キャンペーン

「カルドのメッシュ通信使ってみようキャンペーン」が2021年8月20日より開始 PACKTALK SLIM JBLが約半額で買える!!

数量限定、カルド「PACKTALK SLIM JBL」(通常4万480円)が1万9800円で買える!!

アメリカペンシルバニア州ピッツバーグに本社を置くバイク用インカムブランドの「カルド」(輸入販売元:岡田商事)。
複数のインカム同士が網目状に繋がり、通信の途中で1台が抜けたり距離が離れたりして接続が切れた場合にも再接続の作業がいらないなどのメリットを持つ「メッシュ通信」を世界のメーカーに先駆けて開発、バイク用インカムに導入した高い技術を持つインカムメーカーです。

そんなカルドが「メッシュ通信の便利さをもっと知ってもらいたい!!」という思いから2021年8月20日に開始するのが「カルドのメッシュ通信使ってみようキャンペーン」です。

「カルドのメッシュ通信使ってみようキャンペーン」キャンペーンでは、メッシュ通信が可能なインカムのカルド「PACKTALK SLIM JBL SINGLE」(通常販売価格:4万480)を約半額の1万9800円、同機種が2台セットになっている「PACKTALK SLIM JBL DUO」(通常販売価格:7万6450円)も約半額の3万7800円で購入できるというものです。

特別価格で購入できるのは数量限定で、予定販売数に達し次第キャンペーンは終了するとのことです。

メッシュ通信が可能なカルド「PACKTALK SLIM JBL」ってどんなインカム?

カルド「PACKTALK SLIM JBL」。

カルド「PACKTALK SLIM JBL」はカルドのハイエンドインカムのひとつ。本体と、ヘルメットに取り付けるコントローラー部を分けたセパレートスタイルとすることでコントローラーの厚み僅か6.5mmを実現している超小型インカムです。

コントローラー部はごく薄く設計されています。

ヘルメットに取り付けるコントローラー部を小型化したことで、風切り音を低減でき、ヘルメット自体のフォルムを崩すこともないのが利点です。

コントローラー部がスリムな形状であることで、ヘルメットのフォルムを崩すことなく装着でき、風切り音を低減できるという利点があります。

カルド「PACKTALK SLIM JBL」の最大の特徴はカルド独自のメッシュ通信システムであるDMC(ダイナミック メッシュ コミュニケーション)を採用すること。網目状にネットワークを張り巡らせることで、グループ内の各ライダーの走行順序にかかわらず、最大15人のライダー間で最大通信距離8kmの連続的なインカム会話が可能となっています。

カルド独自のメッシュ通信システムであるDMC(ダイナミック メッシュ コミュニケーション)の接続イメージ。
専用アプリの「Cardo Connect」を使用すれば、ペアリングや機器の設定をより簡単に行えます。

また、音質にこだわっていることも特徴のひとつ。カルドは2019年に世界的に有名なアメリカの音響機器メーカー「JBL」とパートナシップを組んで同社製のスピーカーを標準装備し、明瞭で優れた音質を実現しています。

音質にこだわっていることも「PACKTALK SLIM JBL」の特徴のひとつ。
防水・防塵の保護等級はIP67を取得。雨の日も安心して使用できる。

「カルドのメッシュ通信使ってみようキャンペーン」キャンペーン詳細

期間:2021年8月20日(金)〜販売予定台数がなくなり次第終了
対象製品:「PACKTALK SLIM JBL SINGLE(1個)」および「PACKTALK SLIM JBL DUO(2個セット)」
キャンペーン価格:「PACKTALK SLIM JBL SINGLE」(通常販売価格:4万480円)は1万9800円(キャンペーン予定価格)、「PACKTALK SLIM JBL DUO」(通常販売価格:7万6450円)は3万7800円(キャンペーン予定価格)

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●佐藤竜太、岡田商事

おすすめ記事

【編集部さとうのVITPILEN 701日記】13.rpm(番外編):実はレバーを交換していたのダッ! 自分好みを見つけられるU-KANAYAのアルミビレットレバー カワサキがスポーツツアラー、ニンジャ1000SXの国内販売を発表 自転車にエンジンを付けたような──1910年代のイギリス車に見る「モーターサイクル原始時代」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP