トピックス

世界ではカブに匹敵する大人気実用車、ホンダCG125を知っていますか?

日本ではほとんどなじみがないが、ホンダCG125は東南アジアをはじめとする過酷な条件下で使用される国向けに、タフでメンテナンスも容易な新型OHVエンジンを採用して1974年末に登場したモデルだ。

CG125は当初日本生産だったが、徐々に現地生産・現地販売へ

当初は鈴鹿製作所、後に熊本製作所で生産が行われ各国に輸出されたほか(日本で生産されていたが国内正規販売はされなかった)、1976年にはブラジルの企業との合弁会社による現地工場で生産を開始。
日本での生産は1990年代後半で終了したが、ブラジル製は独自の進化を遂げて2018年末で生産終了となるまで、42年間で700万台を販売するロングセラー大人気車となった。
また、韓国、タイ、インドでも生産されたほか、現在はパキスタンなどでも生産されており、実はスーパーカブと同等か、あるいはそれ以上に世界を席巻したモデルなのだ。

70年末代に登場したホンダCG125。最初期は丸型ヘッドライトで、タンクもやや丸みを帯びた形だった

CG125は中国へも輸出されていたが、1992年に中国の広州汽車集団有限公司と日本のホンダとの合弁会社として設立された「五羊-本田」による生産が行われ、これまでに1500万台以上を生産、販売している(中国においても非常に良く売れ、コピー車も多く出回る事態となった)。
同じく中国のホンダと現地企業の合弁会社である「新大洲本田」でもCG125は生産が行われてきた。「新大洲本田」と「五羊-本田」とはエンジンや車体の構造などは共通したモデルが多いが、ライバル意識はかなり強く、似たモデルはあってもまったく同じモデルは存在しない。最近まであった新大洲本田製CG125は、外観は五羊本田製CG125とほとんど同じながら、独自の進化を遂げバランサー付きOHCエンジンを採用していた。

2000年代のブラジル生産モデル。スポーツネイキッドのようなデザインとなり、フロントブレーキはディスクとなっている。このブラジル生産車はヨーロッパにも輸出された

最新の中国生産版CG125はインジェクションを採用

中国においても環境規制が厳しくなっていくなか、基本設計が70年代の空冷エンジンを搭載するCG125はさすがに生産終了となるのか……と思いきや、環境規制の基準で世界的なスタンダードになっているヨーロッパの「ユーロ4」に対応させたCG125を五羊-本田は作ってしまった。

2019年モデルの中国・五羊-本田製CG125。エンジンはキャブレターからFIになっている

OHVエンジンの燃料供給はキャブレターからFIに変更! 従来型モデルが9.8馬力だったのに対して、最新型は10馬力と最高出力も若干向上している。
また、エンジンの塗装が銀から黒に変わり、リヤキャリヤの造形が変わってよりゴツくなるなど、かなりの相違が見られる。始動方式もキックスターターが廃止されてセルのみとなったが、FI車には珍しく燃料コックを装備。
燃料タンク容量は9ℓから8.6ℓに変わるなど装備面も改修が行われているが、CG125は最初のモデルから、燃料タンク部分も荷物や人の積載を考慮してフラットな形状にしたほどの実用車。その精神はしっかりと継承されている。

レポート●高野栄一 編集●上野茂岐

おすすめ記事

KTMジャパンが10月からの新価格を発表 【ワインディングニッポン】ビーナスライン(長野県) ハスクバーナがこれからバイクを手に入れる人に向けた「金利0%キャンペーン」を実施 【NEW MODEL】YAMAHA BOLT ABS 【NEWS】キャンペーンでマルチに使える万能バッグがついてくる!! アクティブ「SW-MOTECH」を買うなら今だ!! カタナのように研ぎ澄ました「スイフトスポーツ」がオートサロンに登場!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ストリートトリプルS トライアンフ
  1. ストリートトリプルS トライアンフ
PAGE TOP