日本にも熱心なファンがいる! 海外の農場・牧場のみで使われる特殊車「農業バイク」って何だ?

スズキ TF125。燃料タンク容量13L、シート高835mm、最低地上高250mm、車両重量102kg。
スズキ TF125のシート下収納。車検証や工具などが入るスペースが確保されている。
スズキ TF125の123cc空冷2ストローク単気筒エンジン。
うるちさんはTF125のリヤキャリヤにコンテナを装備し、日用品の買い出しに活用している。
調理器具やシートなどをコンテナに積んで、うるちさんがTF125に乗ってツーリングに行ったときの様子。
リヤキャリヤのコンテナにはコーヒーミル、食材、調理器具など大量の荷物を積んで、屋外でのランチを楽しんでいる。
オーストラリアのホンダ XR190。価格は5099オーストラリアドル(約38万円)。
ニュージーランドのホンダ XR190。価格は5295ニュージーランドドル(40万円)。
広大な牧場を犬とともに駆け回るホンダ XR190(ニュージランド仕様)。
ヤマハ AG200F。価格はオーストラリアで5799ドル(約44万円)、ニュージーランドは5899ドル(約41万円)。
ヤマハ AG200F。主にオーストラリアやニュージーランドの広大な牧場や農場で活躍している。
スズキ DR200SE/トロージャン。価格はオーストラリアで4490オーストラリアドル(約34万円)、ニュージーランドは5999ニュージーランドドル(約42万円)。
カワサキ ストックマン250。価格はオーストラリアで6299オーストラリアドル(約48万円)、ニュージーランドは6343ニュージーランドドル(約45万円)。
ストックマン250のメーターまわり。ベースとなったスーパーシェルパのものとほの同様。
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. Z H2やNinja ZX-25Rもレンタルできる! カワサキが「カワサキプラザレンタル」のサービスを開始
  2. カワサキがデュアルパーパスモデル、KLR650をフルモデルチェンジ!
  3. 北米市場で新型インディアンFTRシリーズを発表
PAGE TOP