トピックス

2020年3月22日、首都高速&第三京浜と東名高速をつなぐ横浜北西線が開通

首都高速道路は、第三京浜と首都高速横浜北線の接続点である港北JCT/ICと周囲の一般道と、東名高速・横浜青葉ICおよび国道246号をつなぐ首都高速・横浜北西線を3月22日16時に開通すると発表した。

第三京浜と首都高速横浜北線の接続点「港北JCT/IC」と東名高速「横浜青葉IC」がつながる

横浜青葉JCT全景

横浜港北JCT全景

同線は、神奈川県横浜市の都筑区と青葉区をつなぐ、総距離7.1kmのうち4.1kmがトンネルとなる自動車専用道路。東名・横浜町田ICと、国道1号のパイパスである横浜新道/横須賀市方面に伸びる横浜横須賀道路/首都高速狩場線といった横浜市内を走る主要道路をつなぐため渋滞が多い保土ヶ谷バイパスを補完する道路となる。

本線高架部

横浜北西トンネル

横浜青葉JCT、横浜港北JCTともに双方向に行き来可能。東名〜首都高、首都高〜第三京浜はいずれも料金所を通過する必要はあるが、横浜北西線〜横浜北線は道路が直結しているため分岐はなく、料金所も設置されていない。また、両JCTともに一般道からの流入や流出も可能だ。

試算では、首都高速湾岸線の大黒JCT〜東名高速は、保土ヶ谷バイパス経由の40〜60分から約20分に短縮するという

同線が開通すると前述の保土ヶ谷バイパスの渋滞の改善だけでなく、周辺道路の渋滞や交通環境の改善も期待できる。さらに、横浜港や羽田空港と横浜青葉IC間の物流がスムーズになり、災害時の道路ネットワークの信頼性も向上する。

湾岸地区の物流施設や、横浜港、羽田空港へのアクセス性が大幅に向上する

開通後は、保土ヶ谷バイパスだけでなく、周辺の一般道の渋滞解消も期待できる

災害で一部の道路が通行止めとなっても、支援物資の輸送ルートが確保され、災害拠点病院へのアクセスも可能になる

ライダー目線で言えば、東名高速を使って首都圏に向かう場合、赤レンガ倉庫や横浜中華街、山下公園や横浜ベイブリッジなど観光スポットの多い横浜市港湾部へのアクセス性が大幅に高まるのはうれしいところ。また、最終的に千葉県方面まで向かうライダーは東京湾アクアラインへのアクセス路が増えるため、より快適に走ることができるはず。疲労の軽減や事故の防止という意味でも、横浜北西線の開通は大きなメリットになるはずだ。

まとめ●モーサイ編集部 写真提供:首都高速道路株式会社

CONTACT

問い合わせ先首都高速道路 神奈川建設局
電話番号TEL:070-2153-1759
URLhttps://www.shutoko.jp

おすすめ記事

ゆるキャン△ファンよ、これがキャンプの『現実』だ! バイクキャンパーが撮影した星空写真がめちゃ素敵な件 【CLOSE UP!】SW-MOTECH レジェンドギアシリーズ デグナーがヘルメットを脱いだ後にぴったりな本革製キャップ3種を発売
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP