ヒストリー

【’80sバイク熱狂時代】今では当たり前に使う”ブランドカラー”はいつから始まった?

ブランドカラーはいつ頃から生まれたのか?

それの大半は1970年代にアメリカのレースで生まれた。
さらにそれは80年代の世界GPではスポンサーカラーに変わり、多くの市販車も華やかなグラフィックで駆け抜けた。

あのころのブームを象徴する出来事だ。

report●関谷守正

※本記事はMotorcyclist2018年1月号に掲載されていたものを再編集しています。

 

ブランドカラーのスタートを切ったのはカワサキだった

その始まりは1969年。
4メーカーの中で北米進出の遅かったカワサキの現地法人KMCは、ブランドイメージの認知促進のため、大胆な色をレーサーに施した。
赤タンクだった車体色をライムグリーンへ、KMCが独断で塗り変えたのである。

●カワサキのライムグリーン採用は新天地アメリカの市場開拓のための一勝負だった。現地では不吉な色をあえて使って目立つと言う"逆張り”に出たのだ。結果は大成功。ハイパワーの2サイクル大排気量マシンの豪快な走りで"パワーのカワサキ”を決定づけた

2018 Z900RS CAFE

ライムグリーンは欧米で〝悪魔の色〟とも認識されており、不吉なイメージがあったことを逆手に取ってレースで目立つというアイデアだった。
ちなみに、大きなKマーク=フライングKや、現在のカワサキにおける二輪ブランドのスローガンである〝Let’s good times roll〟も、このころにKMCが考案したもの。
 
70年にH1R、72年にH2Rという大排気量モンスターマシンが登場すると、レースでのライムグリーン軍団は目立ちに目立ち、〝グリーンモンスター〟と呼ばれたのである。

このカラーリングによるブランド訴求は、スズキとヤマハも相次いで導入。
いずれも世界GPから撤退し(ヤマハはすぐに復帰)、好景気だった北米に注力を開始したのだ。

スズキは71年に、それまでGPで使っていた青/銀を青/白へ。

●スズキも北米市場を狙ったブランディングで、青/白のカラーリングを採用(ただしオフロードはイエローで統一)。当初は青ベースに白ストライプだったが、徐々に白の面積を拡大。ヨーロッパのGPに本格復帰した74年のRG500では、ほぼ半々の面積になった。現在ではそれがスカイブルー一色になっている

2017 GSX250R


 

ヤマハは72年に白/赤を黄/黒へと、新たなカラーリングに塗り替えた。

●俗にストロボラインと呼ばれるヤマハのカラーリングは、正式にはスピードブロックと言う(当初はただの黒ストライプという説もある)。ファクトリー活動再開から市販レーサーTZ発売の流れの中で、72年に採用された。このグラフィック、実はライムグリーンの発案者と同じ人物のアイデアによるもの

2016 XSR900 Limited ver.

これで一気にカラフルになった北米のレースシーンだったが、70年のデイトナ優勝を期にレースから撤退したホンダ(GPは68年から休止)は例外で、おなじみのトリコロールカラーが登場するのはヨーロッパの耐久レースに参戦した76年からと、4メーカー中で最も遅かった。
70年代中盤からGPに復活したスズキ、カワサキは北米の色遣いをそのままヨーロッパに持ち込んで、ブランドカラーとして定着させたのである。

●ホンダのレース活動再開は、当時カワサキが強かった耐久レースへの参戦をフランスホンダが強く要望したことによる。このため9年ぶりのファクトリーマシンRCB1000は、青/白/赤のフランスの三色旗(フレンチトリコロール)をモチーフにペイント。もともとホンダのレーサーは赤タンクだったこともあり、耐久レースを3連覇したマシンの赤を主体にした色遣いがそのまま定着した

2017 CBR1000RR SP

 

30年に渡るGPスポンサー事情

そして、そのGPでカラーリングの新たな流れが誕生した。
それがタバコ企業によるスポンサーカラーだ。
元祖は、75年のソノートヤマハ(現ヤマハフランス)が、フランスのタバコブランドであるゴロワーズと契約して、車体を白/水色/青のゴロワーズカラーに塗ったことだろう。

●ゴロワーズYZRのサロン、ロスマンズNSRのドゥーハン、そしてマルボロYZRのマッケンジー。90年代を迎えるころまでは広告規制も緩やかでタバコスポンサーにも元気があった

以後、83年にスズキがHB(ドイツ)、ヤマハがマルボロ(米国)と契約したところから、一気に世界中のタバコマネーがGPに流れ込んだ。
四輪F1でのスポンサーが飽和状態だったこともあり、大きく隆盛しようとしていた二輪マーケットを新たなターゲットに定めたのだ。

●85年のホンダによるGP500/250のダブルエントリーを期に登場したロスマンズ。その契約金は当時のHRCのレース活動の支柱になるほどのもので、GPだけではなく、耐久レースやパリダカでもロスマンズカラーが走った(契約は93年まで続いた)。スペンサー、ガードナーの活躍で、市販車のロスマンズカラーも大人気。ちなみに00年~06年の鈴鹿8耐ではJTのキャビン、そしてセブンスターがHRCのスポンサーだったことは記憶に新しい

2006ホンダ
CBR1000RR-SPW

同時にほかの産業、例えば酒類・飲料や娯楽、あるいは油脂化学などの方面からもスポンサーが現れた。
90年代に健康問題を理由に欧米のレースからタバコスポンサーが閉め出されて以降は、それらの企業がメジャーなスポンサーとなっていった。

しかし、それでもなお、125クラスにまでスポンサーが付き、異様にカラフルだった80年代のレースシーンは、その〝色〟とともに今でも鮮明な記憶として残っているはずだ。

 

タバコカラー全盛から現在へ

タバコカラーはまさにレーサーレプリカ時代を象徴するもの。
この時期にロードレース活動を再開したカワサキには、このラインアップがなかった。

最初はスズキRG250ΓのHB(ハーベー)カラーで、GSX-Rにも使われた。
GSX-R750Rではヨシムラカラーもあった(後にスズキのMotoGP活動を支えたリズラは、タバコの巻き紙の会社)。
ホンダはロスマンズカラーをNS400Rで採用し、その後NS250Rでは白ロスマンズも登場。
ロスマンズカラーはNSR250R、VFR400Rなどでも大人気。
ヤマハはマルボロとゴロワーズが定番だったが、ラッキーストライクやキリンMetsカラーも懸賞で当たるモデルとして人気を集めた。
タバコ企業撤退のあとは、ホンダのレプソル(石油)やヤマハのモビスター(携帯電話)カラーがおなじみだ。

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【遙かなるグランプリへ2】無謀と言われた挑戦 ホンダがマン島TT…
  2. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…
  3. 【時代を駆け抜けたバイクたち9】トレール・オフロード・アドベンチ…
  4. 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史3】激し…
  5. 【平成バイク大図鑑7】砂漠生まれの実力が旅を進化させた大型アドベ…
  6. 【平成バイク大図鑑2】ゼファーに端を発するネイキッドモデルの台頭…
  7. 【時代を駆け抜けたバイクたち4】HONDA CB1000 SUP…
  8. ファンでなくても知っておきたい!? スーパーカブ雑学大辞典:前編…

おすすめ記事

【ハンドルまわり快適化計画】ワイヤレス充電で電池切れの心配なし!! ライズインターナショナル・ワイヤレスチャージャー&バイクマウント 【ワインディングニッポン】磐梯吾妻スカイライン(福島県) タイガー800とスクランブラー1200の新春特別キャンペーン カーボン部分が丸わかり! スッピン素顔のダカールラリー用バイク「CRF450ラリー」をオートサロンで発見 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史3】激しい販売合戦の勃発(1950〜1956年) ブルターレとドラッグスター、ツーリズモベローチェに深紅のボディカラーを採用したロッソシリーズを設定
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP