トピックス

全年式・全カラー掲載のポスター付き!「NSR250R その 進化と軌跡」好評発売中!!

まえがきにかえて(開発エンジニアの記録より)

 NSR250Rがデビューした翌年の1987年、ついにホンダは市販2ストロークロードスポーツカテゴリーで初めてヤマハを抜いた。NSRの販売台数がTZRを超えたのだ。4ストロークのホンダが、2ストロークのヤマハを、2ストロークで抜いたのだ。また、筑波のSPレースでも、デビューシーズンでありながら、TZRを抑えてチャンピオンになった。

 そして、HRCでもGP500でワイン・ガードナーが、GP250でアントン・マンクが、全日本250では清水雅弘が“NSR”でチャンピオンになっている。つまり、この87年はレースと市販車の全ての“NSR”がNo.1を獲得してしまったのだ。81年に打ち出した「ホンダ2ストロークNo.1」という企業戦略は、6年目にしてやっと達成できたのである。

 この完成されたNSR250Rが、なぜ毎年フルモデルチェンジをすることになったのか? HRCファクトリーのNSR250は85年のデビュー以来、数々の輝かしい戦歴を残してきたが、マシンはどんどん変化していた。新しい技術がどんどん生まれ、実戦で試され、戦闘力アップが施されたのである。それは毎年というものではなく、毎レースのように進化し続けたのだ。

 では、量産車のNSR250Rはどうすればいいのか? それは「HRCの進化に置いていかれないよう、HRCから出てくる技術を毎年惜しみなく取り入れる」となる。そうしないと、気がついたときには本物と違うものになってしまう。そしてもうひとつ、NSR250Rを進化させなければならなかった理由がある。それはスポーツプロダクションレース(SPレース)の存在だった。SPレースは入門者のレースで、限りなくノーマルに近い市販車をベースにしたマシンで行われる。つまり、バイクを作る側から言うと、量産車のポテンシャルを競うレースということになるのだ。NSR250Rの使命は、販売台数でライバルに勝つだけではなく、SPレースでライバルをやっつけるということだった。「HRCの技術を毎年惜しみなく取り入れること」がなければ、SPレースで勝ち続けることはできなかったのだ。これがデビュー以来8年間、NSR250Rが毎年モデルチェンジをすることになった理由なのだ。

CONTENTS

まえがきにかえて
革命前夜
マシンギャラリー
MC16&MC18モデル概要
インタビュー
 86-88モデル LPL   池ノ谷保男さん
 86-88モデル エンジンPL   山本 均さん
MC21&MC28モデル概要
インタビュー
 86-88モデル 車体PL、89-94モデルLPL   青木柾憲さん
 89-91モデル エンジンPL   後藤田祐輔さん
 92-94モデル エンジンPL   中道勝弘さん
家族から見たNSR250Rへのあくなき執念
NSR250R技術総覧
 全モデル諸元表
 レシプロ系
 RCバルブ
 吸気系
 PGM
 クラッチ
 フレーム
 サスペンション
NSR250Rの軌跡
モーターサイクリスト誌・インプレッション記事再録
NSR250Rに関わるトリビア
NSR250Rと私と
 元朝霞研究所 エンジニア   小澤源男さん
 元Jhaレーシング メカニック   高久正照さん
 元SSフクシマ メカニック   池戸一徳さん
 NSR250RがSPレースを圧倒した時代
NSR250R全カラーバリエーションアルバム

NSR250Rのオールラインアップポスターが付録

NSR250Rのラインアップを網羅したA1判のポスターが付録。
NSR250Rフリークならばぜひ入手したいアイテムだ。


通販サイトで好評発売中!!

おすすめ記事

「幻の赤カタナ」が大阪梅田駅に現る! 10月10日(土)〜11日(日)の2日間、スズキ「カタナ」の特別色を展示 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第18話:カラダが自慢!! ホーネット君【隔週連載】 ミツバサンコーワのドラレコに延長ケーブル同梱モデルが登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
  1. VT250
PAGE TOP