アーカイブ

小説と映画で80年代に大ブーム! 『彼のオートバイ、彼女の島』主人公の愛車「カワサキ・W3」はどんな走りのバイクだったのか?

ブーム体験の思い出も交えたW3試乗インプレッション

1970年代後半から1980年代にかけて、バイク好きの若者たちを虜にした小説が片岡義男の『彼のオートバイ、彼女の島』です。1986年に同名の映画が公開されたこともあり(故・大林宣彦監督)、当時バイクで青春を謳歌していた世代などに、絶大な人気を誇りました。
そして、主人公の橋本 巧(コオ)が乗るカワサキ「W3」も、すでに販売が終了していたにもかかわらず、一躍憬れの的となりました。
では、そのW3とはどんなバイクだったのでしょうか? 雑誌『別冊モーターサイクリスト』『モーターサイクリストクラシック』の元編集長で、実際にW3の試乗を経験したことがある筆者が、その独特の乗り味を紹介。『彼のオートバイ、彼女の島』ブームを経験したど真ん中世代でもあることから、当時の思い出も交えて語ります。

*小説について詳しくは、過去記事「片岡義男『彼のオートバイ、彼女の島』に出てきた「カワサキ」とは何だったのか?」を参照下さい


カワサキ「ダブル」のルーツはメグロ「スタミナ」

『彼のオートバイ 彼女の島』の主人公コオが愛機としていたのは、1960年代に開発されたカワサキ「W1」系モデルの末裔、「W3」である。どんなバイクなのか、その生い立ちからを紹介しよう。

W1からW3が搭載する並列2気筒OHV624㏄エンジンは、目黒製作所(後にカワサキに吸収合併される)のメグロ・スタミナK(1962年・497cc)がルーツで、そこから排気量&パワーアップが図られたものだ。

目黒製作所を吸収合併した後にカワサキが製作したカワサキ・メグロ500K2を経て、1966年に登場したのがシングルキャブのダブワンことW1で、当時の国内最大排気量モデルだった。
さらに、これをツインキャブ化と高圧縮化などで53psへ出力アップし、1968年登場したW1スペシャル(W1S)と続く。

その後、国内で主流の左足変速モデルとして(W1とW1Sは右足変速だった)、各部のデザインを変更したW1スペシャル(W1SA)が1971年に登場。ダブルシリーズ中で最多の9870台を生産した。
そして『彼のオートバイ、彼女の島』のコオが愛した650RS-W3が、W1系最終モデルとなる。

カワサキW1S(前期型)。正式な車名は「650-W1スペシャル」。当時の英国車を手本として作られたため、右足シフトだった

カワサキW1SA。正式な車名はW1S同様「650-W1スペシャル」となるが、一般的な左足シフトとなった

「格闘」と表されたW3の乗り味とは?

W3には過去雑誌の企画で2回試乗したが、最初の試乗と2回目の試乗では、その印象が少し違った。2回の試乗の間は20年以上空いていたのだが、その間にW3以外の様々な「W」に試乗したことが大きい。

最初のW3への試乗では、スロットルを開けると「ドゥパパパッ」と音を発する歯切れのよさに驚き、3、4速で3500〜5000rpmでスロットルを開け閉めしながら街中を流すのが刺激的で楽しいと書いた記憶がある。
一方、排気量や音から想像するほどには低速トルクを感じず、5000rpm以上では鼓動感がなくなり振動がすごく増していく。

「巡航するなら時速75マイルくらい(約120km/h)が精一杯」と、当時オーナー氏は語っていた。またW3のセールスポイントのひとつ、フロントのダブルディスクブレーキは現代のディスクブレーキのようにカチッと効かないとも書いた。
歯切れのいい音を伴う走りは耳を始めとした五感を刺激して楽しい。しかし、北米で評価を得られなかった理由が振動と言われており、確かに75〜80マイル(約120〜130km/h)のフリーウェイ走行では厳しかったろうと想像できる。

実際エンジン設計者のカワサキ技師、稲村暁一さんはW1で「振動は諸悪の根源だと学んだ」と語っていたが、この並列2気筒エンジンは日本の一般道ならばちょうどよく、エンジン回転の高低が楽しい速度域で流せる。
ただし、1970年代の国産車のディスクブレーキは、おおむねもっさりしたタッチなのは事実だ。当時のドラムブレーキと性能で大差がなく、下手をすると雨の日はドラムの方が安定した効きが得られるほどだったという。ディスクブレーキの本格的進化は80年代に入ってのことなのだ。

カワサキ650-RS(前期型)。「W3」や「650RS W3」などと呼ばれるが、正式な車名は「650-RS」

ハンドリングを語る前に“重さ”と格闘する

W3がどんなバイクなのかをより実感できたのは、2度目の試乗の時だった。
このときの取材では調子の良好なW1(シングルキャブ、前18インチ)、W1S、W1SA、W3を、W1愛好会の皆さんの協力で一気に試乗させてもらったからだ。以下は各車の印象だ。

