トピックス

陽気なイタリアのバイクミーティング!

■小さなバイクの陽気なミーティングを発見!

弊社の自転車雑誌「サイクルスポーツ」の取材でイタリアへ出張していた特派員より「なんか面白いバイクがいっぱいいた!」との連絡が。なんでもイタリアのバッサーノという街で開催されていた、’60年代から70年代に製造された50ccバイクのミーティングだという。

主催していた「Motoclub Ponte di Bassano」の陽気なメンバーが撮影を許可してくれたそうなので、そのうちの数台をご紹介しよう!


■MOTO BIMM

 

1960年代から80年代にかけて、50㏄から125㏄までの車両を生産していたというモトビーム社製のバイク。1971年にはフランコ・ラヴァグリのライドにより、イタリア選手権50㏄クラスで優勝する快挙を成し遂げた。

車両の名称までは不明だが、スリムな車体とロングタンクが何ともいえない雰囲気を醸し出しています。

 


■DUCATIスクランブラー

ドゥカティの50㏄と言えば原動機付自転車のクッチョロが有名だが、こちらは1968年に発売されたドゥカティスクランブラー。

現在のスクランブラーにも通ずるデザインですね。

 


■……自転車じゃないんですか?

これはかなり珍しい! Wilier(ウィリエール)の原動機付自転車。

ウィリエールといえば、イタリアの自転車メーカーとして有名ですが、一時期だけモーターサイクルを生産していた時期があったそうです。


世界中でこんなイベントがたくさん行われているんでしょうね。

また機会があったら紹介したいものです。

おすすめ記事

約50点の純正カスタマイズパーツをスタンバイ ホンダ CT125ハンターカブは納車日にフルカスタムも可能!? 2020年1月のMOTORISEは芥川賞作家と新潟をツーリング! 最新油冷の250ccモデル ジクサーSF 250/ジクサー250が東京モーターショーで日本初公開!!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. CBR1000RR-R 2022 ファイアブレード 30周年
PAGE TOP