ヒストリー

Z1000(J)とはどんなマシンか? ’70〜80年代Zシリーズとの比較で魅力を探る(Z1編)

’70〜80年代中盤にカワサキのフラッグシップを務めた空冷Zシリーズは、大別すると、1:’73〜80年型の前期(Z1とその直系子孫であるZ900、Z1000(A)、Z1000MkⅡ、Z1-R/Ⅱなど)、2:’81〜85年型の後期(Z1000(J)とZ1100GPが同時期にデビューし、後にZ1000RやZ1100Rなど)、3:GPz1100(’83〜85年型)の3種に分類できる。

この中で当企画がスポットを当てるのは、“J”という形式名称が与えられた第二世代のZ1000である。
ほかのZシリーズと比較すると少々地味な感が否めないこのモデルに、あえて今、注目してみることにする。

前回のZ1000Jに続き、名車の誉れ高い、Z1に触れていこう。

※本記事は別冊Motorcyclist2009年12月号に掲載されていたものを再編集しています。

 

ザッパーとしての“Z1”

改めて考えてみると2台のZ、Z1とZ1000Jを同一条件下で乗り比べれば、Jに軍配が上がるのは当然である。
何と言ってもJは前期モデルの問題点を解消するために生まれたのだから、こういった比較試乗でZ1に負けてしまうようなら、当時のカワサキは何やってたんだということになってしまう。

実際、今回の試乗で改めて僕は、エンジンパワーの引き出しやすさ、フレーム剛性の高さ、サスペンションのしなやかさ、操縦性と安定性の振り分け方の絶妙さ(キャスター/トレール/ホイールベースは、前期モデルが26°/85〜90㎜/1500㎜近辺だったのに対し、Jは27.5°/99㎜/1520㎜と安定成分重視の数値に変更されている)など、ほとんどすべての点でJがZ1を上回っていることを再確認した。

とはいえ……。
数十年の時を経た現在、そういった要素を前提に車両に優劣を付けるのはどうなんだろう、と思わないでもなかった。
どちらが楽に速く走れるかと言ったら、それは間違いなくJなんだけれど、Z1のソリッドさやダイレクト感、そして何より、カワサキが言うところの“ザッパーらしさ”(ザッパーはZ1開発時にカワサキが生み出した造語で、軽快さと速さを追求したマシンのことを指す)では、Z1のほうが上ではないか。

そう、Z1はザッパーなのである。
車重や車格はそんなにJと大差ないものの、落ち着いて穏やかなJとは違って、Z1は軽快かつやんちゃにビュンビュン走る。
このビッグバイクらしからぬ軽やかさと’80年代以降のモデルではもち得ないソリッドさは、Z1を筆頭とする前期型ならではの魅力じゃないか。

ということに気づいたところでふと思い出したのが、歴代Zシリーズを数多く乗り継ぎ、今はZ1を愛用している友人が少し前に言った、「Jはよくも悪くも中途半端なんだよ」という言葉だった。
そのときは何を言っているのかよく分からなかった僕だが……。

今回のように3台のZを試乗すると、ザッパーらしい瑞々(みずみず)しさを感じるZ1、圧倒的なパワーと抜群の高速安定性を発揮するGPz1100を前に、Jのキャラクターは輪郭があまりはっきりしていないような気がしてくる。
もちろん、はっきりしていないからこそ何にでも使える魅力というのがあるのは事実だし、旧車のようで旧車の領域に収まり切らないJの乗り味は現代でも多くのライダーから支持を集められると思うものの、Jを試乗している最中、僕の頭の中にはずっと、“ハンドルとステップをもっとスポーティな設定にしたらどうだろう”、“リヤショックを替えてみたい”といった感じでさまざまなカスタムプランが浮かんでいた。
それがZ1やGPz1100でなかったわけではないけれど、当時の技術者の思いをそのまま受け止めたくなるZ1とGPz1100に対して、Jは各部に自分なりの色を付けていきたくなる。
もちろん、それは全然悪いことではないのだが……。

問題はZというオートバイに何を求めるかだろう。
今回試乗した僕以外の3人は、たまたまJの乗り味がストライクゾーンど真ん中だった模様だが、少し立ち位置が変わればZ1やGPz1100がドンピシャリとなっても不思議ではない。

いずれにしても今回乗った3台のZは、’70〜80年代のカワサキを代表する名車であると同時に、それぞれがほかでは替えが利かない、“立つ瀬”を持ったバイクなのだ。

 

1973〜 Z1 900super 4

文●髙野英治 車両協力●ドレミコレクション

世界一を標ぼうした’70年代の名車

「ベスト・イン・ザ・ワールド(世界一)」を標榜する世界戦略車として生まれたカワサキの旗艦であり、開発は’67年からスタート。
903㏄の排気量とDOHC2バルブ4気筒の心臓部が与えられ、当時最速だったホンダCB750fourを凌駕するとともに最高速度は200㎞/h超を公称。
北米市場を主体に’72年夏から出荷されるや、高性能ぶりはもとより耐久性にも優れ、世界各地のレースでも大活躍。
後継のZ1000およびZ1000MKⅡまでがZ1直系の血統と言えるが、これらを含めてZシリーズは`70年代を代表する稀代の名車となった。

