ニューモデル

三輪コミューター、トリシティ155にブルーのホイールが特徴の新色が登場

ヤマハは4月21日、LMW(リーニング・マルチ・ホイール)を採用した軽二輪コミューター、トリシティ155 ABSに新色となるブルーイッシュグレーソリッド4を設定。5月15日に発売する。

トリシティ155 ABSは、フロント2輪・リヤ1輪の三輪スクーターで、二輪車と同じく車体を傾けて旋回するのが特徴。走りと環境性能を両立した155cc水冷単気筒OHCのブルーコアエンジンは、15馬力/1.4kgmを発揮する。今回追加設定されたカラーは、ブラックと青みがかったグレーのツートーンカラーのボディにアクセントとなるブルーのホイールを採用している。

価格は48万4000円。なお、従来からラインアップしているホワイトメタリック6、マットグレーメタリック3の2色は継続販売となる。

●マットグレーメタリック3(左)とホワイトメタリック6(右)

CONTACT

問い合わせ先カスタマーコミュニケーションセンター
電話番号0120-090-819
URLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

 

おすすめ記事

【NEW ITEMS】SHOEI GT-AirⅡ CONJURE / DEVIATION 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史7】歴史の荒波に消えたスクーターたち(1964〜1968年) クオリティの向上と進化に驚く! サイン・ハウスがSYMのニューモデル5車の受注開始 「セローらしさ」って何だ? 初代の構造に込められた“理念” 【快適ツーリンググッズ】ヘルメットも楽々入っちゃう! GOLDWIN ツーリングデイパック クシタニ・アドーネシューズ 2020年モデルは新しい配色とつま先の型押しマークが特徴!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP