。
ゲリラ豪雨前の突風で倒壊した看板
この画像の記事ページへ
  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

  1. 返礼品は「マンホールの蓋デザイン権」設置場所も選べる!! 島根県吉賀町のふるさと納税が内容も寄付額もぶっ飛んでる件
  2. バイクのオークション落札相場、20年〜22年の2年間で約6万円も高騰!! クルマも高騰している?
  3. 「麻績」「巨椋」「南風原北」読める? 全国の“難読”インターチェンジ名5選
PAGE TOP