 

↑曲線を基調としたフォルムが特徴で、ミラーやメーター、テールランプの形状も丸形。
前輪19/後輪18インチのスポークホイールを持つ足まわりや大アップハンドルは当時の標準的な構成で、4気筒を主張する4本マフラーは’76年型Z900まで採用された。
 


↑エンジンは空冷2バルブDOHC4気筒、排気量は903㏄でボア×ストロークは66×66㎜、気化器はミクニVM28SCを装着。
Z1は初期型のみエンジンが黒塗りで、`74年以降はシルバー仕上げに。キックペダルは’79〜80年型Z1000MKⅡまで装着された。
 

↑メーターも丸形の二眼式だがケースの形状は砲弾型。
左に速度計、右に回転計を備え、中央は警告灯を配したオーソドックスな構成。
メインスイッチ上にはキーホルダーを差し込んでおくための穴がある。
北米向けは160mph、欧州向けが240㎞/h表示。
 

↑当時普及し始めたディスクブレーキはフォーク前側に片押し1ポットキャリパーをセット、ディスクも固定式+穴なしが定番。
標準では左側シングルディスクだが、オプションで取材車のようなダブルディスク化キットも用意されていた。
ディスク外径は296㎜。
 

↑モナカ合わせ構造の4本出しマフラーもZ1を象徴するパーツで、取材車は刻印のない無番タイプを装着。
18インチの後輪に組み合わされるブレーキは200㎜径のドラム式。
リヤ2本ショックも当時の一般的な構成で、北米向けは上部に赤い反射板を備える。
 

↑シートは横開き式でキーロック可能。
前からエアクリーナーボックス、バッテリー、工具の順に収められている。
後部にはメッキ仕上げのグラブバーを備え、テールカウルには引き出し式のトレーを内蔵、これが書類やオーナーズマニュアルのケースになっている。
 

↑ティアドロップ形状の燃料タンクは18ℓ容量を公称、’75年型までは内プレスと呼ばれるタンク形状で、燃料キャップもキーロック機構を持たない。
初期型のみKAWASAKIのエンブレムがやや小さく、ツートーンのカラーリングも’74年以降はデカールを一部に採用した。

 

Z1(1973年型北米仕様)主要諸元

●エンジン 空冷4サイクル並列4気筒DOHC2バルブ ボア・ストローク66.0×66.0㎜ 総排気量903㏄ 圧縮比8.5 燃料供給装置VM28SCキャブレター 点火方式ポイント 始動方式セル/キック

●性能 最高出力82hp/8500rpm 最大トルク7.5kg-m/7000rpm 

●変速機 5段リターン 変速比①3.17 ②2.19 ③1.67 ④1.38 ⑤1.22 一次減速比1.73 二次減速比2.33

●寸法・重量 全長2205 全幅800 全高1150 軸距1490 最低地上高160 シート高820(各㎜)キャスター26° トレール90㎜ タイヤサイズF3.25-19 R4.00-18 乾燥重量230㎏

●容量 燃料タンク18ℓ オイル4.0ℓ

※「900SUPER 4」はカタログ等に表記されていた説明的な文言で、正式な車名ではないと思われる。

 

現代に蘇える新車のZ

Z1の試乗車を借用したのは、ドレミコレクション。Z1/2をはじめとしたリプロパーツの製作販売でおなじみの同社だが、車両の再生も手がけるのだ。
エボリューションと称したこのメニューは、車両代込みで148万円〜Z1の再生新車が購入できるというもの。
自らが車両を購入してベースとするよりかなりお得な内容なので、Z1の購入を検討している人は、一度同社に相談してみるといい。

●ドレミコレクション本社   www.doremi-co.com
〒712-8043 岡山県倉敷市広江1-2-22  TEL:086-456-4004

●東京営業所
〒131-0034東京都墨田区提通1-11-23  TEL:03-5631-8228

 

→:Z1000J編はコチラ

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 歴史を彩った名車シリーズ DUCATI 900SS
  2. 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史5】市場…
  3. これが……カタナにZだって? 名車の名を冠する”アレ…
  4. 我ら、10万㎞クラブ 〜最終回〜 HONDA CBX1000[1…
  5. 電動アシスト自転車の先祖? 最近話題になったホンダ・ピープルって…
  6. RG400/500Γ、NS400R、RZV500R…… 大排気量…
  7. 意外な企業がつながっていた!? クルマと同名のバイク【カワサキ-…
  8. 【バイク熱狂時代は永遠に:3】レプリカヘルメットやスーパークロス…

おすすめ記事

新潟県と神奈川県にカワサキプラザがオープン! 初夏のレジャーツーリングに間に合わせるなら今!!ハーレーの「FREE[ER] TOURING FAIR」 東京オートサロン2019で、敢えて二輪車関連の話題を探してみる その1 モンキー125の積載能力をアップするリヤキャリヤが登場 2018年で"デビュー○周年"!【SR&STEED&ハーレー編】 匿名係長 第5回 ドゥカティ1199パニガーレの巻(前編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP