お役立ちノウハウ

【新刊情報】MCクラシック08号11月29日発売!!

続・プロのお仕事お見せします!!!

七転八倒しちてんばっとうし、艱難辛苦かんなんしんくを味わいながら、地道に眼前のトラブルと向き合っていくのがレストア作業。

とは言えやはり個人で解決できるには限界があるし、仕上がりや失敗したときのリスクを考えると、プロの手に委ねるのもひとつのやり方である。

ということで(?)前回に引き続き、巻頭特集は様々な分野で高い技術を発揮しているプロフェッショナル達を紹介する「再生職人」

組み立てクランクのオーバーホールや、フレームの粉体塗装、キャブレターの修理や一般&特殊溶接、クローム再生メッキなど、作業内容は多岐に渡るが、いずれも素人では到底たどり着けない鮮やかの作業を見せてくれ、取材陣が抱いた感想は「さすが」のひとこと。

取材の都合上再生にまつわる全てを網羅もうら! とはいかなかったが、前号と合わせて読めばレストア作業で行き詰まっても解決の糸口を見つけられるだろう。

絶版旧車の長所や短所、魅力や維持する苦労などを紹介する追跡クラシックでは、戦後〜’60年代半ばごろまで生産されたBMWの単気筒シリーズ(R25〜R27)までを取り上げる。BMWと言えばフラットツインの印象が非常に強いが、車検もいらず同社のクラシックモデルと比べると比較的気軽に(?)維持できる250㏄単気筒モデル。誌上では4人の単気筒モデルオーナーやプロショップの話を聞きながら、その実態に迫っている。

●車両紹介では単気筒シリーズの最終型のR27。

また、今号から海を越えて再生されたホンダのワークスマシンRC71(R71Z)の再生録と、某契約ライダーが組んだ(と思われる)CB450エンジンの検証企画も前後編の短期集中連載としてスタート! レーサーのRCは言わずもがな、一見ノーマルに見えたCB450エンジンも実はスペシャルな代物だった!?

ちなみに今号は、これまで誌上を賑わせてきた写真の中から、季節感あふれるものを厳選したスペシャルカレンダーが付いて来ます! 本誌の発売予定日も載っており、これさえあれば買い忘れる心配もなし?

値段は付録が付いて、1480円(税込)。発売は11月29日(木)です!! ぜひともお買い求めください!!!!

その他バックナンバーなどはコチラからどうぞ。

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

【プロカメラマン】が大量画像で記録!「銀に輝く前後ハブ!腐ったKLXが簡易塗装で……」 【メグロ戦後ヒストリア】大ヒット250「ジュニア」や高性能車「スタミナ」「セニア」を送り出すも、なぜ60年代カワサキ傘下となってしまったのか? 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】11rpm:VITPILEN 701は長距離移動もラクラクか? 信州1泊2日ロングツーリング:1日目
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP