ヒストリー

【愉悦のaround 50ps】峠小僧が憧れたバイクに乗ってみた(GSX-R編)

“中免”の極北

’80年代初頭の空前のバイクブームを象徴する2台のマシンを紹介する【愉悦のaround 50ps】だが、前回は「NSR250R」を紹介した。
レーサーレプリカと聞けばNSR250Rを筆頭に250cc2ストロークエンジンを備えるバイクを想像する人も多いだろうが、今回紹介する「GSX-R(GK71B)」はミドルクラスを代表するレーサーレプリカだ。
中免で乗れる当時の最高峰マシンに触れる。

※本記事は別冊Motorcyclist2014年7月号に掲載されていたものを再編集しています。

 

「やらまいか」精神が結実

1984 SUZUKI GSX-R 59ps

GPレーサーRGΓのレプリカ、RG250Γが華々しくデビューを果たした’83年。
スズキは400㏄クラスでも技術的な見どころの多いモデルをリリース。
それが、型式名GK71AことGSX400FWだ。ヤマハXJ400Z-S(55㎰)と並び、いち早く400㏄直4ユニットに水冷を導入。2渦流燃焼室(TSCC)を採用したDOHC4バルブエンジンは50㎰/1万500rpmを発揮。
フロントにアンチノーズダイブ機構ANDF付きフォーク、リヤはスプリングプリロード調整ダイヤルを設定したフルフローターサスを装備するなど、足まわりも時代を先取りしていた。

だが、スチール製角パイプ“L-BOX”フレームの採用や各種豪華装備などが積み重なり、乾燥重量は178㎏(ハーフカウル。ミニカウル仕様は177kg)。
この車重自体はライバルたちと大差はなかったものの、空冷ながら回転数応答型バルブ休止機構“REV”を導入し、58㎰をたたき出したホンダCBR400Fや、流麗なスタイルに積む空冷2バルブ4発を矢継ぎ早にアップデートしてきたカワサキGPz400/F(3月発表・51㎰/11月発表・54㎰)らの中で埋没してしまったのは事実。
「やられたらやり返す。倍返しだ!」と当時開発者が言ったかどうかは不明ながら、Γの4サイクル版を「やらまいか(やろうじゃないか)!」と一致団結したのは間違いない。

 

今に続く名ブランドの原点は400cc革命児

かくして’84年、GSX-R(GK71B)登場。ライダーたちは2年連続で、スズキに度肝を抜かれることとなった(ちなみに翌’85年には、GSX-R750とRG400/500Γが国内発売)。

●“POWER ENDURANCER”の名コピーとともに登場したGSX-R。モチーフは耐久レーサーGS1000R。丸目2灯ヘッドライトは4サイクルレプリカのアイコンとしてライバルメーカーに広がったが、当の400版GSX-Rはちょっと迷走……。MR-ALBOXは「MR787」という特殊アルミ三元合金を素材としたもので、フレーム単体重量は7.6㎏。兄貴分GSX400FWのL-BOXスチール角フレームより6.4㎏も軽く仕上がっている。なお、アンダーカウルとシングルシートカウルは、当時の純正オプションパーツ

●車体左側にあるヘルメットホルダー。キーをさして左に回すとホルダーが開き、右に回すとシートが外れる仕掛けになっている。シングルシートカウル内は小物入れとしても利用可能。シートは肉厚だが、形状が適切なので足着き性は良好。太もも内側が吸い付くような燃料タンク形状も含めて、体が触れる部分の形状がよく練られ、ストレスを感じにくいのがスズキの伝統芸とも言える

Γのアルミフレームをさらに進化させたMR(マルチリブ)-ALBOXフレームを採用し、エンジン本体もニューTSCCを取り入れつつ大幅に軽量化。
ブレーキや車体各部の駄肉も徹底的に削ぎ落とされ、FW比で26kgもの軽量化を実現して乾燥重量は152kg。
最高出力はクラストップの59㎰/1万1000rpm(最大トルクは0.4kgm増大)をマークし、この数値が結局、400ccクラスの自主規制値となる。

●GSX400FWから新規採用された愛三工業のアルミ製2バレルSUタイプキャブレターは、GSX-Rへの装着に際してベンチュリー径を26㎜径から27㎜径に拡大。バルブの大径化に合わせ、吸入空気量の増大が図られた

