ニューモデル

日本仕様スズキ ジクサー250シリーズの発売が決定「コスパ最強250ccバイク現る」

ジクサー250 ジクサーSF250

東京モーターショー2019に出展され、「油冷エンジン復活」が二輪ファンの間で話題になったスズキ ジクサー250の国内販売が決定した。発売日はネイキッドモデルのジクサー250が6月17日、フルカウリング装着のジクサーSF250がひと足早い4月24日発売だ。いずれも日本国内仕様として、フロント周りの造作を変更し、新たにダンロップ製ラジアルタイヤを装着している。そして、まず注目すべきはその価格である。

ジクサー250 ジクサーSF250

フルカウル版のジクサーSF250でも48万円!

表をご覧いただけば一目瞭然、2モデルとも税込みで40万円代と250ccロードモデルの最安値を更新しているのである。
このクラスでこれまで最も安かった同じくスズキのGSX250Rより、フルカウルのジクサーSF250が5万円以上、ネイキッドのジクサー250で約9万円も安いのである。他社と比べても、同じ単気筒エンジンを搭載するホンダCB250Rより約12万円安い。要は50万円を切る250ccという、スズキ得意の価格革命である(数値的には125〜150ccモデルの価格帯に入る)。

ジクサー250シリーズはインドで生産されるが、内容的にも“安かろう悪かろう”というような海外生産車に対する大昔のイメージは無い。低価格の基本的な理由は、「コストのこなれた普遍的な材料と構造を用いて作り上げたスタンダードバイクだから」だろう。
あえて2気筒やDOHCといったハイメカを採用せずに、リーズナブルに仕上げられているわけだが、最高出力はホンダCB250Rとほぼ同等の26馬力。車重はジクサー250で154kg、ジクサーSFで158kgと、他の2気筒モデルに比べると8〜10kg軽い。
(クラス最軽量のCB250Rより10kg重いが、その分価格が12万円安いと考えれば十分に納得がいくだろう)

ジクサー250

スズキ ジクサー250(マットプラチナシルバーメタリックNo.2×マットブラックメタリックNo.2)

ジクサー250

スズキ ジクサー250(マットプラチナシルバーメタリックNo.2×マットブラックメタリックNo.2)

ジクサー250

スズキ ジクサー250(マットプラチナシルバーメタリックNo.2×マットブラックメタリックNo.2)

ジクサー250

スズキ ジクサー250(マットプラチナシルバーメタリックNo.2×マットブラックメタリックNo.2)

ジクサー250

ジクサー250:ヘッドライトはLED(写真はハイビーム時)

ジクサー250

ジクサー250:テールライト&ブレーキランプもLED

ジクサー250

ジクサー250:上部にバーグラフ式回転計、中央にデジタル式速度計、右に燃料計、左にギヤポジションインジケーターを表示する液晶メーターパネル

ジクサー250

ジクサー250:フロントブレーキは300mmのディスクローターに、インドに拠点を構えるブレンボのグループブランドBYBRE(by bremboがブランド名のルーツ)製キャリパーを組み合わせる。ABSを標準装備

ジクサー250

ジクサー250:リヤブレーキもキャリパーはBYBRE製で、後輪にもABSは装備される。標準装着タイヤは前後ともダンロップのラジアルタイヤ、スポーツマックスGPR300

ジクサー250

ジクサー250:マフラーはショートタイプで、排気口は上下2つに分かれている

ジクサー250

ジクサー250:シートは前後分割式。しっかりとした形状のグラブバーが設けられている

ジクサー250

ジクサー250:リヤシートがキーで開けられる。収納スペースとしては、書類が入る程度

ジクサー250

ジクサー250のカラーバリエーションは、マットプラチナシルバーメタリックNo.2×マットブラックメタリックNo.2(銀×黒)、マットブラックメタリックNo.2(黒)の2色を設定

同じくインド生産で2017年に国内導入され好評を博しているジクサー150のことを考えると、ジクサー250シリーズも性能とコストがバランスしたお買い得なパッケージであることは間違いないだろう。
高価な材料や技術を使い、250ccでありながら4気筒エンジンを搭載するカワサキZX-25Rのようなハイスペックモデルに魅力を感じるユーザーもいれば、普遍的な内容で求めやすい得やすい価格に 「こういうので良いんだよ」と魅力を感じるユーザーもいる。実用性や経済性を重視するなら、このジクサー250シリーズは間違いなくクラスNo.1モデルになるはずだ。また、若年層やビギナーのエントリーモデルとしても、この価格は非常にありがたいはずだ。

ジクサーSF250

ジクサーSF250(マットプラチナシルバーメタリックNo.2)

ジクサーSF250

ジクサーSF250(マットプラチナシルバーメタリックNo.2)

ジクサーSF250

ジクサーSF250(マットプラチナシルバーメタリックNo.2)

ジクサーSF250

ジクサーSF250(マットプラチナシルバーメタリックNo.2)

ジクサーSF250

ジクサーSF250:ハンドルはセパレートタイプ。メーターはジクサー250と同じ液晶モニターを採用

ジクサーSF250

ジクサーSF250:スーパースポーツGSX-Rシリーズに通じるデザインにまとめられているフロントカウル。スクリーンは薄いブルーに色付けされている

ジクサーSF250

ジクサーSF250:カウル下部にはエンジンに効率よく導風するためだろうか、多数のフィンが設けられている

ジクサーSF250

ジクサーSF250:ヘッドライト、テールライト&ブレーキランプはLED(写真はハイビーム時)

ジクサーSF250

ジクサーSF250(トリトンブルーメタリック)

ジクサーSF250

ジクサーSF250(トリトンブルーメタリック)

ジクサーSF250

ジクサーSF250のカラーバリエーションはマットプラチナシルバーメタリックNo.2、マットブラックメタリックNo.2、トリトンブルーメタリックの3色

ジクサー250に採用された、新たな「油冷エンジン」とは?

