トピックス

陽気なイタリアのバイクミーティング!

■小さなバイクの陽気なミーティングを発見!

弊社の自転車雑誌「サイクルスポーツ」の取材でイタリアへ出張していた特派員より「なんか面白いバイクがいっぱいいた!」との連絡が。なんでもイタリアのバッサーノという街で開催されていた、’60年代から70年代に製造された50ccバイクのミーティングだという。

主催していた「Motoclub Ponte di Bassano」の陽気なメンバーが撮影を許可してくれたそうなので、そのうちの数台をご紹介しよう!


■MOTO BIMM

 

1960年代から80年代にかけて、50㏄から125㏄までの車両を生産していたというモトビーム社製のバイク。1971年にはフランコ・ラヴァグリのライドにより、イタリア選手権50㏄クラスで優勝する快挙を成し遂げた。

車両の名称までは不明だが、スリムな車体とロングタンクが何ともいえない雰囲気を醸し出しています。

 


■DUCATIスクランブラー

ドゥカティの50㏄と言えば原動機付自転車のクッチョロが有名だが、こちらは1968年に発売されたドゥカティスクランブラー。

現在のスクランブラーにも通ずるデザインですね。

 


■……自転車じゃないんですか?

これはかなり珍しい! Wilier(ウィリエール)の原動機付自転車。

ウィリエールといえば、イタリアの自転車メーカーとして有名ですが、一時期だけモーターサイクルを生産していた時期があったそうです。


世界中でこんなイベントがたくさん行われているんでしょうね。

また機会があったら紹介したいものです。

関連記事

  1. 【NEWS】6月に開催されるトライアル世界選手権の冠スポンサーが…
  2. 大人気アニメゆるキャン△の、「リンちゃんのサイドバッグ」がついに…
  3. 【NEW MODELS】SUZUKI GSX-R1000R AB…
  4. 【EVENT】ハーレーダビッドソンの日本No.1カスタムビルダー…
  5. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜CB…
  6. 前後16インチホイールを装備するプジョー ツイートが日本上陸
  7. 【NEWS】ゴールドウイングが540台の受注を獲得 発売前日には…
  8. 【新刊情報】MCクラシック07号9月29日発売!!

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEWS】ホンダコレクションホールが 開館20周年イベントを開催 ファンでなくても知っておきたい!? スーパーカブ雑学辞典:後編 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】08.rpm:銀から白へ! 純正オプションでVITPILENの雰囲気がガラッと変わる!? アメリカンだけのバイク番組がU-NEXTとBSスカパー!で放送決定 ホンダのバイクのふるさと、熊本製作所でファンイベントを実施 【NEW MODEL】KTM 790DUKE 北海道まで陸路で移動!! 実走2800kmの旅 痛車1,000台を楽しむ春のお祭り「お台場痛車天国2019」が開催! ファンティック キャバレロ スクランブラー用カスタムパーツを発売 使わなくなったジャケットを下取り3000円!? クシタニウェアに買い換えるなら今!
クシタニジャケットモニタープレゼント
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP