トピックス

3月15日「今日は何の日、SUZUKIの日」101回目の創立記念日

3月15日はスズキの創立記念日

3月15日はスズキの創立記念日です。2022年にNHK朝ドラのヒロインを務める黒島結菜さんや、元ももいろクローバーZの有安杏果さんの誕生日だけではありません。スズキという会社の誕生日でもあるんです(ごめんなさい、アイドルとバイクが好きなのです)。

1920年(大正9年)3月15日に鈴木道雄さんが「鈴木式織機株式会社」を創立したことから現在のスズキの歴史は始まっています。
初めは織物機械の製造から始まり、その後1953年に36ccの2サイクルエンジンを自転車に装着した「パワーフリー号」により2輪製造へと進出。その翌年(1954年)に「鈴木自動車工業株式会社」へと社名を変更しています。自動車の発売前に社名変更ですから、当時の会社の意気込みや勢いを感じます。

スズキの博物館「スズキ歴史館」に収蔵されている「パワーフリー号」。左の銅像は二輪事業に着手した二代目社長の鈴木俊三さん。

1955年には軽四輪規格の車両「スズライト」を発売し自動車製造の道へと踏み出しています。奇しくもスズライトのエンジンは2サイクル360cc、クルマの第1号車はパワーフリー号の排気量の10倍でした。その後数々のクルマ、バイクのヒットモデルを生み出し、船や除雪機なども作る総合メーカーへと成長。1990年には「スズキ株式会社」と再び社名を改めています。

2020年は区切りの年、100周年ということでMotoGPマシンが特別色で走ったり、新聞各紙に一面広告を出すなど、かなりにぎやかでした。
そうした昨年作られたウェブサイトや動画、歴史的な名車などをスズキの創立記念日に振り返ってみたいと思います。

まずは昨年(2020年)の3月15日に公開された100周年記念サイト。

https://www.suzuki.co.jp/100th/

スズキの100年の歩みがとてもわかりやすくまとめられています。特に車両系統のPDFはスズキファンならダウンロードしておくことをオススメします。

101年の歴史で輝く1台「スズキ アルト」(1979年)

スズキ アルト(1979年発売時価格47万円・本体価格)。エンジンは2サイクルの539cc水冷3気筒。

初代ガンダムが放映された1979年、スズキは初代アルトを発売しました。
今年(2021年)2月に会長退任を発表した鈴木 修さんが、当時社長就任後に陣頭指揮をとって製品化しました。他社が60万円以上で売っていた軽自動車をスズキは徹底したコスト管理で低価格化を実現。
「アルト47万円」というキャッチコピーで大量宣伝も展開し、発売直後から計画台数の4倍を受注する大ヒットモデルとなりました。

101年の歴史で輝く1台「スズキ RG250Γ(ガンマ)」(1983年)

スズキ RG250Γ(1983年発売時価格46万円)。エンジンは2サイクルの247cc水冷2気筒。

バイクブーム真っ只中に登場したRG250Γ(ガンマ)。
当時の250cc馬力規制値上限・45馬力という強力な水冷エンジンと職人が手作りしていた市販量産車初のアルミフレームを組み合わせ、乾燥重量131kgと軽量に仕上げられた1台です。
1年で3万台以上を売り上げ、このモデル登場後2サイクル250スポーツというジャンルは大変な盛り上がりを見せていきました。発売当時の媒体向け試乗会で、お昼の弁当がスズキの他車に比較してとても豪華だったことから、とある二輪ジャーナリストさんはこのモデルに対するスズキの力の入れ具合を感じ取ったという話を聞いたことがあります。

スズキ100周年記念動画はまだ視聴可能!

「SUZUKI GLOBAL」というYouTubeの海外公式チャンネルには100周年を記念したレースドキュメンタリーが多数アップされています。しかも日本語字幕版です。
エピソード1はダイヤモンドフリー号が第1回富士登山レースで優勝したところから、マン島TTに挑戦、その後ワークス活動を一時休止するところまでがまとめられています。残念ながら2019年7月3日に逝去された、マン島TTにおいて唯一の日本人ウィナー・伊藤光夫さんのインタビュー画像も含まれています。

エピソード2はモトクロス世界選手権に1965年から挑戦をはじめましたが、当初は全く歯が立たず、挫折を味わったところから、メーカータイトル10連覇を達成するまでを当時の記録映像やメカニック、ライダーのインタビューで構成しています。1978年に125ccクラスでライダータイトルを獲得した渡辺 明さんももちろん登場します。

エピソード3は1973年から1983年までのWGP(ロードレース世界選手権)の500ccクラスにおけるスクエア4エンジンの戦いの記録。バリー・シーンの男前っぷりは今映像で見てもしびれますね。
パドックの映像など、当時のグランプリの雰囲気が伝わるのもいいですね。

エピソード4はランディ・マモラが駆った1981年型RGΓ XR35のレストア映像です。攻めたセッティングで棚落ちしたピストンなど、機械好きにはとても興味深い映像が見られます。

スズキ100周年であり、世界GP参戦60周年だった2020年

スズキ100周年、GP参戦60周年の2020年に、MotoGPでスズキはチャンピオンを獲得。

2020年はスズキ誕生100周年だったのはもちろんですが、GP挑戦60周年でもありました。
同シーズンのマシンカラー「青に銀色のライン」は、1960年・125ccクラスに挑戦したRT60譲り。その記念すべき年に、チームスズキエクスターのジョアン・ミル選手が見事チャンピオンを獲得。「誰かシナリオ書いてました?」というくらい完璧なシーズンでした。

2020年4月に発売された100周年記念カラーのGSX-R1000R(生産は既に終了)。

GSX-R1000R、GSX-R125にチームスズキエクスターGSX-RRレプリカとも言える、カラー名「ソラリスシルバー×トリトンブルーメタリック」の100周年記念カラーが昨年(2020年)用意されました。この限定カラーGSX-R1000Rはまだ新車も残っているようです。こういう特別カラーって後になってとても自慢できますよね。

101年の歴史の間には可愛いPRキャラクターも

こちらはモーサイ編集部員がスズキのお膝元・浜松市にある同社の博物館「スズキ歴史館」で撮影してきた、「CCI坊や」というキャラクターの看板。
CCIは「Cylinder Crankshaft Injection」(シリンダー・クランクシャフト・インジェクション)の略で、分離給油を意味しているのですが、70年代くらいまでスズキのバイクは2サイクルエンジンが主力だったんです。
それまでの2サイクルは燃料と潤滑油を混ぜたものを給油しなくていけなくて、ガソリン補給のたびにオイルを混ぜたり、(ガソリンスタンドで「混合ガソリン」も販売されていましたが混合比が固定されていて元気に走る人には不評でした)、手が汚れたりと少し不便でした。

そこでGPレースで培った潤滑技術を市販車へ応用。初めは「セルミックス」、その後、「CCI」という名称になりました。
オイルタンクに潤滑油を入れておけば、何百キロ走行ごとに1回のオイル補給で済むようになったというのは当時、本当に画期的なことだったんです。
この機構の初搭載は1965年発売の250cc空冷スポーツ車・T20で、その後はビジネスバイクにも使われ、スズキの2サイクル車全般に広がっていったのです。CCI坊やは今で言う販売促進のための「ゆるキャラ」です。

ちなみにこのCCI坊や、当時は人形やステッカーなど販促グッズが色々と作られましたが、オークションなどに出てくるとすごい値が付いています……。

レポート●飯田康博 写真●スズキ/上野茂岐 編集●上野茂岐

CONTACT

スズキ100周年記念サイト

https://www.suzuki.co.jp/100th/

おすすめ記事

【編集部さとうのVITPILEN 701日記】07.rpm:メカニックさんに聞く「メンテナンス性ってどうなの?」 最新ジャケットが当たっちゃう!? クシタニ×モーサイWEB モニターキャンペーン第1弾を開催!! 【NEW MODEL】ホンダ・X-ADVがカラーリング変更& ETC2.0を装備して発売!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. トリシティ ヤマハ
PAGE TOP