W1:前18インチ(他車は19インチ)が軽快なハンドリングで、単キャブ(シングルキャブ)ならではなのか、高回転のパンチはないが、低〜中回転のパワー感が滑らか

W1S:同シリーズの王道でパワーも排気音も明瞭かつ歯切れよく刺激的。(一般車と逆の)右足チェンジで3ダウン1アップの逆シフトパターンは慣れる時間が必要だが

W1SA:走りの印象はW1Sとほぼ同様だが、一般的な左足チェンジだから最初からいいペースで走れる。これが一番ヒットしたのは納得できる

ではW3は? 音や鼓動感は紛れもなくW1系だが、W3の別名「ダイコンマフラー」(マフラー形状からきた異名)が吐き出すサウンドは若干抑制され、W1系ほどの歯切れのよさはない。
そのためW1SA以前のキャブトンマフラーに換装するW3オーナーも多いというが、それよりもW1SAと違うと感じたのはワインディングなどでの手応え(重さ)だった。

W3こと650-RSの後期型。全長2150mm、全幅860mm、全高1120mm、ホイールベース1420mm、燃料タンク容量15L

W1シリーズと同系の624cc空冷4サイクル並列2気筒OHV2バルブエンジン。最高出力は53馬力。W1SA同様に右足シフトで、ミッションは4段リターン

 

W3の振動と重さを小説『彼のオートバイ、彼女の島』のコオは、次のようにに独白していた。仕事仲間と出かけた必死の日帰りツーリングでの場面だ。

“ほんとに死ぬ思いで、午前中ずっとぼくは飛ばしに飛ばした。カワサキRS650は、もともと、加速がどうの、カーブがどうのというマシーンではないとぼくは思う。でも、そうも言ってられない。
(中略)
それに、カワサキの震動。4000回転をこえると、すさまじくなってくる。いつもなら、この震動も、愛するカワサキの大きな魅力のひとつなのだが、今日のような殺人ツーリングではこたえる。ステップに踏ん張っている両足が、震動のせいで、みじかいステップの外へ外へと滑っていく。力を込めて踏んばっても、両足は外へはずされていく。ぴたりと位置をきめてマシーンに乗っているだけで、すでに充分すぎるほどの格闘だ。”(小説より抜粋)

著者の片岡義男はW3を試し、その特性を十分実感したのだろう。
W3は確かに兄貴分より少々重たい。保安部品の大型化やディスクブレーキ化を含む“おめかし”で、車重は約16kg増の215kg。
コーナーでの切り返しでワンテンポ遅れるような重さがあり、Uターンなどでは前まわりの重さでハンドルが内向しやすい(内側に切れ込む)感じもした。そうした印象もあり、W3は最もクルーザー的なW1とも言える。

でも『彼のオートバイ、彼女の島』のコオは、重く古めかしいW3を日々転がす。それが青春期の格闘なのだ。
こうして、バイクの評価基準は軽さと速さだけではなく、速くもないバイクを乗り手の根性と技量で補うのもカッコよさだということを、当時の青臭いバイク乗り、あるいはバイク乗り予備軍に知らしめた(筆者もそのひとりだ)。

70年代前半としては先進的だったフロントダブルディスクブレーキ

そして、W3について思い出すことがもうひとつ。W1系の書籍・資料に当たって、調べものをしているときに見た開発陣のエピソードだ。
英国車にならったエンジン設計で右足変速としたものを、W1SAではスイングアームピボットの貫通穴を経由して逆側にシャフトを回すことで左チェンジ化している。この時も開発陣はさほど乗り気ではなかったというが、販売面では成功したからひとまず納得。
ところが16kgもの装備重量増のW3は明らかに開発陣にとっては気乗りしないプランで、これを「厚化粧」だと言ったとか……。

W3と言えばコオの惚れたオートバイ、厚化粧。このふたつのキーワードが、今もW3を象徴するものとして、私の記憶にくっきり刻まれている。

カワサキ650RS(W3)主要諸元

■エンジン 空冷4サイクル並列2気筒OHV2バルブ ボア・ストローク74×72.6mm 総排気量624cc 圧縮比9.0 気化器:ミクニVM28H 点火方式バッテリー 始動方式キック
■性能 最高出力53ps/7000rpm 最大トルク5.7kgm/5500rpm 最高速度180km/h
■変速機 4段 変速比1速2.54 2速1.71 3速1.22 4速1.00 一次減速比2.26 二次減速比2.33
■寸法・重量 全長2150 全幅860 全高1120 軸距1420 キャスター29° トレール105mm タイヤサイズF3.25-19 R4.00-18 車重215kg
■容量 燃料タンク15L オイル3L
■価格 36万3000円(1973年当時)

レポート●阪本一史(『モーターサイクリストクラシック』元編集長) 写真●澤田和久/モーターサイクリストクラシック 編集●平塚直樹

*『彼のオートバイ、彼女の島』は現在絶版となっているが、電子書籍版では現在も購入することができる。

片岡義男『彼のオートバイ、彼女の島』に出てきた「カワサキ」とは何だったのか?

おすすめ記事

NSR500やRC164など、世界を戦った伝説のマシンが実際に走る! ホンダ・コレクションホール「走行確認テスト」 現代のスリムなバイクに似合う、スリムなシートバッグ 燃費はリッター50kmオーバー! コスパよしの150ccバイク、スズキ「ジクサー」がモデルチェンジ ハーレーのカスタムと言えばOZ-Garage(オズガレージ)!! 新店舗が7月21日にグランドオープン! 【最新ウエアカタログ】機能性とカジュアルさを両立! KUSHITANI・ベクトルジャケット 小説と映画で80年代に大ブーム! 『彼のオートバイ、彼女の島』主人公の愛車「カワサキ・W3」はどんな走りのバイクだったのか?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. XR750 ハーレー
  1. XR750 ハーレー
  2. ジクサーSF250
PAGE TOP