耐久レーサーレプリカという世界を切り開き、30年経った今でも600/750/1000スーパースポーツに名を残すモデルの始祖はアラウンド50㎰車としてもぜひ試乗したい。
縁あって、驚くほど程度良好な車両を取材できた。

実車を前にした瞬間、泣きそうになる。

しげの秀一作「バリバリ伝説」で、グンとヒデヨシが鈴鹿4耐を戦ったマシンと同じカラーリング!
車体各部に小傷こそ散見できるものの、カウルやタンク塗装面にヤレはなく、シート表皮にヒビ割れひとつもない。

当然のようにセル一発で目覚めるエンジン。
アレ? タコメーターが動いてない……ってお約束。
まさに’83年のRG250Γが初採用し、以降RG/RGV系やGSX-Rシリーズに装備され続け、一部ヤマハレプリカモデルへも飛び火した“3000rpm未満切り捨てタコメーター”だ。

●速度計の文字盤、80㎞/h以上の速度が赤く塗られているのが時代だ(80㎞/hから赤く輝く速度警告灯インジケーターもある!)。そして賛否両論、話題を集めた3000rpm未満を切り捨てる回転計。まぁ、確かにレーシーだが

いざ走り出しても回転計は沈黙を守ったまま。
そう、低速から非常にブ厚いトルクが発生しているのだ。
あえてギヤを素早くかき上げると、本当に針をピクリともさせないまま、一般道の流れには十分乗れてしまう。

一転、エンジン回転を上げてみると、6000~7000rpmあたりから4into1マフラーの“コーッ!”といった快音が高まり始め、パワーバンドに突入する8000rpmからレッドゾーン1万2000rpmまでは、一段と鋭い吹け上がりとともに、ヨシムラサイクロンもかくやの調音された咆吼(ほうこう)が周囲を震わせる。速い!

何というか、吸気されたエアが2バレルSUタイプキャブを介して混合気となり、ニューTSCCで実現された真円シリンダーヘッド内で完全燃焼された後、マフラーから排出されるまで、よどむところが皆無という感じ。

●250cc2サイクルが見せる二次曲線的な爆発力こそないが、スロットル操作へ実直に正比例しつつ力を発揮する400cc4サイクルならではの扱いやすさは楽しさにも直結。超高回転化によって文字どおり“搾り出される”250cc4サイクルのパワーとは余裕が違う

●最初期のレーサーレプリカはライポジも楽。ハンドルもしっかりトップブリッジの上でクリップされている。タンクの形状は絶妙で、ハンドルをフルロックしても適切なクリアランスが必ず残る。ブリーザーパイプも懐かしい。カウル内部にはラジエターがむき出しとなっており(整流用の導風板はどこにも見当たらない)、ヤル気を出してスロットルを広く開けると、呼応するかのように熱気が立ち上ってきたのには笑ってしまった

実際、そこには各種センサーも三元触媒もECUマップによる演出もなく、限られた排気量の中で最大限のパワーを引き出すべく試行錯誤した、開発者の創意工夫があるのみだ。

意外だったのはフロント16インチホイールの素直な操安性。
ダンロップTT900GPを履いていたせいもあるのだろうが、もっとクセが強いのかと身構えていたら、倒し込みも実に素直。
七五三掛店長いわく「スズキの16インチ車は、どれもクセがないですね。肩を入れるだけで曲がっていきます」とのこと。
前後サスの動きがスムーズだったおかげもあるだろう。

ただ……ANDF(アンチ・ノーズ・ダイブ・フォーク)の作動には、最後まで完全に慣れることができずじまい。ちょっと残念。

●ブレーキはフロント8+リヤ2の10個のピストンで制動力を得るということから、デカ(DECA:ラテン語で10を表す)ピストンブレーキシステム=DPBSと呼称された。キャリパーの前方にあるのがANDFのユニットだ……

しかし、逆に言えばそこしかネガを感じることもなく“素”の原動機が発揮する、突き抜けるような59㎰を存分に楽しませてもらった。

4メーカーのひしめく国でありながら、圧倒的大多数が400㏄以下しか選べないという極限状態と、技術の革新が密接にリンクしたため輩出された、小排気量アラウンド50㎰モデル。
それら1台1台に込められた異様なほどの情熱は、間違いなく本物だったのだ。
 

1984 GSX-R(GK71B) 主要諸元

●エンジン:水冷4サイクル並列4気筒DOHC4バルブ 総排気量:398㏄ 燃料供給方式:キャブレター(AS27VW)  
●性能:最高出力:59㎰/11000rpm 最大トルク:4.0kgm/9000rpm 
●変速機:6段リターン
●寸法・重量:全長2090 全幅710 全高1185 軸距1425 シート高780(各㎜) キャスター:27°25′ トレール:96㎜ タイヤサイズ:Ⓕ100/90-16 Ⓡ110/90-18 車両[乾燥]重量: 176[152]㎏ 
●容量 燃料タンク 18ℓ オイル 3.0ℓ
●当時価格 62万9000円

 

“中免”で乗ることのできた4発バイク!

1984 YAMAHA FZ400R

実はたったの2カ月遅れで59㎰一番乗りを逃した(GSX-Rは3月発売)ヤマハ流レプリカ。
鉄フレームだったが、秀逸なデザインから人気を集め、FZR400が出ても併売されていた。写真は’86年型。

当時価格:59万8000円
エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
車重:188kg
最高出力:59ps/12,000rpm
最大トルク:3.7kgm/10,000rpm
最高速度:170km/h

 

1985 SUZUKI RG400Γ

500Γと同時開発された“中免”向けリアルGPマシンレプリカ。
何と言っても2サイクルスクエアフォーエンジンである!
写真は同年のウォルター・ウルフ仕様。ホンダからは、V3のNS400Rも出た。

当時価格:65万9000円
エンジン:水冷2サイクル4気筒
車重:153kg
最高出力:59ps/9,000rpm
最大トルク:4.9kgm/8,500rpm
最高速度:175km/h

 

1985 KAWASAKI GPZ400R

アルミクロスフレームに水冷59㎰エンジンを搭載しつつも、独特なスタイルで勝負しベスト&ロングセラーに輝いた異色モデル。
おかげで後継のGPX400Rは全く目立てずじまい。写真は’89年のD-4型。

車重:200kg
最高出力:59ps/12,000rpm
最大トルク:3.6kgm/10,500rpm
最高速度:175km/h

 

1989 HONDA VFR400R

VFR750R(RC30)の弟分・NC30として知られ、360度タイプのクランクを得たV4エンジンは、小変更で70㎰超えも可能という評判を持つ。
骨格は異形五角断面アルミツインチューブフレーム。

当時価格:74万9000円
エンジン:水冷4サイクルDOHCV型4気筒
車重:164kg(乾燥)
最高出力:59ps/12,500rpm
最大トルク:4kgm/10,000rpm

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. CB、マッハ、Z2、GT、TX 1970年代ナナハンマシン「最も…
  2. 打倒ホンダっ!! 他メーカーが生み出したスーパーカブの“フォロワ…
  3. これぞ大人のバイク! 歴史ある空冷4気筒エンジン車、ホンダ・CB…
  4. 【’80sバイク熱狂時代】バイク技術の進化と淘汰の歴…
  5. まさに高嶺の花だったWGPレプリカマシン、ヤマハ・RZV500R…
  6. ダブルスプロケット ハンターカブを育てたメカニズム「ダブルスプロケット」はこうやって…
  7. 2018年で デビュー○周年!【CBX&Z1300&XS1100…
  8. いま見ても衝撃のスタイル! 2000年代に登場した唯一無二のスー…

おすすめ記事

【北海道を食べつくす】地域に根ざした食も見逃せない!好奇心をくすぐる厳選地元メシ! アルパインスターズ製グローブの写真を投稿すると抽選でエンジンオイルがもらえる? ご機嫌なキャンペーン実施中!! 夏に食べたい! 旨い「レア飯」6選 in 信州 こんな技術もあったのか!? 変革期、進歩過程で淘汰された「昭和に消えたバイク技術」 個性的な蛍光カラーを採用したZ-7のニューカラー 往年の名ライダーが来場するSUZUKA Sound of ENGINE2019のチケットは9月15日発売 【NEW ITEMS】安全性とファッション性の化学反応!?イタリア製バイクウェアが日本上陸 三ない運動よさらば!! 昭和から続く「負の遺産」に大きな動き 【二輪車販売最前線】2019年上期国内出荷台数は前年比微増 後半戦へ 【NEWS】ゴールドウイングが540台の受注を獲得 発売前日には開発者のトークショーを開催
BIKE王

ピックアップ記事

  1. ニンジャGPZ900R A2
PAGE TOP