さて、動力性能面はどうなのだろう。エンジンのボアストロークは76.0mm×54.9mmというショートストローク型で、最高出力発生回転数は9,000rpmだから、かなり元気に回るエンジンだと思われる。とはいえ、このエンジンの大きな特徴的は新設計の「油冷エンジン」であることだ。油冷自体はスズキの伝統的フィーチャーだが、このジクサー250シリーズのエンジンでは従来の冷却システムとは異なる考え方の「油冷」を採用している。

ジクサー250 エンジン 油冷

ジクサー250/ジクサーSF250のエンジン。従来の油冷エンジンのようにフィンははく、水冷エンジンのような外観だ

ジクサー250 エンジン 油冷

新型油冷システムのオイル循環系統図。水冷エンジンのウォータージャケットのようにオイルを循環する経路を設け、エンジンを冷却する仕組み

ジクサー250 エンジン 油冷

ジクサー250のエンジン。「1200ml」のオイル容量の打刻がされている

ジクサー250 エンジン 油冷

ジクサー250のオイルクーラー。エンジン左側前方に設置されている。フルカウルのジクサーSF250にも当然装備されているが、カウルに覆われて外観からは見えない

この新しい油冷機構はSOCS(Suzuki Oil Cooling System)と呼ばれ、従来のSACS(Suzuki Advanced Cooling System)から、オイルを前面に訴求するネーミングとなった。
具体的なの違いはと言うと、SACSがシリンダーヘッド部へのオイル噴射を主に用いていた事に対して、SOCSは水冷エンジンのように燃焼室周りにオイルの循環するジャケットを設けて、より積極的にオイル冷却をする事にある。車体左側に装着されたオイルクーラーには、ラジエターと同様に冷却ファンが設けられている。この新たな油冷システム=SOCSの採用によって考えられるメリットは以下の通り。

1.エンジン重量低減:水冷同様にエンジンに冷却フィンがなく、使用量にもよるがオイルは冷却水よりも比重が軽い。また、内径や材質次第だが、ラジエターホースよりオイルラインの方が基本的には軽い。ちなみにエンジンには1200mlのエンジンオイル打刻があったが、発表されているエンジンオイル総容量は1800mlである。

2.騒音低減:シリンダーはオイルジャケットのある二重構造だから、メカノイズや燃焼騒音が抑制できる。

3.エンジン燃焼温度の安定:水に比べて油の比熱はおおよそ1/2だから、油は温まりやすく冷めにくい。このため、エンジンの温度が運転早期に安定する。これは高効率化に重要な要素で、燃焼温度の最適化・安定化は排出ガス規制をクリアするためには必須である。

このように、価格もエンジンも極めてスズキらしいと思えるジクサー250シリーズ、その走りの内容がどのようなものか期待が高まるばかりである。

ジクサー250

ジクサー250:上半身が起きたリラックスしたライディングポジションが自然ととれる。ヒザまわりの窮屈感もない

ジクサー250

ジクサー250:シート高は800mmと数値的には高め。身長170cmのライダーで両かかとが浮くが、車体が軽く、横幅もないので不安感は少ない

ジクサー250

ジクサーSF250:ハンドル位置が低くなる分やや前傾したライディングポジションとなる。シートの前後方向の余裕もあるので、体格が大きい人でも窮屈感は無いのではないだろうか

ジクサー250

ジクサーSF250:シート高はジクサー250同様800mmで、身長170cmのライダーで両かかとが浮く

スズキ ジクサー250/ジクサーSF250主要諸元 [ ]内がジクサーSF250

【エンジン・性能】
種類:油冷4ストローク単気筒
OHC4バルブ ボア×ストローク:76.0mm×54.9mm 圧縮比:10.7 総排気量:249cc 最高出力:19kW<26ps/9000rpm 最大トルク:22Nm<2.2kgm/7300rpm 燃料タンク容量:12L 変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:
2010 全幅:805[740] 全高:1035 ホイールベース:1345 シート高:800(各mm) 車両重量:154kg[158kg] タイヤサイズ:F110/70R17 R150/60R17

問い合わせ●スズキ
TEL0120-402-253(お客様相談室)
http://www1.suzuki.co.jp/motor/

レポート●関谷守正 写真●岡 拓 編集●上野茂岐

おすすめ記事

激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史③ じつは微妙に違うんです! 楽器とバイク、ヤマハ音叉マークの秘密 Route419 人気絶版車をレンタルバイクで楽しむ! カワサキ ゼファーχとホンダ VF750セイバーでツーリングしてみた KUSHITANI 機能と気品を兼ね備えた高機動レザージャケット モンキー125の積載能力をアップするリヤキャリヤが登場 【NEW ITEMS】FIVE WFX2 WP 新色Black Fluo Yellow追加
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP